きもの用語辞典 

 見つからないときは新語掲載希望を
  

         

  

    

 

 

 
・じあい [地合]
織物の地風の具合をいう言葉。織物はその使用糸や織り方、加工などによって生地の外観や手触り、密度などがさまざまに変わってできる。その具合を示すもので「地合が良い」とか「地合が堅い」などと使われる。
 
・じあげ [地揚げ・地上げ]
紋織りのとき、綾文を織る場合に綜絖(そうこう)装置によって地糸を表面に浮き上がらせることを地揚げという。
 
・じいと [地糸]
織物の地を構成する糸。先染織物の地色となる、無地の糸のこと。模様を表すための絣糸(絣模様の場合)や縞糸(縞模様の場合)などに対する語。また、紋織物では、搦(から)み糸以外の糸をいう。経の地糸を地経(じたて)、緯の地糸を地経(じぬき)という。
 
・じいれ [地入]
染色上の用語。「下付(漬)け」「下引」ともいい、染色の準備工程の一種である。織物に布海苔、アラビアゴム液、豆汁などを刷毛引きして染液の浸透を助け、色相を鮮明にするために行う。また「灰汁漬け」をいう場合もある。
  
じいろ [地色]
模様や柄以外の部分の色。しごき染・引染などで染められた色。きものの地となる色。模様の部分は目色という。無地の場合は、地色とはいわず、色という。
 
・じえり [地襟]
着物の襟のこと。襟の上にさらに、共布を用いて掛ける衿を掛け襟といい、これに対して身頃に縫い付ける襟を地襟という。
   
・しおざわおめし [塩沢御召]
→ほんしおざわ参照。
 
・しおざわつむぎ [塩沢紬]
織物の名称・新潟県南魚沼市塩沢町
付近で生産されている御召風の紬のこと。新潟県の塩沢産地の織物の歴史は古く、奈良時代に織られた当地方の麻布(現在の越後上布)が奈良の正倉院に保存されています。この麻織物の技術技法を絹織物にとり入れた織物が塩沢紬で、江戸時代に織り始められました。
 
・しおぜ [塩瀬]
塩瀬羽二重の略で、厚地の羽二重のことである。経糸に細い生糸を使い、緯糸に濡らした太い生糸(ぬれ緯糸(ぬれぬきいと))を使って平織にした後精錬した生地。多く横畝(うね)がある。主として帯地に用いられるが、他に半衿、袱紗、羽織などにも用いられる。模様を織り出した紋塩瀬、合繊でも塩瀬風に仕上げたテトロン塩瀬などがある。
 
・しおぜはぶたえ [塩瀬羽二重]
普通羽二重は疋280~300匁(1050~1125g)を重目とするが、これよりさらに目方をつけ(330~400匁=1250~1400g)塩瀬風に織ったもの。昔は「着尺」「羽尺」にも使用されたが、最近は多く帯地として用いられ、「描き染」による「染名古屋帯」などに利用されている。産地は福井、石川(北陸地方)、新潟五泉が有名。練り上げ白生地で1疋単位目方で取引されるか、名古屋帯一本分(鯨尺4.5m)に裁断して取引される。
  
・じおり [地織]

地組織があって別の糸を織り込む場合、別糸に対して基本の布になる織地をいう。その場合の経糸、緯糸をそれぞれ地経(じたて)、地経(じぬき)ともいう。

 
・しかがずり [鹿絣]
越後地方で産出した絹織物。経緯の小柄で紺・黒・鉄などの地に黄色または白のやや粗い絣を織り出したもの。
 
・じがみもん [地紙文] 
文様名 →紋様のページへ
 
・しかもん [鹿紋] 
文様名 →紋様のページへ
     
・しきくさばなもん [四季草花文]
文様名 →紋様のページへ
 
・しきしつぎ [色紙継ぎ]
布地が弱ったときに、共布または表地になじむ同色の薄い布を裏にあて、表に針目が目立たないように一目落しまたは二目落しで刺し継ぎすること。
   
・しきしもん [色紙文]
文様名 →紋様のページへ
 
・しきのし [敷伸し]
和服をたたんで畳ござの間におき、その上に重しをして皺を伸ばし、衣服の形に整える方法の一種。アイロンが使われる以前は敷伸しや寝押しの方法が用いられた。現在でも繊維の種類や仕立てによって効果もあり、簡易なので行われている。
    
・しきふく [式服]
儀式に着用する衣服の総称。礼服、礼装に同じである。女性の場合、既婚者は留袖(裾模様、紋付)、未婚者は振袖、男性は紋付羽織、袴を着用する。
 
・しきもよう [四季模様]
模様の名称。四季の季節感を表す風物や、草木や花などを、一枚のきものの中に盛り込んだ模様の総称である。一つの季節にこだわることなく着用できる利点があり、広く用いられている。高価な振袖や留袖に多くみられる。
   
・しくんしもん [四君子文]
竹、梅、蘭、菊の四つを揃えた文様のこと。吉祥文様として広く用いられている。
文様名 →
紋様のページへ
 
・しごき [扱き]
帯の一種。扱き帯の略称。並幅のまま縫わずに扱いて締めるのでこの名がある。花嫁衣裳、七五三の女児の祝い着に使用。男児の兵児帯のことを言うこともある。
    

・しごきぞめ [扱染]

引染・浸染などに対する語。友禅染などの時、文様の型糊を置いた後、地色を染めるために、色糊を扱きベラで布面全体に塗る。その後、挽粉をふり、乾燥させてから蒸熱する。
      
・しごく [扱く]
縫ったりくけたりした後で、糸と布均合いを良くするために、親指と人差し指で布をなでることを意味する和裁用語。いとこきともいう。
 
・しこんぞめん [紫根染]
染色法の一種。紫根(紫草ともいう)は。関東、東北、四国などの各地の山野に自生する多年草。その宿根(4、5年に生長したものが最も多量の色素を有している)を紫染に用いるところからこの名がある。
この紫根から染液を採り、あらかじめ灰汁で処理した布を浸し乾燥させる。これを何度も繰り返して紫色を得る。現在は、岩手県の南部紫根染が有名。
 
・ししゅう [刺繍]
刺繍は糸で模様を表現するので立体的で、とても豪華な印象になります。刺繍をする帯地としては、斜子(ななこ)織、繻子(しゅす)織、紋織、綴、金箔・銀箔の無地などを用い、手刺繍や機械刺繍の加工がなされます。技法では糸の光沢を活かした「すが縫」、糸に結び目を作り点によって模様を表現する「さがら縫い」が多く用いられています。中国の蘇州(そしゅう)刺繍なども有名です。
 
