きもの用語辞典 

 見つからないときは新語掲載希望を
  

  

    

 

  

 
・きいと [生糸]
マユから取ったままで、精練しない絹糸のこと。マユから取り出した細い糸を七~十本ほど合わせたものから、さらにそれを二~六本合わせたものまで、さまぎまな太さがある。いずれにしても糸のまわりのセリシン (膠質)を取り除く以前のものを「生糸」という。セリシンを取り除いた糸は「練り糸」である。
  
・きおりもの [生織物]
生糸を「精練」せず生のままで織ったものの総称で、「羽二重」「縮緬」「塩瀬」「綸子」などの白生地がこれで、多く織りあがった後、精錬、染色して使用する。
  
・きかいなっせん [機械捺染]
マシンプリント。その名のとおり機械による捺染法で、手工に対する語として使われる。ロール捺染、平板捺染などの種類がある。
   
・きかもんよう [幾何(学)模様]
方形、三角形、菱形などが精巧に入り組んで、構成される装飾文様のこと。一般には、幾何学の図形に似た文様を指し、直線を主としたところに、曲線をまじえた抽象的な線模様である。鱗、亀甲、麻の葉、市松なども、幾何模様の一種といえる。
   
・きかがくもんよう [幾何学文様]
文様名 →紋様のページへ
 </a />
・きがらちゃ [黄枯茶]
染色の名で、桃皮汁で染めた茶色。すなわち錆黄茶色をいう。
   
・きぎぬ [生絹]
すずしともいう。精錬されていない生のままの絹織物の総称。生織物に同じ。経糸、緯糸ともに普通の生糸を用いたもの。あるいは経糸に生糸、緯糸に玉糸(節のある絹糸)を用いたもの。経緯ともに玉糸を用いたものなどがある。
ごわごわし、突っ張った感触の布地。絵絹(日本画などの画布)のほか、きものでは趣味的な夏物として用いられる。オーガンジーとして洋服地にも用いる。
  
・ききょうもん [桔梗文]
文様名 →紋様のページへ
  
・きくもん [菊文] 
文様名 →紋様のページへ
   
・きくからくさもん [菊唐草文]
文様名 →紋様のページへ
  
・きくきりほうおうもん [菊桐鳳凰文]
文様名 →紋様のページへ
   
・きくきりもん [菊桐文]
文様名 →紋様のページへ
  
・きくすいもん [菊水文]
文様名 →紋様のページへ
   
・きくづくしもん [菊尽くし文]
文様名 →紋様のページへ
  
・ぎしゃ 紗]
正規の捩り織(もじりおり)の織り方で作らず「紗織」の感じだけを表したもの。盛夏着尺として使われるが、本来の紗織に比べて値段は安い。
   
・きじゃく 着尺
和服の長着に仕立てるための生地。標準丈は約11.4メートル、幅約36センチ。白生地に織り出した後に染める先着尺と、染めた糸を使って柄を織り出す織着尺とがある。初着尺=友禅・小紋・更紗・紅型など。織着尺=御召・紬・銘仙など。
   
・きしゅうネル紀州ネル
綿織物の一つ紀州(和歌山県)に産する綾織、明治初期に、紀州の瀬戸重助が作り始めたところからいう。
または平織の綿ネル。明治の初期から織られた物で、色ネル、捺染ネル、英ネルなどがある。
   
・きじょかのばしょうふ [喜如嘉の芭蕉布]

