きもの用語辞典 

 見つからないときは新語掲載希望を
  

         

  

    


 

 
・ほう [袍]
奈良時代以来の朝服およびその変化形式である束帯や衣冠の上着。(うえのきぬ)ともいう。袍の形に2種あり、文官の用いるものは両脇が縫いふさがり、裾に襴(らん)がついた、有襴(うらん)の袍または縫腋袍(ほうえきのほう)といい、若年や武官の用いるものは両脇を縫いふさがず開いていて、襴をつけていないもので、襖(あお)とか無襴の袍、または闕腋袍(けつてきのほう)と呼んだ。
   
・ぼうえり [棒衿]
和服長着の衿の一つ。男物長着。浴衣などの衿は棒衿。対する衿型として撥衿、広衿がある。
  
・ぼうおくみ [棒衽]

和裁で衽の裁ち方の一種。衽先を矩形に裁断することをいう。「丸裁衽」(まるだち)ともいい、鈎衽(かぎおくみ)に対する言葉である。

   
・ほうおうもん [鳳凰文]
文様名 →紋様のページへ
    
・ぼうししぼり [帽子絞り]
絞染め技法の1つ。絞りの大きさにより、大帽子・中帽子・小帽子がある。他にも太鼓帽子・逆帽子などがある。模様の輪郭線に糸入れし、その糸を引き締める時に芯を包み、芯の周囲に糸入れ線を当てて引き締める。防染部分に、紙とビニールをかぶせて括ると、帽子をかぶせたように見えるのでこの名がついた。
    
ぼうししぼり [紡子絞り
文様の輪郭に沿って木綿糸で細かくぐし縫い(糸入れ)し、糸を引き締めるときに中に芯を入れる。防染部分にビニールなどをかぶせてくくると、帽子をかぶせたような状態になる。それを染液に浸して、白く染め抜く技法で、その形が帽子のような形になるところからの名称である。その大きさによって、大帽子、中帽子、小帽子と呼ばれ、そのほかに太鼓帽子、逆帽子などがある。有松絞りに多く見られる。
   
・ぼうじま [棒縞]
地糸と縞糸とが、同じ幅で並んだ単純、明快な縞で、棒を並べたように見えるところからの名称。大柄なものを大棒縞、小柄なものを小棒縞という。
   
・ほうしょつむぎ奉書紬
絹織物の一種。羽二重に似た精良な紬。福井・石川県で織られ、染めて紋付などに用いた。
   
・ぼうせきいと紡績糸
繭から糸繰り(繰糸)によって作られる「生糸」、また繊維を液状にして細い穴から吹き出して糸状にする(紡糸という)「人絹糸」に対して、機械によって短い繊維を撚り合わせて作った糸を「紡績糸」と称する。綿糸、麻糸、毛糸、スフ糸などはこの類である。絹についても「富士絹」の原料となる「絹紡糸」はこれである。
   
・ぼうせん 防染
糸や布地に染料がつかないようにすることです。糸でくくったり、ろうやノリを使う方法があります。
   
・ぼうせんのり [防染糊]
捺染糊の一つで、一般には直接捺染糊、抜染糊と区別する。防染糊に染料が入っているかどうかで、白色防染糊と着色防染糊を区別する。防染の部分によって、糸目糊、伏糊などとよぶ。
    
・ぼうすい [防錘]
糸に撚りをかけるための錘(つむ)。土や石、骨などで作った半球、あるいは球状のもので紡績機械の付属具。この中央に、先端がやや細い鉄の丸棒を通し、棒の端に糸をつけて、手で糸を巻くと同時に撚りをかける。この回転作用を手動の車で行うのが紡車であり、紡車では錘が同様の作用をする。わが国において古くから行われている紡糸法で、弥生時代のものが残されている。
   
・ぼうまき [棒巻]
織物の仕上げのひとつ。丸巻きまたはロール巻ともいう。帯地や袴地のような厚地の織物あるいは反対にごく薄地の織物に用いる。ボール紙または桐製の丸芯(巻芯)に織物の一端から巻取り、最後の一端を少し織り込んで止めるのが普通である。糸で止めた残りの部分を「垂れ」と称する。
   
・ほうもんぎ [訪問着]
留袖ほど格式ばらずに、社交や外出用の準礼装として着用できる絵羽付けの着物。大正時代に始まり、形式を整えて性格を確立したのは昭和に入ってから。大正時代に三越が命名したという説、大正11年に高島屋百選会で発表されたという説がある。広範囲に着られる晴着として、開発された。。文様は絵羽模様で、生地は縮緬や綸子など。御召に模様を織り出した略式のものもある。第二次世界大戦までは中流以上の人のものであったが、現在では一般化している。
    
・ほうらいさんもん [蓬莱山文]
文様名 →紋様のページへ
 
・ぼかしぞめ [暈し染]
濃さを変えたり、色を変えたりしながら、ぼかしに染め上げる技法で、キモノの地染に使われる。一色濃淡のぼかしを共ぼかし、または、濃淡ぼかしと呼び、多色づかいのぼかし染は曙(あけぼの)ぼかし、それを段状に変化させたものを段ぼかしという。
 