・しじら [縬・縬織]
織物の名称。布地の表面に、縦方向の縮みを表した縮織物。縮は張力の異なる二種の経糸を用いる場合、太さの異なる二種の経糸を用いる場合、二種の異なる組織を用いる場合などがある。主に放つようの着尺として用いるが、阿波縬(徳島県)が有名である。
 

・しじらかんとう [縬広東]

間道の名物裂。白地に黒茶の細い縦横格子の縞で地にシボのあるもの。
 
・じしろちゅうがた [地白中形]
中形の一種。地が白で模様の部分が藍染になった、中形染のことをいう。それに対し、模様が白いものは地染中形という。
 
・しずり [倭文布]
太古の織物の呼び名。志豆波多(しずはた)または志豆利(しずり)ともいい、志豆は筋の意味。
 
・しそう [紫草]
植物染料の一種で、紫根(しこん)と同じ。
 
・じぞめ [地染め]
染め物や紋織りなどの模様以外の部分を地といい、地の色(地色)を染めること、および染めたものをいう。
 
・じだいぎれ [時代裂]
現存している昔の裂のことをいう。正倉院裂、法隆寺裂灘度がある。古代裂、名物裂ともよぶ。また、室町時代までに中国から伝来した、貴重な染織品の断片の総称。現存する、古くてめずらしい裂のこと。
 
・したえ [下絵]
絵模様の下描きのことで、布地に染色や刺繍を施す前にその図案を、青花を用いて、細筆で下描きすること。または下描きしたものを言う。
 
・したえば [下絵羽]
⇒仮絵羽(かりえば)
   
・したぎ [下着]
上着に対する語で、上着の下に着る衣類の総称。長襦袢や肌襦袢などのことをさす。また、表着と同じ形に仕立てられ、表着の下に重ねて着るきもののこともいう。これは襲下着ともいう。かつては、礼装の留袖には白の下着を一枚重ねた。しかし現代では省略して、比翼仕立てといって、衿や袖口、振りや裾の見えるところだけを重ねたように見せる仕立てが主流である。
  
・したぞめ [下染]
2色以上の染料を重ねて染める時、先に染めることをいい、上掛〈ウワガ〉けに対する語。引き染で、濃い色を染める時、1度にその濃度で染色せずに、ある濃度で1度引染する。その後、目的の濃度に上げて引染する。その時の先に染めることをいう。
 
・したてかえ [仕立替]
もとの型から違った種類にリフォームする意味と単に仕立て直しの意味とがある。仕立替、仕立て直し上の注意及び工夫としては、①表裏の無い両面物なら裏返しをする。②袖口と袖付けの交換。③前後身頃を入れ替える。衽の天地を替える。④後身頃の帯下になるところから切って袖にする。⑤着物の膝や居敷が破れた場合は羽織に。⑥着物→羽織→コートのリフォームが可能だが、最近ではあまり見かけなくなった。
    
・したてや [仕立屋]
裁縫を業とする家、又はその人。洋裁に対し和裁の場合は和裁士という。仕立ては染物、織物の最終工程で「きものを生かすも殺すも仕立屋しだい」というふうに高価な着物の最終工程として重視されている。
    
・したまえ [下前]
和服の部分名称。右前身頃のことで、きものを着るとき下側になる身頃のことをいう。上前に対する語。
 
・しだもん [羊歯文]  
文様名 →紋様のページへ
 
・しちごさん [七五三]
祝儀に用いる数で1・3・5・7・9の奇数をめでたいとしてその中の三つを取ったもの。数え年の3才、5才、7才の祝いなので七五三という。11月15日に氏神に参る。正装は和服。3才は髪置の祝。男児は熨斗目模様の着流し。女児は友禅縮緬の4ツ身の着物に錦の帯。五才は袴着の祝い。七五三のうち、男児だけの祝い。羽二重の紋付に羽織・袴・白足袋・畳表の草履。衣服の模様は熨斗目。七才は帯解の祝い。女児の祝い。今まで着ていた付紐のついた着物の付紐をとって腰帯(腰紐)を締める。仕立も四ツ身でなく本裁にして肩揚、腰揚をする。友禅縮緬で二枚襲の振袖に仕立てる。
     

・しちぶこーと [七分コート]

長コート、半コートの中間のすんぽうのものをいう。
  
・しちぶねり [七分練り]
生糸の精練法の一種で、絹繊維に付着するセリシン(膠質=にかわしつ)を70%前後除くもの。なお若干のセリシンが残っているため、出来上がりはやや堅い感じである。本練に要する精練剤の量を多少減じて行う。練減量は15~17%程度となる。
 
・しっかい [悉皆]
悉皆とは全部という意味で、染色、染め直し、シミ落し、洗張り、仕立てなど染織に関する一切を請け負い調製すること。また、その業者を悉皆屋という。必ずしも自分ですべて行うのではなく、各職先を回って段取りをつけて行う。
 
・しっかいぎょう [悉皆業]
誂悉皆屋と仕入れ悉皆屋と呼ばれる二種の業種に分かれている。悉皆業とは、京都に於いては模様染色の請負業とも言うべきものである。誂悉皆屋は、一般の個人や呉服店などの注文によって、その好みの模様染(無地染)を引き受け、仮絵羽、下絵師、糊置、染色、蒸し屋など、黒紋付に於いては、紋糊、紋洗い、のし、張り、上絵屋等の職人を使って製作し、工賃、手数料の一切を依頼者より支払いを受ける業のことである。素人悉皆ともいう。
また、仕入れ悉皆とは、問屋や商社の注文によって多量に製作をする業で、玄人悉皆ともいう。いわゆる悉皆とは、工賃手数料等一切という意味である。
また、時には洗い張りまたは、他の染物染め直し等を引き受けるこことも含まれる。
 
・しつけ [躾]
縫い目や折りや、きせを固定しておくための仮の押え縫をいい、その作業を「躾を掛ける」という。布地との均合上、絹物にはぞべ糸という甘撚の絹双糸を、銘仙・モスリン類にはガス躾糸を用いる。躾の主な目的は、①次にする作業をしやすくする。②袖口、裾、褄下等、着用の直前迄仕立上がりの状態を崩さずに保持する。③ぐし躾、かくし躾、かざり躾などの着用中も形崩れを防ぐ為に取り除かない躾もある。④躾の種類としては一目落し(拍子木しつけ)、二目落し、三目落し、縫いびつけ(ぐしびつけ)、かくしびつけなど。
     
・じっとく [地十徳]
古服の名。僧服の直綴(じきとつ)から転じた語。素袍(すおう)の両脇を縫いつけ、菊綴じ(とじ)をつけて腰から下にひだをとり、袖を広くしたもので、家紋を縫いつけたものもある。
鎌倉時代の末ごろにはじまり、室町時代には旅行着として広く用いられた。江戸時代には礼装として僧、医師、儒者などが用いるようになり、庶民は用いなくなった。黒無地の絽、紗などでつくられ、胸紐が付いており、竹はひざくらいで、羽織のように羽織って着た。現在の羽織の祖型ともいわれている。今日では、茶道の男子専門家が着用している。
  