織物の名称・沖縄県/国頭郡大宣味村
芭蕉布は、13世紀頃にはすでに作られていたと考えられますが、人々の間に広まったのは近世になってからのことです。家の庭や畑に芭蕉の木を植え、主婦や娘たちが自家用の布を織っていました。19世紀に入ると絹や綿が出回るようになりましたが、あいかわらず芭蕉布は人々に親しまれていました。この伝統を受けついでいる喜如嘉の芭蕉布は、昭和49年に国指定の重要無形文化財の総合指定を受けています。
糸芭蕉が繁茂していたため、奄美諸島から与那国島にかけては昔から芭蕉布がさかんに織られ、身分の上下なく晴着や普段着として着用されていた。
芭蕉布の起源は明らかではないが、一三七三年頃の明朝への入貢品目録の中に、芭蕉布のことと思われる「生熟夏布」の名があるので、十三、四世紀にはすでに織られていたものと考えられる。
芭蕉布は沖縄の代表的、かつ一般的な織物であった。慶長十四(一六〇九)年に薩摩藩が琉球に侵攻したのち、藩が琉球に対して課した貢租の中に「芭蕉布三千反」が含まれていたことからも、それがうかがえる。柄は当初、無地、縞、格子などが多かったが、明治二九年に仲原ナベが絣の芭蕉布を織りだしてから、絣柄が主流となった。
芭蕉布は沖縄の代表的な織物でありながらも、ほとんど県外に知られることなく生産され続けた織物である。明治時代には高機の導入や技術の向上により生産性が高まったが、需要はほぼ県内にとどまった。そして、第二次世界大戦後のアメリカ統治時代には、生産が途絶えさえした。
現在の芭蕉布は戦後、平良敏子さんにより復興されたものである。昭和三一年に結成された「喜如嘉芭蕉組合」は、さまざまな芭蕉布を発表、それにつれて芭蕉布は世に知られるようになり、昭和四九年には国の重用無形文化財に指定された。

   
・きせ 被せ
和服を仕立てる時、縫い込み部分を割らずに一方へ織る際、縫目より少し奥を折山とする。この縫い目と折山の間のわずかな部分のことをいう。着用した時、引張によって受ける力を減少させ、布地がいたむのを布施ぐ作用がある。
  
・きたけ 着丈
和服の長着類に用いる言葉で、身丈(仕立て上がりの寸法)に対して、着用した時の実際の丈のことをいう。着丈は普通身長に対する と概算する。着丈寸法は、肩山から裾までを計る。
  
・きだておめし [生経御召]
大正14年ごろまで桐生地方で盛んに産出された経に生糸、緯に強撚綿糸の交織物。別名を羽経御召(はだておめし)ともいう。
   
・きちょう [几帳]
調度品の一つ。中世において、貴婦人が座る側に立て、他と隔てるのに用いたことにはじまる。部屋を区切る道具。高さ90㎝~1m20cmの柱を台の上に2本立て、柱の上に長い横木を渡し、それにとばり(垂れ布)をかけたもの。とばりの幅は五幅とされ、冬は綾絹、夏は生絹や綾織が用いられた。
   
・きちょうもん [几帳文]
文様名 →紋様のページへ
  
・きつけ [着付け]
きものを身につけること。また、着付けられた状態を言う。平安中期以降、貴族の間で装束の仕立てが大きくなるにともない、自分で着られなくなり、着付けることが行われた。また、能や歌舞伎においても、特殊な舞台衣装を着るため、特別な着付けが行われてきた。
今日、着付けとは、下着から上着の着方、衿の出し方、帯の締め方まで、きもの姿を美しく整えるためのすべてを意味するとともに、その上手下手はきもの姿に影響する。
  
・きっこう [亀甲]
形状が亀の甲に似た幾何学的六角形模様。絣織、染柄などに用いられ、特に男物の絣に良くみられる。普通絣に比べて柄の絣を合せるのに手数を要するため、高価なものが多い。
  
・きっしょうもよう [吉祥文様]
文様名 →紋様のページへ
吉祥はおめでたいこと、よいしるしを意味する語で、瑞祥ともいう。松竹梅、鶴亀、宝船、宝尽くし、鳳凰等種類は多い。吉兆模様ともいう。
  
・きながし [着流し]
男性の、羽織・袴をつけない略式の着物姿。男性は羽織、袴を身に着ける事を正式とするため、この言葉あり。女性は早くから羽織をつけない、着物姿を正装としていたため、女性には着流しという言葉は使わない。
  
・きぬ [絹]
蚕の萌から取った織維、またその織物のこと。特徴は光沢があって染め上がりが美しく弾力のある点だ。衣服の素材として、これ以上のものはない。ところで蚕だが、これは「鱗麺目(りんしもく)カイコ蛾科カイコ蛾」の幼虫で、桑の菓を食べて成長する。前後四回の休眠(脱皮)を経て繭をつくり、サナギになるが、ここで熱気に当てて内のサナギを殺す。そのあと繭を熱湯で煮て、糸を取り出すわけである。
一本の糸は外径が八~二十五ミクロン(一ミクロンは千分の一ミリ)という細かいもので、一個の繭に二本ある。これを教本合わせて一本の糸にしていく。一個の繭から取れる糸の長さは、明治の頃には約五百メートルだったが、現在は千メートルから千五百メートルである。
   
