きもの用語辞典 

 見つからないときは新語掲載希望を
  

         

  

    


 

 
・のある [ノアル]
ノアルナフトール、ノアルレジュートの通称。三度黒でログウッドの中間媒染剤としてログウッドの次に引き染する染液。主成分はログウッドに酢酸、蓚酸、重クロム酸カリ、クロム明礬(みょうばん)、木酢酸鉄等の媒染剤に酸性亜硫酸ソーダ等を適量加えて加工し、ヘチマンと金属との結合を抑制し、安定化した暗青色のログウッド還元液である。これを酸化すれば黒色不溶性レーキになる。ログウッドの上に引くとブルーに変化する。
 
・のういしょう [能衣装・能装束]

能と囃子から成る日本独特の伝統芸能「能」の楽劇に用いる衣装とその付属品の総称。 小袖には唐織、厚板(あついた)、摺り箔、縫箔(ぬはく)、熨斗目などがある。
能楽は、室町時代に完成し、江戸時代には武士の式楽
となったので、将軍をはじめ、諸大名間に流行し、その装束も華麗、気品をむねとし、現代まで、ほとんど変化なく伝承されている。また、友禅染の発生以前に完成したため、能衣装に友禅染は用いられていない。織物のほかは縫箔で模様を表現している。

    
・のうしゅうつむぎ能州紬
能州紬とは能登半島、輪島市門前町にある絲藝苑という会社の創設者である上島洋山氏によって考案され創り出されたのが能州紬です。
能州紬の歴史は比較的新しく上島洋山氏が門前町の夕陽に魅せられ京都・西陣から移り住んだのが約40年ほど前です。 能登を訪れ、その自然に心を揺さぶられた上島洋山先生が、現地に移り住み、研究を重ねて考案した「海草染め(うみくさぞめ)」と「手繍い織(てすくいおり)」。「海を染め 風と織る」、独自の手法でうみだされた能州紬は、日本の故郷を思わせる逸品です。海草で下染めした絹糸を、草木染料で多くの色を表現をします。他様々な工程へて糸が出来上がります。その糸を使い一品一品「手繍い織り」で絵柄を表現します。経糸と緯糸の色の組み合わせで表現される絵柄なので織り上げるのに数ヶ月かかります。
   
・のげ [野毛]
金銀箔を細長く切った切箔の1種。
    
・のし [熨斗]
湯熨斗(ゆのし)のことで、織物に蒸気をあてて生地の風合いを柔軟にするとともに、しわを伸ばし、幅や長さをそろえる織物仕上げの作業工程のこと。
 
・のし [熨斗糸]
製糸の際、繭の糸口を見つけ出すためにとった糸を引き伸ばしたもの。紬糸(つむぎいと)などの材料にする。
  
・のしめ [熨斗目・熨斗目模様]
元来は経糸に生糸、緯に半練糸を用い、段あるいは縞を織り出した絹織物の一種の名称。これ等の織物で仕立てた小袖を熨斗目小袖、略して熨斗目という。熨斗目小袖には無地熨斗目と腰替り(腰の部分にだけ格子や段などの文様を織り出したもの)がある。室町時代頃から大紋や素襖の下に着られるようになり、江戸時代には武家男子の礼装として必ず着用された。現代では腰替りの意匠を、地質・用途などにかかわらず、熨斗目とか熨斗目模様と呼ぶこともある。    柄の付け方から名づけられた名称【熨斗目】はこちらへ
    
・のしめいろ [熨斗目色] 
日本の色名。あまり厳密な色名とはいえないが、ふつう鈍い青色に用いられる。熨斗目の地色が概して藍染の色であったので、そのような鈍い青色に用いられた。
    
・のしもよう [熨斗模様]
祝い事の贈り物に添える熨斗を、文様化したもの。さまざまな形で表現され、例えば大柄の束ね熨斗は、中に小さな模様を詰めたりして振袖などに用い、粋な暴れ熨斗は浴衣などに用いる。
   
・のしもん [熨斗文]
文様名 →紋様のページへ
   
・のぞきもん [覗紋]
紋所の表現方式で、丸や菱の輪郭の下半分に、紋がのぞいているように染抜いたもの。正式ではなく、洒落紋。
    
・のとじょうふ [能登上布]
織物の名称・石川県鹿島郡鹿西町、羽咋市
石川県能登地方で生産される麻の織物で,、「能登縮」「阿部屋縮」ともいいます。主に男物の白絣・紺絣が多く作られています。この地は、平安時代から麻の栽培が行われ、江戸時代には多くの麻織物が生産されました。明治31年、国鉄が開通したことにより全国的に広まるようになりましたが、戦後は麻織物の減少により生産も少なくなっています。
     
・のめりげた [のめり下駄]
下駄の形の一種。後ろの歯が長方体なのに対し、前歯を爪先に向かって斜めに削ったもの。千両下駄、芝翫下駄、神戸下駄とも呼ばれる。
   
・のりいとめ [糊糸目]
糸目糊置の材料の1つ。もち米粉・ヌカ・石灰・蘇芳〈スオウ〉を混ぜて作った糊で、水ですべて流れ落ちる。糸目とは染め上がったときに糊のあとが糸を引いたように見えるところからこう呼ばれるが、その糸目を表現するのに糊を使うこと。ゴムを使用するゴム糸目に対する言葉。
   