・しっぽうつなぎもん [七宝繋文]
一個の輪に四個の輪を四すみに重ねた文様で、輪違い文ともいう。またこれを四方襷(たすき)とよんだり、十方(なまって七宝という)とした。数多くつないだものを七宝つなぎという。七宝とは仏典にでる七つの宝石のことで、これを模様化したもの。室町時代に中国から伝来したといわれる古典文様であるが、現在も帯地、小袖などに広く用いられる。
   
・じなおし [地直し]
仕立てにはいる前の大切な作業。とくに表地と裏地の縮み率に大差があるときは、縮み率の大きい反物に徹底した地のしが行なわれる。→じのし
 
・じなしもよう [地無模様]
模様の名称。桃山時代末期から作られ、慶長年間(1596~1615)に大流行した小袖模様のことである。地が見えないほど全体に刺繍、絞り、摺り箔を施したことからこの名がある。この小袖を地無小袖という。
 
・しなぬの [榀布・科布]
「まだぬの」とも呼ばれる古布で、科木の樹皮から繊維をとって織ったもの。地風は固いが強靭でさらりとしており、かつては各地で織られて労働着とされていたが、現在では希少な織物とされる。和装では帯に使われる。
 
・じぬき [字抜き]
誂品に持ち主の名前をゴム糊で防染し、白く染め抜くことをいう。通常下前の衿先裏側に名前だけを入れる場合が多い。これに対して、仕入れ商品の反物には予め四角い白抜きの衿字抜きを施しておく。
 
・じぬき [地抜き]
色無地または模様物を黒に染め直す場合、先に染めてある色や模様の影響で、黒が悪くならないようにするために、染める前に色や模様をぬいておくことをいう。
 
・じのし [地伸し]
衣類の用布を裁断する前の処理の一つとして、布目を正しく整え、耳のつれを伸ばして平らにすること。
 
・しのぶぞめしぼり [忍染絞]
昔の絞り染めの一種。別名「箱絞り」といい、忍染器(縁付き盆のような器具)を使用して、簡単に布面に優美な漣模様を出したもの。
  
・じのめ [地の目]
反物の経(たて)・緯(よこ)の糸の目のこと。
   
・しのん [シノン]
蛋白性繊維で東洋紡が開発した合繊和装素材。絹同様のしなやかな風合いと光沢で、優れた染色性が特徴で、留袖、染め大島、喪服、雨コートなどの表物から裏物として用途が広い。
   
・じばた [地機]
原始的な手織り機の一種。経糸を織手の腰に取り付け、張り具合を調節しながら織る。居座り機、下機ともいう。それに対し、枠に経糸を取り付けて織り手が腰をかけて織るものを高機という。
   
・じばり [地張]

型紙捺染の準備工程のひとつ。捺染板の両面に糯米糊を塗り(敷糊という)さらにその上に姫糊を薄く溶かして引き、繞染する布を張りつけることをいう。その両面、特に両耳をこっすってしわを伸ばし、布地を板面に密着させるため、桜樫などで作った拍木型の木片(地張木)を使用し、また布地を平均に広げるために横約12cm、縦約14cmの角を取った厚紙(地張紙)を用いて布面を摩擦する。布の表面に水を引き伸子(竹を丸く細く削ったもので織物の両耳に刺して幅を整えるもの=しんし)張りして生地のしわ伸ばしを行い、長さおよび幅をそろえることをいう。「水張り」ともいい、仕上げ後の生地の幅、長さをあらかじめ想定して行うもので、「紋付染」の地あつらえなどの準備工程である。

 
・しふ [紙布]
和紙を細く裁断して撚った糸で織り上げた布のこと。経緯ともに紙を用いたもの。緯糸だけに紙を用いて経糸は絹や麻、木綿糸のものもある。現在では希少性が尊ばれ、趣味的な着尺や帯地などに用いられる。
   
・じふう [地風]
布地がもっている風合い、味わいのこと。
   
・しふぉん・べるべっと [シフォン・ベルベット]
シフォンとは絹モスリンという言葉で、特にこれらをやわらかく仕上げたものを指す。シフォン・ベルベットはこのシフォンの感じを持った「ベルベット」。地は本絹糸で表面の毛羽糸に人絹糸を用い柔らかな地風をもつ。肩掛け、コートなどに使われ、新潟県十日町、京都西陣が主産地。
 
・しぶがみ [渋紙]
和紙に柿渋を塗布し耐久性を高めた紙のことをいう。原紙の大きさは8丁判(54×90cm)で、薄手から厚手まで用途により様々な厚さがあり、10番、15番などと表され、数が大きくなるほど厚手になる。主に反物につける渋札や板場友禅の型紙に用いられる。渋札や、摺り友禅用型紙には薄手を、型友禅は型伏糊用には糊層が必要なため、厚手のものが用いられる。しかし、最近では、プラスチックシートや、写真型に代わってきている。
 
・しぶかわふとおり [渋川太織り]
織物の名称
群馬県渋川地方で産する平織物。縱糸に玉糸、横糸に熨斗(のし)糸などを使ったもの。
 
・しぶき [渋木]
渋木は、日本の南部に産する「楊梅(ようばい)」の樹皮を熱水溶出した煎汁のこと。「楊梅」は、「やまもも」とか「桃皮(ももかわ)」などとも称し、代表的な茶色系の植物染料である。信州紬、大島紬、秋田黄八丈などの植物染料として、古くから現在まで多く用いられている。渋木に含まれるタンニン、煎茶の「渋みの素」ともいわれ、自然界のきわめて多くの植物に存在する。その大部分が黄褐色から黒茶色系統の植物染料として用いられる。
 
・しぶふだ [渋札]
渋紙で作られた生地の端につける指図札のことをいう。染色時の熱や水分によって普通の紙ではすぐに破れるために和紙に柿の渋をつけて強くする。このしぶ札を使い染の種類、紋の種類、寸法等を書き示し、どこの商品化誰の注文かを区別する。
以前は墨書きが多かったが、最近では油性インクが用いられており、煮染(たきぞめ)の仕入れ商品では札が黒くなるために黄色などのインクで書く。
 
・しぼ [皺]
縮緬、御召、クレープ・デシン、錦紗などの強撚糸を用いた、織物の布面に表れた波状や粒状の皺のことで、そのしわの深さをしぼ立ちという。しぼは強撚糸の収縮を利用して、製織後にしぼ寄せをすることによってできるものであるが、左右の強撚糸(緯糸)を交互に規則正しく織り込むと両しぼ、左右のどちらかを織り込むと片しぼができる。普通、縮緬や御召は両しぼで、縮は片しぼである。
 