・きぬ [衣]
衣服、身にまとうものの総称。今日では小袖も含めて、きもののことをいう。
   
・きぬあさじょうふ [絹麻上布]
80番手以上の細い上質の麻(苧麻)糸で織った麻織物で、絹のような光沢があり盛夏用長襦袢などに多く用いられる。これは織り上げた後に苛性ソーダ液に布を緊張させながら通過させ水洗い乾燥させるもので、触感もサラサラして感じが良い。滋賀県能登川地方で多く織られ「からむし上布」あるいは単に「絹麻」とも呼ぶ。
   
・きぬおりもの [絹織物]
絹糸を使った織物のこと。大別すると「後練り」のものと「先練り」 のものとに分けられる。後練りとは縮緬や羽二重のように生糸で織ってから精練するもの。先練りとは御召や紬のように生糸を精練、糸染めしてから製織するものである。
  
・きぬこうばい [絹紅梅]
夏着尺の一種。絹糸を用いた紅梅織(太さの違う糸を経緯に配して、表面に畝を浮き立たせる織り方)。一般に細い絹糸の間に経緯とも一定間隔で太い綿糸を織り込み、格子状の畝を表した生地。主に高級浴衣に用いられる。
   
・きぬしじら [絹縬]
縬練(しじらねり)ともいい、阿波縬と同種のものだが、経緯ともに練絹糸を使用している点が異なる。
   
・きぬじょうふ [絹上布]
絹織物の一種。薄地の夏着尺。経糸に生糸、または練り絹糸を用い、緯糸に練り絹糸を用いたもの。感触が麻の上布に似ていることから付けられた名称。透綾と同じ。
   
・きぬしんかべ [絹芯壁]
人絹「壁糸」の軸芯となる糸に生糸(普通、14デニール)を用いたもので、これに120デニールの人絹糸をからませたもの。
   

・きぬずれ [絹擦れ]

きものを着て体を動かしたときに、布地などがすれ合って、発する音のこと。絹鳴りともいう。
   
・きぬた [砧]
砧とは杵敲(きねたたき)または衣板の略で、織目固く粗織した織物を打ち和らげたり地合いを密にするために用いる道具。
   
・きぬたしあげ [砧仕上げ]

織物仕上げ法の一つ。織り上げた綿織物。麻織物、絹織物を巻いたりたたんだりして、木の台の上に置き、木槌でたたくことによって布面を平らにし、地合を密にすること。織物に光沢を与え、柔軟にするために古来から行われてきた仕上げ方で、宮古上布や久米島紬などにみられる。

   
・きぬなり [絹鳴り]
絹組織の発する衣擦れの音。精錬した絹糸や絹織物を握ったり、摩擦したりすると、絹独特の一種の音が出る。
博多帯地は、締めたり解いたりするときに絹鳴りの音を発し、情緒あるものとして知られている。
   
・きばた [生機]
織り上げたままで、精錬、仕上げなどを施さない織物をいう。主として絹、人絹織物の場合に用いる語である。
   
・きはちじょう [黄八丈]
織物の名称。本場黄八丈の項参照。
  
・きびら [生平]
漂白しない麻糸で織った織物をいう。昔はこれに漆で紋を書いて武士の羽織としたが、現在では漂白または染色して夏季の襦袢や着尺にまれに用いられる程度で、多く祭礼の衣装などに需要がある。手紡糸を用いたものを「本製生平」、紡績糸を使用したものを「半洋」あるいは「丸洋生平」という。張りがあるので夏の男物や染帯などに用いられることもある。
   
