きもの用語辞典 

 見つからないときは新語掲載希望を
  

         

  

    

 

 

 
・せいおうぼ [西王母]
文様名 →紋様のページへ
     
・せいがいは [青海波]
文様名 →紋様のページへ
      
・せいかぱれす [精華パレス]
八掛や比翼、胴裏等の裏地には、昭和30年代までは、ほとんどが錦紗縮緬やパレス縮緬が用いられてきました。しかしこれらの強撚糸を用いた縮緬地では宿命的に、水分や湿気に出合うと縮むという欠点があります。このため昭和30年代後半から緯糸に壁撚糸やダブル壁撚糸を用いてその変形した糸の形で独特の「しぼ」を低く形成した精華縮緬が用いられるようになりました。精華パレスではさらに「しぼ」を押さえ滑らかな地風に仕上げています。新潟県五泉市が主な産地。多くは八掛地として使われる。
   
・せいけい [整経]
機にかける前に、経糸(たていと)を一定の長さと本数に分ける作業。
 
・せいごう [精好]
近世初頭には丹後精好として丹後(京都)の特産であった絹織物の精好織のこと。地合が緻密で硬く、厚地。また伊達(仙台)藩の精好仙台平は、男物の縞袴地(精好平)として有名。無地精好は現在では京都、福井で産し、神官の服、女官の緋袴などにする。
   
・せいごうごつき [精好五付]
精好の厚みを重さで表したもの。尺(一尺二寸)幅の1尺あたりの目方が18.75gであるものを五付、22.5gであるものを六付と呼ぶ。
    
・せいそう [正装]
法的、または社会的に規制された正式の装いのこと。正式礼装の略。
  
・せいそう [盛装]
美しく着飾った、華やかな装いのこと。
   
・セイラスじま [セイラス縞]
江戸時代の初期、オランダ人によって舶来した絹の縞織物。
   
・せいれん [精錬]
動植物繊維の中の雑物を取り除き、繊維としての機能をもたせること。色染をよくするための準備工程として、漂白も同時に行う事が多く、昔は灰汁を使ったが、現在は苛性ソーダや石灰、ソーダ灰を用いて煮沸する。布に織る前の糸を精練する事を「先練」といい、布に織った後で精練する事を「後練」といい、一般的な白生地のことをいう。
   
・せきだし [堰出し]
防染方法の1つ。模様のまわりを幅広く防染し、染上がりの時、輪郭線は消えて無線となる。蝋〈ロウ〉堰出し、糊堰出し等がある。
   
・せっかもん [雪花文]
文様名 →紋様のページへ
   
・せっかしぼり [雪花絞]

絞染の一種で「板締絞」とも「畳絞」ともいう。普通の絞のように「絞ジワ」ができないもので、次のような方法がある。
①幾何絞り=布地を四つまたは六つ折にして正三角形や二等辺三角形、麻の羽型などに正しく畳み、これに両面から適当な板をあて固く締め付けて染色するもので、たたみ方および板締めの型によっていろいろな模様ができる。
②締め木絞り=幾何的にたたまず、任意な形に折り棒を利用して染める。
③縫絞り=たたんだ布を縫い絞り(糸で部分的に縫って引き締める)にする。
④共絞り=最も簡単な方法で、布にできるだけ細かいひだが外に出るように布を結び堅く引いておいて染色するもの。

  
・せぬい [背縫]
裁縫用語。衣服の「後身頃」左右腋(わき)を縫い合わせることをいい、通常その縫い目線をも背縫いという。
  
・せぶせ [背伏せ]
紗・絽・薄御召・上布など表から透けて見えるので居敷当をつけず、背縫いがへばるのを防ぐために背伏せにする。背縫代全部に通して背伏せ布をつけて縫い合せ、表にだけきせをかけ、背伏布にはきせをかけずに縫代をくるんでくける。背伏布は、共地又は同色の薄手絹地を、幅2cmに裁って用いる。薄地でなくても白地で肩当や居敷当が目立つものは背伏せにする。
   
・せーみかこう [セーミ加工]
織物仕上げ法の一種で、一般に「銘仙」「富士絹」などの平織りの絹織物に「縮緬」のような「シボ」を出す仕上げ法を言う。綿製の原型布と重ね合わせて金属製の円筒に巻き取り、蒸気を通して原型布の収縮しようとする力を利用してシボを移すものである。また型ロールを用い縮状を出す方法も有る。この加工をした銘仙をセーミ銘仙或は御召銘仙と呼ぶ。
   