・しぼすれ [皺擦れ]
スレの一種。アタマズレともいう。生地にできている凹凸をシボというが、シボの山になる部分が水洗い時などにスレて起きる。一般的には簡単なスレなので、スレ直しで容易に直すことができる。
 
・しぼよせ [皺寄せ]
「シボ」というのは布面にあらわれる細かいシワで、これが御召の特故になっている。織り上がった布を湯につけると、緑糸の撚りが戻って、シワができる。この作業を「シボ寄せ」、あるいは「シボとり」という。 このシボによって御召の風合がきまるの で、丹念に行なわれる。
 
・しぼり [絞り]
染色技法の1つ。生地全面を均一に染めるのではなく、部分的に染めのこしを作る技法。染め残す部分をつまみ、糸でくくったり、針で縫ったり、強く圧迫したりして、染料液の中に浸して染める。染め上がってから、糸をほどくと、その部分が模様として表れる。
     
・しぼりゆかた [絞り浴衣]
絞り染で模様を表現した浴衣のこと。愛知県有松の有松鳴海絞りが有名で、藍染がほとんどである。
  
・しま [縞]
線で構成する模様の総称。二種以上の色糸を用いて織物の経、緯、経緯に筋を織り出したもので、竪縞、横縞、格子縞、斜め縞と大別される。日本では古く竪縞を倭文市(しずり)、横縞を綺(かんはた)とよんでいたが、室町時代末期から江戸時代にかけて、南洋諸島から渡来した、筋柄の木綿織物を珍重して、島布、島渡りなどといい、略して島と呼んだことからこの名がある。現在では染の縞模様も染縞、縞とよぶ。
近世から「しま」に縞の字をあてるようになったが、縞という字は、中国で白絹や練絹を示す語であり、その字をあてた経緯はさだかでない。
縞の種類は、太さや組み合わせによって千筋、万筋、棒縞、大名縞、子持ち縞、滝縞、よろけ縞などがある。また、」縞」が縞織物自体をさすこともある。産地名を冠したものが多く、上田縞、小倉縞などがある。
 
・しまいばかま [仕舞袴]
袴の一種で襠(まち)のある袴のことをいう。能楽に用いられ、笹ひだが深く襠が低いのが特徴。また流儀により、ひだ山を縫いとめることもある。
   
・しまおめし [縞御召]
縞柄を織り出した御召で、もっとも御召らしい御召である。その起源は江戸時代「柳条縞緬」として、関東の桐生にはじまるという。つまり徳川家斉の御召物とされて著名になったわけで、現雀の「御召」の源をなすものといってよい。男女の区別なく、また年齢を問わず、粋なきものとして愛されている。
 
・しまぬきもめん [縞貫木綿]
丹波布(佐治木綿)
 
・しまちりめん [柳条縮緬]
江戸時代の天和年間(一七八一~一六四二)頃から織られた縞模様を織り出した縮緬。この「縮緬」は天正年間(一五七三~一五九二)に中国の織工が和泉(大阪府)の堺へ渡来して技術を伝え、それ以来、国産されるようになった。「縞縮緬」とも書いた。
 
・しまばらづまもよう [島原褄模様]
柄の付け方からの名称。  画像と解説はこちらへ
 
・しまばらもめん [島原木綿]
織物の名称・長崎県
幻の反物と云われる「島原木綿」は有明の湯江川沿いでトンパタトンパタ音を響かせて織られておりました。
たて縞柄が特徴である「島原木綿」は生地が丈夫であることが知られ、国外まで輸出されていました。
江戸時代から太平洋戦争後までの女性の衣服は、この生地が主流だったと云われております。
昭和63年、貴重な技術と伝統を伝承するため「島原木綿保存会」により復興され、現在も織り続けられています。
 
・しみぬき [しみ抜き]
洗濯では落ちにくい汚れをベンジンや稀アンモニア等の薬品を使って除去すること。
 
・しめきり [締切り]
絣柄の名。締切り絣の略称。経糸を数色に染め分けて、段模様を表した絣。糸を染めるとき締め付けて防染することから、この名が付いた。鎌倉・室町時代から江戸時代にかけて、主に武家男性の小袖や能装束に用いられた。現代のきものや帯にも生かされている。
 
・しめばた [締機]
絣糸を作るとき、防染法として綿糸まで織締めるための織機。綿糸を経、絣糸となるべき束を緯として、絣模様にしたがって部分的に織締める。大島紬などはこの代表。
 
・じもん [地紋]
紋綸子・紋羽二重・紋縮緬などの、紋織物で織り出された模様のこと。地模様も同じ。
小葵のように織物全体に配置した細かい続き文様。二陪織物(ふたえおりもの)の場合はこの上に上紋が作られる。
 
・じもんおこし地紋起こし]
生地に織り込まれた模様を生かした染色加工の総称。彩色や刺繍、箔などを、地紋に施こし、立体感のある柄に表現する。着尺、コート、羽織などに見られる。
 
しゃ [紗]
盛夏用の透ける生地で、キモノやコート地の染下生地になる。空間(すき間)の多い組織をもつため通気性がよく、光線の当たり加減で美しい埜目〈モクメ〉が表れる。柄を織り出した紗を紋紗という。非常によく透ける。
 
・しゃあわせ [紗袷]
絽、もしくは紗の生地の上に薄手の紗を重ねて仕立てた二枚あわせの着物や羽織のこと。裏記事の模様が表の社を通して見えるために独特の趣がある。従来は袷と単の境となる時期に着用されたが、近年は拡大解釈され、単のきものに準じて考えられている。
  
・じゃかごもん [蛇籠文]
文様名 →紋様のページへ
 
・じゃかたらじま [ジャガタラ縞]
木綿縞織物の一つ。ジャガタラはジャカルタから渡来した縞織物のことをいう。広義には唐桟(とうざん)も含まれる。
 
・ジャカード
フランスのジョセフ・マリー・ジャカール(1752~1834)が1800年に発明した紋織装置。小孔をあけた厚紙、数百枚を綴り合わせ大型紡(紋紙)を機の上に掛け、その紋紙による経糸の操作によって、複雑な文様を織ることができる。このジャカードが発明されたため、従来(ドビー織機)に比べて紋織の織る能率が4倍もアップしたといわれる。
 わが国へは明治五、六年、初めて京都西陣へ伝えられた。その後、明治20年頃までに桐生、足利、福井、米沢などに普及していった。現在の紋織機のほとんどはこれによって作られる。
 