・ぎふうつう風通]
経と緯とに色違いを使い、風通組織としない紋綾織、外見は風通のような文様となる。
 
・ぎふちりめん岐阜縮緬
岐阜市周辺で織り出される縮緬。1722年(享保7)に、京都から技法が伝えられ、さらに1771年(明和8)には、紋縮緬の技法が伝えられた。丹後(たんご)・長浜と並んで、縮緬の産地で、大垣藩の保護と奨励によって生産された。京都に送られ友禅染に加工されるが、その需要によって生産が左右されるのは、いずれの生産地も同様である。とくに玉糸による無地縮緬、紋縮緬が知られているが、現在は人絹縮緬の生産に移行している。
  
・きぶつもん [器物文]
文様名 →紋様のページへ
   
・ぎまかこう麻加工]

綿布に麻のような外観と手触りを与えて代用とするもの。リンネット仕上げともいう。和装では綿のマンガン染め絣にこの加工を施して「麻上布」の擬いとする。

   
・きめ [生目]
精錬しない前の「生織物」の重量をいう。使用糸の重量にほぼ等しい。(これに対し精錬後の重量を「練目=ねりめ」という)。「羽二重」や「裏絹地」の貫八、貫五等はこれで、一疋150匁、180匁の意味である。
  
・きめがえし [生目返]

絹の増量法の一つ。生糸を「精練すると15~25%重さが減る。これを染色・糊付けなどによって増量し、元の生糸の重量まで返すことをいう。「生目戻し」とも称する。なお元の量以上に増量するときはその割合によって生目何割と称する。

   
・きめこみ [極込み・木目込み]
押絵の一種。綿などを入れずに、布地を平らに貼り付けたもの。また、板や箱型の木などに筋彫りで模様を施し、金襴や縮緬などの布地を、彫った筋を利用して張り込むこと。また、各種の裂を張り込んでつくった人形を木目込み人形という。
   
・きもう [起毛]
布の表面を針や薊(あざみ)の身を用いてかき立て、毛羽を密生させる工程をいい、これにより厚さを増し手触りは柔らかく暖かさを感じさせる。ネルなどはこれである。「ウール丹前地」の裏面もこの工程を施すことが多い。
   
・きもの [着物]
洋服に対する、和服の意に用いられているが、本来は着るものの全体の意である。着るものがつまってきものになったと考えられる。きものは、和服を意味する国際語として通用している。羽織、コート、襦袢などは含まず、もっぱら長着のことをいう。
  
・ぎゃくぐも 逆雲
雲と雲のすき間を表わした形。裏雲ともいう。
   
・キャラコ
綿織物の一つ。キャリコのなまったもの。インドではじめて製織され、キャリコ地方から輸出されたので、この名がある。薄地の平織木綿であり、製織後、強く糊付けして光沢を出したもの。安価であるため、シャツ、エプロン、寝具のカバー地など、用途は広い。
 
・きゅうすんおび [九寸帯]
女性帯地の一種。以前は腹合わせ帯にしたが、通常は名古屋帯仕立ての事をいう。帯幅は仕立上がりは8寸2分前後だが、仕立前の状態で9寸(34cm)内外あることからの名。長さ一丈三寸(約3m90cm)。織九寸といえば、織の名古屋帯のことを指す。
   
・キュプラ
化学繊維の一種である。再生繊維として作られた、銅アンモニアレーヨンのこと。コットンリンター(綿花を取った後、綿の実に残る短い繊維)を主成分とし、銅アンモニア琺によって製造した、再生セルロース系繊維。光沢と感触は、本絹によく似ており、本絹よりもはるかに安価であるため、裏地や下着などに広く利用されている。
   
・きょうがた [京型]
染の型紙の種類。京友禅に用いる。
   
・きょうかたびら [経帷子]
経衣(きょうえ)ともいい、死人に着せた単衣。生地は主に並幅の粗い白木綿。
   
・きょうかのこ [京鹿子]
京都で製作された鹿子絞りの意。絹地の上等な鹿子絞りである。きもの、羽織、帯、帯揚げなどに用いる。
   
・ぎょうぎこもん [行儀小紋]
小紋柄の一つ。行儀には秩序といった意味があり、芥子粒のような小紋柄が、規則正しく並んでいることから、この名が付いた。一般に、細かい模様が縦横に並ぶ「通し」に対して斜めに並んでいるものをいう。行儀霰も同じ。
  