・のりいとめあげ [糊糸目揚げ]
ゴム糸目に対して、のりを用いた糸目。糊にて細い線や形を防染するのでゴムを用いた場合よりソフトな雰囲気に仕上がる。また黒染後の水元で伏糊とともにおちてしまうため、引染前に友禅をして蒸で染着させた後。糊を伏せ引染となりこれを先友禅という。
   
・のりおき [糊置]
本友禅染の工程の一つ。生地に描かれた下絵の線に沿って糸目糊を置いていく工程。これは挿し友禅の際、染料がにじまないように防染する働きがある。
  
・のりおとし [糊落し]

黒引き染め加工後の水元時に、防染糊を洗い落とすこと。糊落しの良否は染色後の手描き友禅での仕上がりを左右するので完全な水洗いが要求される。また防染剤は季節により含まれている塩分の量が異なるので、水元時には注意を要する。よくいわれる「シオの打合」というのもこの水元時に出る難の一種である。煮染(たきぞめ)で紋糊をとる作業も糊落し(紋糊落し)という。

   
・のりおれ [糊折れ]
生地の模様場にある糊が、過乾燥などにより折れていることで、そのままにしておくと染料がしみ込んで汚染する。また紋糊が折れていても染料が差し込み紋が汚れる。→糊割れ
   
・のりづけ [糊づけ]
御召の工程で欠かかせないもの。精練、染色したあと緑糸に糊をつけるわけだが、その目的は①練減りをおぎなう、②強撚をかけたとき撚りが戻るのを防ぐ、③シボ出しを効果的に行なう1などである。ふつう糊はデソプン糊、姫糊(ウルチとワラビ粉で作る)、合成糊などを使う。
   
・のりづつ [糊筒]
友禅染などを手描きにする場合に使用する糸目糊を入れる筒で、渋紙で作られている。大きさは色々とあり15cm~30cmくらいの大きさまである。糊筒には中金を入れて先金をつける。細くて先のとがっているのが糸目用で、友禅染などの細い線を引くのに使用する。また伏せ糊用には平金といって口が平らなものを使用する。
   
・のりそめ [糊染]
もち米の糊を防染剤に用いた染色技術。本友禅、中形、江戸小紋、紅型などは、防染を目的とするため糊だけを用いる。型友禅や現代風な多彩な小紋は、糊に染料を混ぜた色糊を用いて、直接染色する。
    
・のりながし [糊流]
*直接捺染(なっせん)の一種。糯(もち)米、小麦粉、生麩(しょうふ)その他の澱粉(でんぷん)を糊につくって木箱に流し、染料を滴下して、竹の棒で縦、横あるいは渦状にかき混ぜると、染料は糊に混じって濃淡のある流線を描く。その上から布をあてて転写すると、墨流しに似た図が染められる。
   
・のりぬき [糊抜]
布の精練・漂白・染色の工程を容易にするため、また良好にするために生地中に存在する糊料を除去すること。糊抜き方法としては、付着している糊剤により異なるが、浸漬法・酸液浸漬法・石鹸法・醗酵法などがある。黒染においては、一般的には水槽の中に糊抜き剤を溶かし出して除去している。
 
・のりふせ [糊伏]
友禅染などにおいて地色を染める為に柄の部分を糊防染すること(総伏)。 ぼかしなどの技法で模様効果を表現する時ぼかしのかかる部分の柄を部分防染すること(中伏)。 摺りやぼかしとの併用で色糊で柄を伏せること(色伏)
   
・のりぼうせん [糊防染]
もち米の糊やゴムを用いて防染すること。糊を印捺して行う防染法のこと。防染糊を各種の捺染用型で印捺するか、または筒描き、ときには筆、刷毛などで行う。防染剤は糊層を厚く印捺するか、防染剤を併用する。防染方法には印捺部を「完全に白く残す白色防染や防染すると同時に染料で異色に染色する着色防染や半防染などがある。三度黒引き染めでは、染色時に乾燥させる回数が多いので糊割れしにくいことが一番重要である。
   
・のりもどし [糊戻し]
乾燥しすぎた糊に水分を与えしなやかにすること。糊伏せ加工時やその後の保管状態が悪いと糊が乾燥されすぎ、その結果、引き染めできる状態に引っ張って地入れをしたときに糊が十分に生地に固着せず生地から浮いたり糊が割れて元通りにつながらないなど故障が発生する。そのために、地入れ前に噴霧器などで糊に水分を与えて、糊を柔らかく戻してやる必要がある。特にマングルによる地入れの場合は、糊が一部生地から浮いてしまうこともある。
 
・のりもん [糊もん]
糊伏もんともいう。黒引き染に受注する反物で、糊で防染してあるもののこと。他にろうけつ、ダックや無地などがある。
   

このページTOPへ

この用語集は日本繊維新聞社「新語服に強くなる本」アシェット婦人画報社「きもの用語事典」等から引用しています。