・しゃく [尺]
装束の反物の幅、1尺は約37.8cm(鯨尺)。
 
・しゃくに [尺二]
尺二幅の反物。装束用の反物は一尺二寸の幅の生地が使われることが多い。
 
・しゃむそう [紗無双]
広義では紗袷と同じで、紗または絽に紗を重ねて袷仕立てにしたきものや羽織をさすが、「無双」は表裏同じ生地で仕立てたものをいうので、厳密には紗と紗を重ねたものをさす。
 
・しゃもんおり [斜紋織]
綾織」の別称。
 
・しゃれもん [洒落紋]
紋所の一つであるが、家紋ではない。多くは女性の好みによって作った花などの装飾的な紋で、伊達紋ともいう。
 
・じゃわさらさ [ジャワ更紗]
更紗の一種。ジャワ島を中心として生産される、蠟防染による模様染。インドネシアではバティックと呼ばれているが、バティックは、現在では蠟防染による更紗を指す、国際的な共通語である。溶解した蠟液を、チャンチンという銅製の道具にすくい、蠟液を出しながら布面に模様を描き防染する方法。
模様は、主として植物や動物、幾何学模様が多いが、中部地方ではヒンズー教、北部では中国、イスラム、ヨーロッパ文化の影響が濃く出ている。色彩も中部では青と茶色系統、北部では多彩色のものが多い。染料はかつての植物染料に代わり、化学染料が用いられている。
 
・しゅ [朱]

色の名前。天然には辰砂として産する朱色顔料であり、朱墨・朱肉・朱漆など様々の染色があり、古代朱は鎧兜など武具の紐に見られる。洗朱(あらいしゅ)は朱の薄い色であり、珊瑚朱は珊瑚から来た色名である。  朱色のページへ

 
・じゅうにしもん [十二支文]
文様名 →紋様のページへ
 
・じゅうさんまいり [十三参り]
儀式の名。京都で陰暦三月十三日(現在は四月十三日)に、十三歳の少年、少女が盛装して、福徳、知恵を授かるために嵯峨法輪寺の虚空蔵菩薩へ参詣する儀式のこと。これまで四つ身仕立てであったきものを、このときから本裁ちの振袖などを着せて参詣する。近年は全国に見られる。
 
・じゅうじがすり [十字絣]
絣柄の名。経緯の絣糸を交差させて、十の字形を表したもので、十の字絣とも呼ばれる。絣柄の基本的なもので、小絣、大絣まであり、木綿絣、絹織物、上布類に広く用いられている。
 
・じゅうにひとえ [十二単]
平安、鎌倉時代にかけての、宮中における女性の盛装で十二の御衣(おんぞ)ともいう。そもそも十二単は俗称で正式には、女房晴装束、唐衣裳姿(からぎぬもすがた)という。構成は唐衣(からぎぬ)、裳(も)、袿(うちぎ)、単で檜扇(ひおうぎ)、たとうなどを持つ。十二単といっても十枚、十五枚のものもあった。
後世、袿を五領(装束などは領と数える)重ねる五衣(いつつぎぬ)が一般的になっても、語だけが残り、江戸時代以降は、主に五衣に唐衣を着た晴装束を指すようになった。
 
・じゅしかこう [樹脂加工]
織物仕上げ法の一つで、合成樹脂液を布面に浸けこませて「防縮性」「弾力性」「防しわ性」「湿り気に対する強度」などを増加させる。
 
・しゅすおり [繻子織]
朱子織とも書く。織物の三原組織(三つの基本的な織り方)のひとつで各種の変化応用がある。経糸と緯糸の組織点が一定の間隔をあけて配置されている織物で素材はさまざま。やわらかく肌触りが良いが、糸が長く浮くので摩擦に弱く擦り切れやすい。 ビロードのように滑らかで光沢がある。綸子・緞子などがこれである。裏地などすべりを良くする織物はすべてこれによる。
 
・しゅちん [朱珍・繻珍]
繻子組織の地に多色の緯糸で文様を織り出した絹織物。中国にならって室町時代末ごろから織られ、幕末から明治時代にはもっぱら打掛や女帯に用いられた。現在では繻珍の帯は少ない。
 
・しゅっさいおり [出西織]
織物の名称・島根県
戦後、簸川郡斐川町出西で始まった織り活動は、地名に因んで出西織と名付けられた。出雲地方に新風を吹き込んだ民芸織物。工房を主宰する多々納桂子氏(昭和5年生れ)は、陶芸をめざしていた夫君・弘光氏の勧めで、昭和29年4月に倉敷民芸館付属工芸研究所の2期生として入所。外村吉之介館長から織物の精神性と手織り仕事の薫陶を受け、1年の修了で帰郷した。同研究所の同期生の井上佐登子氏と出西手織会を結成したが、新居を工房に綿・絹・毛の繊維素材で、着尺地・帯地・洋服地など現代の装いに必要な織物の制作をめざした。
 昭和48年1月から清冽な藍色の絞染で有名な片野元彦氏(昭和50年逝去)の助言のもと、工房に藍染場を設け灰汁発酵建てによる藍染を手がける。藍染にこだわる中から、すがすがしい絣織を主にした作品が産まれた。
 
じゅばん [襦袢]
和服用の肌着。元来は丈の短い半襦袢のことを指す。のちに絹製の長襦袢ができた。長襦袢は着物との間に着るもので、半襦袢と共に、単仕立てと袷〈アワセ〉仕立ての物がある。肌襦袢は四季を通じて単衣仕立。襦袢の語源はポルトガル語の gibao 。長襦袢は贅沢品で羽二重、綸子、絖などに絞染、墨絵、刺繍などをした豪華な物も作られた。そのため本来の肌着の役目を失って装飾化したため、肌襦袢を生み出した。
 
・しゅりおり [首里織・首里紬]
織物の名称・沖縄県/那覇市、中頭郡西原町、島尻郡南風原町
14~15世紀の琉球王国は、東南アジアや中国と盛んに交易を行い、その交流により織の技術を学びました。その後幾百年の年月を積み重ね、沖縄の気候風土に育まれた、様々な個性を持つ琉球織物が生み出されました。
その中でも、首里王府の城下町として栄えた首里では、王府の貴族、士族用に色・柄ともに究極まで追求された、格調の高い、悠々として麗美な織物が織り継がれ、現在に至っています。
 
・しゅりてじま首里手縞
織物の名称・沖縄県那覇市首里当之蔵
格子縞に琉球絣を配した絹織物。
一反に五~七色の糸と、紅白あるいは紺白の二色をより合わせた糸(ムディー)を経緯に織り込む。紅白のムディーのある手縞は祝着用、紺白のものは日常用あるいは法事用として用いられた。
部分の色によって白玉(絣部分を白抜きしたもの)、黒玉(白地に色絣のもの)、色玉(色地に色彩絣のもの)の三種類がある。また、特殊なものとして藍の生葉染手縞もある(首里生藍手縞)。
十五世紀に尚氏が沖縄全島を統一すると、首里が琉球王朝の首都となり沖縄染色の中心地となった。
琉球王朝は中国、朝鮮、日本を始め、シャムやジャワなどの南方諸国ともさかんに交易を行ったので、王候貴族などの衣装には外国文化の影響が色濃く現れた。そうした輸入文化は、やがて沖縄独自の文化と融合して新しい染織文化を生みだしていった。
 