・きょうけち [きょう纈]
纐纈(こうけち)(絞り染)、﨟纈(ろうけち)(蠟染の古称)と合わせて天平の三纈と呼ばれる。いわゆる板締めのことである。模様を彫った二枚の板に、布地を挟んで染液に浸すと、左右対称の文様が現れる。
きょう纈の発祥は、インドであろうと推定されている。四世紀ごろ中央アジアで知られ、中国に伝わり、唐の時代には盛んに応用されたらしく遺品が残されている。日本へは唐文化とともに輸入され、奈良時代より盛行した。平安中期以降衰退したものの、江戸期には板締め絞りとして復活し、現在は応用した形が、白鷹御召や村山大島の糸染に取り入れられている。
   
・きょうごふく [京呉服]
本来は、京都で作られた絹繊維の染織品を指す語であったが、現在では、京都で生産される高級呉服の意味が強い。古くから有名な代表的京呉服としては、西陣織の帯地と御召着尺、そして友禅染と絞り染がある。
   
・きょうこもん [京小紋]
江戸小紋に対する語であり京都で伊勢型紙を用いて染める細かい柄の小紋のこと。
   
・きょうぞめ [京染]
京都で生産された染物の総称。京都は古来より奈良とともに日本の文化の中心であり、宮廷の服飾を調達する必要から、外来の進んだ技術を積極的に取り入れてきたため、その技術はみがきあげられてきた。また、染物に欠かせない水も、水質のよい鴨川に恵まれたことから、染め色が鮮やかで質の高い京染めが生まれた。
   
・きょうねんし [強撚糸]
撚り数が多い撚糸(ねんし)をいう。撚り数が多いほど縮む性質があらわれるので、縮緬、御召、縮み、クレープなど、表面にしぼのある織物の織り糸は強撚糸である。縮緬糸はセリシンが付着している生糸(きいと)を用い、御召糸は生糸を精練した練り糸を用いる。いずれも1メートル当り3000回以上撚りをかけた強撚糸である。
   
・きょうむらさき [京紫]
染色の名。赤みの強い紫。江戸紫の対語。京紫のページへ
   
・きょうゆうぜん [京友禅]
京都で生産される友禅染の総称。金沢で生産される加賀友禅やその他の地方で生産される友禅とを区別するのに用いられる言葉。
   
・きょうりもん [鏡裏文]
文様名 →紋様のページへ
   
・きらくつむぎ喜楽紬
織物の名称。絹織物の一つ。経糸に玉糸、緯糸に特製縮緬くず糸と玉糸を用いて織った物。主として、縞物で、男女着尺地、羽尺地として用いる。
   
・きりかえ [切替]
① 緯糸で織り出す柄の色を替える時に色糸を取り替えること。裏から見ると幅広の横縞柄に見える。② 裁縫用語。布地のある一箇所を切って線をいれ、それに別の生地を接いだりして表す意匠。
   
・きりたけほうおうもん [桐竹鳳凰文]
文様名 →紋様のページへ
   
・きりたてわく [桐立涌] 
文様名 →紋様のページへ
   
・きりつぎ 切継ぎ
「縫い合わせ」、「寄裂(よせぎれ)」ともいい、色や模様の異なる2種類以上の小裂(ぎれ)をつなぎ合わせ、1つの衣服にする技法。あるいは、そうしてできたものきもの。帯、羽織、袋物などなどの趣味的なものに用いられる。
   
・きりつけ [切付け]
模様を表す手法の一つ。主となる布地の上に、紋や文様などの別裂を好みの形に切ってのせ、周囲を縫いとめたり、糊で貼り付けること。アップリケと同じ。「切付け模様」などともいう。「切付け紋」もこの一種。
  
・きりつけもん [切付け紋]
無地のきものや羽織に、同地質の別裂に紋を描いたものを切り抜き、張りつけて、まわりを糸でとめたもの。張付紋ともいう。
   
・きりはく [切箔]
織物に使うきり白とは、金、銀の箔を漆で雁皮(がんぴ)、三椏(みつまた)などの薄い和紙に貼り、これを細かく切ったもの。単に箔ともいう。また、平箔糸、平金などともいう。金襴、銀蘭などの織物に用いる。また、細かく切った金、銀箔のことをいう。
   