・せもん [背紋]
家紋のつけ位置による名。背縫いの上部、衿肩明きの裁ち切ったところから7cmほど下につける家紋のこと。一ツ紋といえば、背紋だけのことである。
   
・せもり [背守]
産着や宮参り等の一ツ身で、背紋の入ってないものにつける背飾りのことで地方によって種々の形がある。現在では省略される場合もある。
   
・せやふじぬの [世屋藤布</a />]
織物の名称・京都府宮津市
藤蔓の繊維を手機で織った素朴な布。麻織物に似ているが、麻より繊維が太く、目が粗い。
万葉時代から織られているという古代織物。
明治時代までは各地で織られていたが、現在は当地のほか、山形県の山村など数か所で織られているだけである。
   
・セル
ウールの先染め和服地。縞や格子、霜降りの柄が多く、その感触が柔らかいことから、戦前までは男女ともに着尺、羽織、袴地などに広く愛用されていた。春先や秋口の季節の変り目に着るいわば合着で、「セルの頃」という季節語さえあったほどだ。毛織物の「セルジス」「サージ」から日本語に転化した言葉。
   
・せんこう [鮮紅]
染色の名。赤色に黄味を有した、特に鮮やかな緋色で、緋色木綿のことを鮮紅ともいう。
  
・せんざいみどり [千歳緑]
染色の名。深濃緑のことで、千歳(ちとせ)の松の緑の意味。 千歳緑のページへ
   
・せんしょくほせい [染色補正]
単に補正、地直しともいう。染色加工中に発生した汚れや、余分に付着した色素などの故障を衣裳から取り除くこと。または、その方法。洗い張り・生洗いは、衣裳全体が汚れている場合に行う方法。
    
・せんすじ [千筋]
縞柄の名称。筋は縞意があり、非常に細かい縞柄のこと。織物のほか、江戸小紋にもある。
   
・せんだいひら [仙台平]
織物の名称絹袴地の一種。仙台から産出されたことからこの名がある。男物袴地の総称として使われることもあり、糸の精練技術や植物染料による糸染、生地の締りをよくするための打ち込みの強さなどに特徴がある。
仙台伊達藩主が、西陣の織工の小松弥右衛門を招いて織られるようになり、幕府や諸大名への贈答品などに用いたのが始まりです。なかでも精巧な袴地が諸侯に好まれて全国的に広まるようになった。
 
   
・ぜんつう [全通]
帯の通し柄をいい、帯のたれ端からたれ端まで、全体に柄が付けられている。これに対する語として「六通」「太鼓柄」などがある。
      
・せんど [繊度]→糸の番手
生糸・人絹糸の太さをいう。「デニール」で表す。重さと長さの相関関係により示され、恒重式と恒長式とがある。前者は主として「紡績糸」(綿糸・麻糸・毛糸など)に用いられ、後者は「生糸・人絹糸」「合繊長繊維糸」に使用される。
  
・ぜんまいはくちょうおり [薇白鳥織]
織物の名称・秋田県
よこ糸に入っている薇綿(ぜんまいわた)・白鳥の羽根綿などが、処々に白く綿毛を含んでふんわりと横に流れる。民話の「鶴の恩返し」の中で鶴の羽で織られた布は豪華なものだったというが、これは素朴な温かみのある織物といったほうがよい。秋田県岩城町亀田で、山野に自生するぜんまいの頭部の繊維(薇綿)・白鳥の羽根綿・綿花を合わせた混合糸を用いて織り出している。 昭和初期に途絶えています。
   
・せんめんもん [扇面文]
文様名 →紋様のページへ
  
・せんやぞめ [千弥染]

宝永の頃、歌舞伎役者の中村千弥が着用した染絞衣装で、紫色の纐纈をいう。

 
・せんりょう [染料]
合成染料の中で主としてきものに用いられるのは、直接染料と酸性染料である。これらは染めるのが容易であるばかりでなく、脱色も容易なため、染かえなどにも適している。植物染料では藍をはじめ、種々の植物染料が用いられる。
  

このページTOPへ

この用語集は日本繊維新聞社「新語服に強くなる本」アシェット婦人画報社「きもの用語事典」等から引用しています。