・しゅりなまあいそめてじま首里生藍染手縞
織物の名称・沖縄県那覇市首里
原始的な染色法で糸を染めた絹織物。琉球藍を発酵させずに生葉で糸を染める。
絣入り格子柄を絽や紗に織る。
起源は明らかではないが、首里に古くから伝わる染色法である。
藍の発酵建てが行われるようになったのが奈良時代の頃とされるので、それ以前の技法が現在でも活かされていることになる。
 
・しゅりはなおり [首里花織]
織物の名称・沖縄県/那覇市、中頭郡西原町、島尻郡南風原町
花織は沖縄で古来から伝わる織物で、500年ほど前に中国や東南アジアから伝わってきたとも言われていますが、あまりにも古すぎてその起源は定かではありません。
絹糸を琉球藍・福木・モモカワ・サルトリイバラ・シャリンバイ等の天然染料で染め、刺繍のように絹糸を浮かせて織り上げる独特の織り方で織り上げています。
特にこの首里花織は琉球王朝の晴れ着として使われていました。
読谷山の花織の様に真綿風合いではなく、サラッとした風合いで裏糸も出ていません。
平織綜絖によって織り出される紋織の一種で、片面は経糸が浮き、片面は緯糸が浮織になっておりますが、両面、好みによって、どちらでも使用できる合理的な紋織です。
   
・しゅりはな [首里花倉織]
織物の名称・沖縄県/那覇市、
花織と絽織、紗織などを市松模様に織る紋織で、意図は半練の絹を使用した夏着です。沖縄ではこういう薄ものの布のことをトンボの羽のような美しい布と表現されております。
 
・しゅりみんさー [首里ミンサー]
織物の名称・沖縄県那覇市首里
首里ミンサーは、畝織と両面浮花織を併用して織られている。
 
・しゅりろーとんおり [首里道屯織]
織物の名称・沖縄県/那覇市首里汀良町
花織と同様この道屯織も中国から伝えられたといわれている紋織の一種で、両面とも経浮織になっております。昔は着尺ものでしたが、現在ではその技法は帯類に多く生かされているようです。
経糸を浮かせて織る紋織の一種。絹物と綿物がある。
経糸に二色の色糸を用いる。裏表とも経糸のみが浮く、両面使える織物。純植物染料で染めた糸を高機で織り、独特の砧打ちの技法で仕上げる。
一六五九年に中国から紋織の技法が伝えられて以来、長い時間をかけて沖縄独自の織物となり、宮廷の衣装や王府の官服として用いられた。
 
しゅろ [棕櫚]
ヤシ科の常緑高木。樹皮は強靭(きょうじん)で水や湿気に強いことから、縄・刷毛・帯・敷物などに用いられている。
 
・じゅんれいそう [準礼装]
正式礼装に準ずる服装のこと。染め抜きの家紋をつけた訪問着や色無地がこれにあたる。
 関連記事はこちらへ
  
・しょいあげ [背負揚げ]
和装小物の一つ。通常、帯揚げという。結んだ帯の形を整え、結び目が下がらないようにするための布。薄地の縮緬、綸子、錦紗など、夏は絽や紗などを用いる。絞り染、ぼかし染、無地などがあるが、着物の色や帯、帯締めなどとのコーディネートを考えて用いることが大切である。礼装用として、慶事には白無地、喪服には黒無地か白無地を用いる。振袖には総絞りのものを用いることが多い。
 
・しょうあいぞめ・おうみもめん正藍染・近江木綿
織物の名称・滋賀県
正藍染は、昔、阿波特産の葉藍を原料とした紺染であったが、その後四国の葉藍(はあい)を当地で栽培、その染め上がりは従来のものとは異なり、光沢および堅牢さに独特の味を発揮し、名声は全国に及んだ。近江木綿は、染織した糸を手織ったものである。最盛期の大正年間には各農家で織られていたが、現在では一軒だけになった。現在も藍の栽培から発酵、染色、織りまで昔の技法が守り続けられている。ハンカチなどの藍染体験も行われている。
 
・しょうあいぶしゅうこんおり [成藍武州紺織
織物の名称・埼玉県羽生市
経、緯糸ともに正藍で染める紺織物を指します。経糸には紅殻(顔料の一種)用いることもあり武州青縞ともいわれます。
古くから木綿と藍の栽培がさかんな地域で、天明年間頃から生産されていました。当時は、紺屋が糸をかって賃機にだして織られていましたが、現在では藍染めから製織までの一貫生産がおこなわれています。また、近代化により、藍瓶はタンクに代わり、正藍は割建て(植物と、化学藍の混合)にかわってしまいました。
 
・しょうけん [正絹]
混じりけのない絹糸、またはその絹糸で織った織物。本絹ともいう。人絹や絹との交織に対する語。
 
・しょうじょうひ [猩々緋]
色の名前。江戸時代に現れたい露命で能の猩猩等を連想する。また羅紗の陣羽織に用いる。
猩々緋のページへ
 
・しょうそういんもんよう [正倉院文様]
奈良・東大寺正倉院の宝物に、多くみられる文様の総称。天平時代の文様が最も多いが、飛鳥、白鳳時代の文様も含まれる。正倉院はシルクロードの終着駅ともいわれ、ローマ、ペルシア、インド、西域、中国など西方諸国の影響を受けた文様が多く伝えられている。
文様は多種多様で、大別すると、動物文様(鳳凰、花喰鳥、くじゃく、おうむ、おしどり、鶴、鴨、獅子、虎、羊、象、鹿、馬、竜、きりん、うさぎ、亀)、植物文様(唐草、唐花、牡丹、ぶどう、宝相華(ほうそうげ)、蓮)、幾何模様(連珠、円文、亀甲、石畳、菱形)、自然現象(雲、月、日、星、海、山)などがある。
 
・しょうぞく [装束]
平安時代の公家の正装から、狩衣などの略装までの総称。古くは「そうぞく」といい、儀式や行事の施設を整備することを指し、季節によって変える調度品のことをいったが、その後、服装を整える意として用いられるようになった。
男性の装束は衣冠、束帯、布袴(ほうこ)、直衣(のうし)、狩衣などがあり、女性の女房装束、子供用の童装束などがある。
 