・きりばめ 切嵌め
1つの裂地に別裂を切ってはめ込み、文様を構成する技法。きもの、羽織、帯などに応用する。切嵌め模様、切嵌め小紋と呼ぶものは、布地を実際に切り取らず、模様を染織で表し切嵌めの効果を見せたものである。
   
・きりばめもよう 切嵌め模様]
文様の名。模様の異なる布地の小片を切り取ってはめ込み、継ぎ合わせた文様のこと。また、実際には切嵌めせずに、切嵌めの効果をデザインして、染めた文様のこと。小紋の模様として、古くから親しまれてきたものの一つである。
  
・きりふきぞめ [霧吹き染
染色法の一つ。霧降り染、吹き染、ふっかけ染、落とし染、霧染などともいう。霧吹きやスプレーに染料を入れて、布面に吹き付けたり、刷毛に染料を含ませて篩(ふるい)などの上からこするなど、細かい霧状の粒を布面に落として、ぼかしや霜ふりなどに染める方法。
   
・きりぼり [錐彫り
型紙彫りの一つ。江戸小紋の型紙を作るのに、半円形の錐状の刃物を型紙に立ててまわしながら、霰、鮫小紋などの模様を彫る技術のこと。三重県鈴鹿市白子町で型紙が作られるものが有名。「いせかたがみ」参照。
   
・きりもん [桐文]
文様名 →紋様のページへ
   
・きりゅうおめし 桐生御召]
織物の名称・群馬県桐生市
先練り、先染の高級絹織物でお召しは粋と渋みをほどよく合わせもった上品な着物です。からだに馴染んで裾さばきがよい反面、湿気に弱いという欠点もあり、水に濡れると布地が縮むのが難点です。
お召しとは、お召し縮緬の略語で、徳川十一代将軍・家斉が好んで着用(お召し)になったことから「お召し」と呼ばれるようになったということです。
  
・きりゅうおり [桐生織]
織物の名称・群馬県/桐生市、太田市、みどり市 栃木県/足利市
1200年ほど昔、宮中に仕える白滝姫が桐生の山田家に嫁に来て、村人に養蚕や機(はた)織りを伝えたのが始まりと言われています。鎌倉時代末の新田義貞の旗揚げや、1600年の関ヶ原の合戦では、徳川家康が桐生の白絹(しらぎぬ)の旗を用いたこと等から、桐生織物はその名を全国的に高めました。さらに19世紀前半には幕府の保護もあって、金襴緞子(きんらんどんす)や糸錦(いとにしき)のような高級織物を生産するようになり、この技術・技法は今の桐生織に引き継がれています。
  
・きりゅうめいせん [桐生銘仙]
先染めの平織りの絹織物です。銘仙の源流は、屑繭や玉繭からとった太い糸を緯(よこ)糸に用いた丈夫な縞織物(太織)で、養蚕地帯の人々の自家用のものでした。
それが明治期の縞柄の流行に乗って関東一円で着られるようになり(「縞銘仙」)、大正期には絣模様を織り出した「絣銘仙」が流行し、伊勢崎、桐生(群馬県)、秩父(埼玉県)、足利(栃木県)、八王子(東京都)など北関東・西関東を中心に盛んに生産されるようになりました。
桐生銘仙の特徴は、やはり御召銘仙すなわち御召に使う撚糸を使った銘仙です。
   
・きりんもん [麒麟文]
文様名 →紋様のページへ
  
・きれ ・切]
一般に、織物や反物の断片を指す。または、名物裂といわれる古代織物の断片を指す場合もある。
   
・きれどり 裂取り・切取り]
文様の名。裂取り模様のこと。柄置きの1つでもある。不定形な形を寄せ集め、一定の区画を作る(パッチワーク風)。さらに区画内には別々の小柄を配したり、色を変えたりして表現する。
  
・ぎろ絽]
搦織(からめおり)しない特別の組織で絽に類似させたもの。「紗」または「模紗織」ともいう。
   
・きんかざんおり金華山織
紋ビロードの一種。紋部分を毛切りまたは環奈として地を繻子織したもの。
 
・きんぎんきりはく金銀切箔
金または銀を打ち伸ばして薄片とし、長さ曲1尺4寸、幅2尺5寸くらいの雁皮紙または鳥の子紙に漆で片面または両面に貼り付けたものを「平箔」という。この平箔を長さの方向に曲1寸につき70~130切れに切断したものを金銀切箔という。これを織物の緯糸として織り込み(箔通し)あるいは模様を縫い取り(金銀縫い取り)する。両面に箔を貼り付けしたものを「両面切箔」という。
   