・じょうだいおめし [上代御召]
織物の名称
交織の特徴を生かした高級織物。縫糸に御召経と紬糸の二種を用い、紬風の素朴な地風を出している。紋織と紡織とがあり、色彩も柄も多様ながら、上品な街着に適している。
交織といえば、すぐ粗悪品と思いがちだが、これは素材によっては、すばらしい御召が出来るというよい見本だ。
 
・しょうちくばいもん [松竹梅文]
文様名 →紋様のページへ
 
・しょうは [紹紦]
名物裂の一つ。千利休の弟子、里村紹紦が所持していたところから、この名があるという。経、緯ともに強撚糸を用いて、細かい横の杉綾文や山形文状の地紋を出し、幾何学模様のほかに、花や唐子が遊んでいる様子を文様化したものもある。現代では帯地にも作られている。
 
・しょうぶ[尚武
米沢で産出した軽めの高級絹着尺で、経緯とも先染本絹撚糸を使った綾組織のもの。
 

・しょうぶもん [菖蒲文]

文様名 →紋様のページへ
 
じょうふ[上
上等な布の意。上質な麻糸を平織にし、薄手で軽い。明治以降は、原糸の品種にかかわらず、上布に似た薄手で、ややかたい風合の夏物着尺地を広く上布と称している。上質な絹を上布と呼ぶこともある。
 
・しょうへきが [障壁画]
文様名 →紋様のページへ
 
・じょうもん [定紋]
それぞれの家によって決められている、紋のこと。表紋ともいう。
 
じょく[褥]
中国でいうしとね(すわったり寝たりする時、下に敷く物)。敷物、ふとんなどを指す。
      
・しょくせい [織成]

平織組織の紋織で、綴織の一種。本来の綴織は緯畝の平織で、地を表す地緯糸を用いず色緯糸を織り返して織るためハツリ孔を生じるが、織成は地緯糸と文様を表す色緯糸の二種の緯糸を用いて交互に織るため、緯畝やハツリ孔が見られない。正倉院裂にも見られる技法。

   
・しょくぶつせんい [植物繊維]
天然繊維の一種。植物から採る繊維の一つで、長い管状をしている。種子毛から採るもの(木綿など)、茎からとるもの(亜麻、苧麻(ちょま)、芭蕉など)、葉柄から採るもの(マニラ麻など)がある。
   
・しょくぶつせんりょう [植物染料]
天然染料の一種。植物の根、樹皮、木質部、花弁、実、葉、茎などから取れる染料の総称。主な材料には藍、茜(あかね)、紅花、蘇芳(すおう)、紫、福木(ふくぎ)、くちなし、はまなす、ログウッド、うこん、丹殻(たんがら)、刈安(かりやす)、やまもも、きはだなどがある。これらは五千年も前から用いられており、日本でも人造染料が発達する明治14年頃まで用いられた。現在では、趣味的に使われることが多い。植物染料による染色を「草木染」と呼んでいる。
   
じょーぜっと・くれーぷ[ジョーゼット・クレープ
薄地の絹縮緬で、普通は広幅生地とし婦人用ドレス、カーテンなどに用いる。和装では春のショールあるいはその裏地に使用する。
  
・しょっこうにしき [蜀江錦]
錦の一種。かつて中国の蜀(現在の四川省。蜀江は、現在の同省成都付近を流れる揚子江上流のこと)でつくられた織物のことを蜀江錦といい、日本には天平年間に輸入された。現在も法隆寺の遺品の中に見られる。
その後も蜀江錦は継続して作られたが、中世になると模様は連続した幾何模様が多くなり、八角形と四角形を組み合わせた形がその典型となる。それが日本に渡り、名物裂として茶道の世界などで珍重され、後に国内でもその模様を模した織物をつくるようになった。蜀江錦の模様を蜀江模様という。現在では一般的には名物裂の蜀江錦が知られており、蜀江模様といえば八角形と四角形を組み合わせたものを指す。蜀江模様は帯地などによく用いられる。
   
・しらさぎもん [白鷺文]
文様名 →紋様のページへ
   
・しらたかおめし白鷹御召
山形県西置賜郡白鷹町・織物の名称
山形県白鷹町で織られる御召織物です。農家の副業として昭和の初めに作られるようになったもので、手織りの高級品です。経糸に生糸、緯糸は地糸に御召糸、絣糸に生糸を用いて、二越しに打ち込んだ小絣です。この地方にある琉球絣に似た、「米沢紬」の風合いを基礎にしています
   
しらはり白張
毛加工染色の糊張法の一つ。素張白張りと吟出白張りの二方法がある。白絹を白のまま使用する場合の張り方で、多く法衣、裏地絹などに用いられる。素張りの白張りは、精白した米粉の糊に布海苔汁を加えたものを刷毛引きし、糊付けして陰干しの上、湿気を与えて槌打ちする。吟出白張りは水に晒布海苔および晒膠(にかわ)の少量を加えた溶液に葛粉を入れてよく溶かし、この泥状の汁に絹を浸して絞り出し、台上でもみながら平に伸ばして伸子張りを行い乾燥するもので、もみ込み作業は熟練を要する。
   
・しーるおりシール織
二重織で毛皮のような長い毛羽を持った織物。
 
・しるくうーるシルクウール
交織織物の名。絹と毛の交織物のこと。経糸に絹糸、緯に毛糸を用いることが多い。毛の丈夫さと防皺性と、絹の柔軟さと光沢を持った単の着尺地として、普段着や街着に適している。無地、縞、絣柄、紋柄がある。
   
・しるくぽーらーシルクポーラー
絹を使って本来は毛織物である「ポーラー」織物に似せたもの。夏季の着尺として人気がある。
 
・しるけっとかこうシルケット加工
綿糸を苛性ソーダで処理して絹のような光沢をつける方法で夏季の「綿上布」や「絞り浴衣」の生地にはこの糸を用いるものが多い。
  
・しるしばんてん [印半纏]
半纏の一つ。紺や茶色の木綿で、衿や背に家紋や屋号を染め出したもの。江戸時代、火消し、大工、左官、鳶職などが用いた。主家から毎年、お仕着せとして出入り職人に与えられた。現在、出初式や一部の職人に残っている。
   
・しるっくシルック
東レの絹調ポリエステル繊維。絹の美しさとポリエステルの扱い易さを併せ持った新合繊。洗えるという大きな利点があるため神職用普段使いの八藤紋指袴や、白衣(白小袖)などがある。
  
・しるぱーる [シルパール]
帝人開発のポリエステル繊維の異形断面糸。和装品に適合する素材で、一越、縮緬、駒綸子、羽二重などに用いられる。
   
・しろあがり [白上がり]
白揚げともいう。地に文様を白く抜くこと。白く残した模様自体をいうこともある。また、模様の部分を白くぬいて地色を染め、後で模様を描くこと。柔らかな感じが特色である。
   
・しろいしかみこ [白石紙子]
宮城県白石市の織物の名称
和紙製の衣服で紙衣ともいわれ、おもに防寒用として用いられました。
紙子の発祥には、宗教的な色合いが濃いといわれています。修行中の仏僧にとって、紙子は都合のよいものだった。その理由としては、麻布は風を通すが紙子は風を通さないので火の気のない寺院でもあたたかいこと、絹布のように蚕を殺さずにすむこと、女人の手をわずらわさずにつくれるため戒律にかなっていることなどがあげられます。僧侶たちは反古紙を袈裟に着用していた。この伝統は、いまも奈良東大寺二月堂の御水取りの際に垣間見ることができます。
紙子は、僧侶の防寒着や武士の夜陣の際の防寒着として発達し、江戸時代には一般庶民の防寒着や布団の表地として使用されて日本各地で生産されていましたが、現在は白石紙子だけが生産されてます。
 
      
・しろいししふ [白石紙布]
宮城県白石市・織物の名称
強い紙を細長く切り、撚りをかけてこより状にしたものを、糸として使用した織物です。宮城県白石市が産地であることから「白石紙布」と呼ばれます。経緯とも紙糸を使って織ったものと、経糸に絹糸や綿糸を用いて緯糸に紙糸を使ったものがあります。出来上がりは軽く、夏の着物地・帯地のほか、芯地や裃・装飾雑貨などにも用いられます。
    
・しろえりもんつき [白衿紋付]
正装を表す言葉で、紋付の裾模様の表着に白の下着を重ねてきることをいう。現在では受勲や宮中参内などの装いとして、白の比翼襟に白半衿、留袖や訪問着を着て、格調のある袋帯を締める。
   
・しろきじ [白生地]
染色加工をしない、白地のままの織物。
   
・しろこがた [白子型]
白子型紙の略称。「いせかたがみ」参照。
   
・しろつむぎ [白紬]
白地の紬。染下生地として用いられる。
   
しろむく [白無垢]
汚れのない白衣という意。古代には、麻織物を灰汁などでよく晒〈サラ〉し、神祭りの浄衣に用いた。=祭服。現在では、婚礼の式の時の衣裳を指す。
       

・しろむじ[白無地]

白生地に同じ。色無地に対する語。
   
・しん [芯]
衿芯、裾芯、帯芯などがあげられるが、その部分又は商品の薄さを補い、張りを与えるために入れるもの。材料として金巾、晒、モスリン、新モス、ガーゼ、真綿、もめん綿、帯芯などがあって部分により適当なものを選ぶとよい。
   
しんぎ [芯
反物を巻く時、芯に用いる棒。
     
・じんけん [人絹]
絹に似せてつくった合成繊維(人造絹糸)。主として木材パルプを原料としたレーヨンのこと。吸湿・吸水性にすぐれ、いろいろな染料によく染まり深みのある美しい色が得られる。ただし水濡れで縮やすくシワも出て、シミもつきやすい欠点がある。Rayonはフランス語で「光沢」を意味する。
   
・じんけんおめし [人絹御召]
人絹とは人造絹糸の略で、化学紡維を含めていうこともある。人絹御召は凝糸に人絹を使ったもの。第一次大戦後の不況に対応して、桐生などでコストを下げるために盛んに作られた。交織御召の一種で、安さ価だが、縮みが激しい。
 
・しんこいしまる [新小石丸]
皇居御養蚕所で飼育している日本古来の純粋種「小石丸」を改良した品種です。繭は、日本種特有の「俵型」をしており、生糸は節が少なく繊度ムラが無い為、主に高級呉服用として好まれています。
    
・しんし [伸子]
竹ひごの両端に真鍮の針を埋め、両端をそれぞれ織物の耳(横端)に留めて、布巾を一定に保つために用いる用具。布の性質に合わせて、その種類(木綿用、絹用など)も多い。加工着尺や絵羽模様などのように、張って染色を施すものには欠かせない用具である。蠟描き、色差し、引き染め、刷毛引きなどの染色に用いる。戦前は一般家庭での洗張りのときに用いられていた。
   
・しんしゅうつむぎ [信州紬(飯田紬・上田紬)]
織物の名称・長野県/長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、駒ヶ根市他
信州紬の始まりは、奈良時代に織られていた「あしぎぬ」まで遡ります。江戸時代初期には、信州の各藩が競って奨励したことから、養蚕が盛んになり、信州全域が紬の織物産地として栄え、毎年京都へ大量の紬が送られていました。
しかしその後紬織物の生産は下火になり、昭和の中頃までは、技術保存の名のもとに、わずかに続けられていたにすぎませんでした。戦後、県や市町村が紬織物の復興に力を入れたため、県下全域で生産が活発になり、高級な反物として、信州紬の名声も次第に高まりました
      
・しんせん [浸染]
染色法の一つ。染料、または染料と薬品とを溶解した液の中に、糸や布を浸して染める染色法。糸や布の種類によって冷浴、温浴、煮沸浴などの処理法がある。一般に無地染に用いられるが、絞り、蠟纈などの染色にも用いられる。捺染、引き染、描染などに対する語。
   
・じんばおり [陣羽織]
羽織の一つ。室町時代から江戸時代に、武士が用いた羽織。防寒、防雨のために陣中で鎧、具足の上に着用したのでこの名がある。具足羽織、陣胴服ともいう。
袖のないものがほとんどで、実用的なものの他に、装飾をかねたものもある。布地には絹、羅、紗、ビロードなどが用いられ、刺繍や摺箔を施したものもある。室町時代に渡来した、スペイン人やポルトガル人の服装を、燃したものと伝えられている。江戸時代に入ると、野外における武士の儀礼服として用いられた。
    
・しんばしいろ [新橋色]
色の名前。大正15年頃新橋の花柳界から流行した色の名前で大正年間の代表的な色である。当時、桔梗紫、紫などの濃い色が好まれたという。ライトブルー系。 新橋色のページへ
  
・じんべい [甚平 甚兵衛]
和服の一種。盛夏に男性が家庭で着る着物。多くは麻で作り、着丈は羽織より長く、膝が隠れるほどで、袖は筒袖、帯は用いずにつけひもを結び合わせて着る。袖付けやわき縫いは糸でかがって仕立てる。江戸時代の甚兵衛羽織から出たといわれている。関西地方で起こる。
   
・しんもす [新モス]
綿モスリンのこと。毛織モスリンの代用品として織られた、薄地の二幅平織綿布。主に裏地、裏衿などに用いられる。
   

このページTOPへ

この用語集は日本繊維新聞社「新語服に強くなる本」アシェット婦人画報社「きもの用語事典」等から引用しています。