・きんさいゆうぜん金彩友禅
印金技法をベースにしている。樹脂の発達とともに立体感が出るようになり、金、銀、白金箔粉の他に、銀箔に着色された多彩な色箔と金属箔に模様を表した模様箔によって描かれたもの。なお、樹脂によってドライクリーニングに耐える金彩技法もある。
 
・きんし [金糸]
金箔や金色の金属箔を、絹糸や綿糸に巻きつけた糸のこと。また、金箔を細く切断して絹糸などに撚り合わせた糸もこれに含まれる。
  
・きんじき [禁色]
平安時代、天皇や皇族の袍(ほう)の色を、一般家臣が着用することを禁じた制をいう。またその色のこと。ただし、これらの色の中には、天皇の許可があれば着用することのできた聴(ゆるし)の色もあった。
青、赤、黄丹
(きあか)、梔子(くちなし)、深紫(こきむらさき)、深緋(こきあけ)、深蘇芳(こきすおう)の七色は、天皇、皇室以外の使用を禁じられた。
   
・きんしゃ [錦紗]

錦紗縮緬の略称。普通の縮緬よりも、しぼが細かくて滑らかで光沢がる。経糸に細い生糸を用い、緯糸に右撚り、左撚りの強撚糸を交互に織って練り上げたもの。着尺、羽尺、裏地などとして使われる。ごく薄地のものは裾回しなどに用いられる。大正期以後流行した。

   
・きんすなご [金砂子]
金箔を細かい粉状にしたもの。金砂ともいう。装飾効果を上げるため、金箔の粉末を、接着剤で布地に蒔きつける。蒔絵などと同じ。
   
・きんちゃく [巾着]
口もとに紐を通して縫い絞った形の袋物。
   
・きんちゃくひだ [巾着襞]
巾着の口元を絞ったような襞(ひだ)のこと。
   
・きんでいがき [金泥・金泥描き
金粉を膠(にかわ)液でといたもので、模様を描いたり顔彩仕上げと同様の使い方もする。装飾効果を上げるため、文様の一部に金泥を用いて描く。同類のものに銀泥がある。
  
・きんとうし [金通し
織物全体に、緯糸に金糸を織り込んだもの。帯地のほか、染下生地用の白生地などがある。
   
・ぎんとうし [銀通し
織物全体に、緯糸に銀糸を織り込んだもの。帯地のほか、染下生地用の白生地などがある。
  
・きんぱ [金波]
東北地方で同名の織物があるが、別に、「紋綸子縮緬」のことを一部で金波と称することがある。「紋金波」、「色金波」などという。
  
・きんぱく [金箔]
金を槌で打って、ごく薄くのばし紙状にしたもの。金箔は工芸品などに多く使用されているが、染織には箔置き、摺り箔、平箔などとして用いる。銀を用いたものは銀箔という。
   
・ぎんぱく [銀箔]
銀を叩きのばし、薄い紙状にしたもの。金箔同様に用いる。
  
・きんらん 金襴

織物の名称。襴地(三枚綾地)に金糸を織り込んだものを指すが、一般には、金糸を織り込んだ織物を総していう。室町・桃山時代に多く渡来し、名物裂として武家や茶人に珍重された。日本では、天正年間(1573~92)に生産されるようになった。能装束、女帯に用いられる。

   
・きんしゃちりめん [錦紗縮緬]
「縮緬」の一種。普通、縮緬より細い経糸を用いて「シボ立て」を細密に品質を優美にしたもので、一般には「パレス縮緬」と同意に解されているが、厳密には使用糸の太さ、打ち込み(糸数)も違い、パレスほど平滑な感じはない。
   
・きんじき [禁色]
平安時代、天皇の御服「の色、高貴の人の服色を一般臣下が着用することを禁じていた。
  

 このページTOPへ

この用語集は日本繊維新聞社「新語服に強くなる本」アシェット婦人画報社「きもの用語事典」等から引用しています。