・ほぐしおり 解し織
織絣の一種。経糸を織機にかけて、粗く緯糸で仮織し、これを一度織機よりはずして文様を捺染する。その後で仮織した緯糸を、取り除きながら本製織をすること。経糸の文様部分がすれること、経糸だけが染色されているため、文様が柔らかく浮き出し、ぼかしに似た効果が表れるのが特徴である。銘仙によく用いられる。
   
・ほし
型染の場合、色ごとに何枚もの型紙を生地の上に順々において染め上げることになるので、その位置を決めるための小さな点印をいう。その性質上これは最後まで生地の上に残り脱色できない。消費者がシミ・汚点と誤ることがあるから注意すべきである。「合せ星」「送り星」ともいう。
  
・ほしょく [補色]
ある2色を混色することで、灰色や黒になる場合、その2色は互いの補色である。赤と青緑など。
   
・ほそおび 細帯
帯の種類。普通の帯幅の半分、約15cm幅の細い帯のこと。半幅帯ともいう。普段用の帯として、羽織下や浴衣などに用いられる。
   
・ほそかわぞめ 細川染
注染中形の一種で、型紙を二枚以上使って染重ねた浴衣地をさす。名所の由来は、江戸時代の熊本藩主の細川氏が神経質で何事も二度繰り返さないと気がすまないと伝えられることと、二度染にすることを、かけたのだともいわれている。
   
・ぼーだー ボーダー
着物の場合、主として羽織などの裾の部分に平行な一区切りの模様のある柄をいう。
   
・ほたおり [保多織]
香川県高松市・織物の名称・香川県高松市
江戸初期から香川県(高松藩)で織られた絹織物が、明治時代に綿織物になり一般的に広まりました。丈夫で肌触りがよく、夏の着尺地などに用いられます。
元禄元年、高松藩主の松平頼重が、京都の北川伊兵衛を招いて織らせたものです。丈夫なことから「多年保つ」という意味合いでこの名が付けられたといわれています。
表面に凹凸のある、独特な風合いの木綿織物。通気性、吸湿性がよく、肌触りがさらっとしている。浴衣地によい。
保多織は、元禄五(一六九二)年に高松藩のお抱え織物師・北川伊兵衛常吉により考案された。常吉は高松藩主・松平頼重に、他藩産のもの以上の織物を創出せよという命をうけ、緯糸を浮かびあがらせた縮織に似た絹織物を完成、これが讃岐保多織となった。保多織は、その後、高松藩の幕府への献上品となり、その製法は一子相伝の秘法とされた。
明治維新後、伊兵衛常吉の子孫、北川勇次郎は製法を公開。さらに、原料を絹糸から綿糸に変えて、綿保多織を完成した。
第二次大戦中は物資統制令により生産を禁じられたが、昭和二六年頃には復活した。
現在では、わずか二機業場が、その伝統を守りながら織っている。
   
・ぼたんいろ [牡丹色]
色の名前。臙脂(えんじ)系統である牡丹の花の色→牡丹色のページへ
   
・ぼたんもん [牡丹文]
文様名 →紋様のページへ
     
・ぼたんからくさもん [牡丹唐草文]
文様名 →紋様のページへ
     
・ぽっくり [木履]
下駄の一種。長円形に作った高い台で、前部にのめりをつけて中をくりぬいたもの。蒔絵などで装飾して、女児や舞妓が用いる。
   

・ポーラー

梳毛織物の一種。織り目が粗く量感のあるもの。無地や霜降りが多く、主に夏用衣料として用いられている。絹ポーラーと呼ぶ夏着尺地があったが、最近ほとんどなくなった。
   
・ポリエステル
石油を原料とした化学繊維。水に強くシワができにくいなど扱いやすいが、染料に染まりにくいため中間色の糸などが少ない。
   
・ほんあいぞめ [本藍染]
合成染料を用いず、植物藍だけで染めること。また染めたもののことをいう。重要無形文化財に指定されている久留米絣は。本愛染めがその条件となっている。
 
・ほんえり [本衿]
地衿のこと。和服長着や長襦袢の衿。本衿には掛衿をかける。
    
・ほんくろ [本黒]
植物染料で染めた黒。ヘチマン(ロッグウッドともいう)で引き染し、重クロム酸などで媒染した堅牢な黒染のこと。合繊染料の黒染に対する語。下染めに紅下や藍下を用いることによって、つやと深みのある黒色に染め上がる。
   
・ほんしおざわ [本塩沢]
織物の名称・新潟県/南魚沼市
本塩沢は、塩沢紬とともに塩沢産地の代表的な織物で、これまでは「塩沢お召(めし)」の名で広く親しまれていました。始まりは江戸時代中期と言われ、越後縮(えちごちぢみ)のような「シボ」のある麻織物の技術・技法を絹に生かした絹縮(きぬちぢみ)がもととなっています。
小千谷とともに麻織物の生産地として有名だった塩沢地方では、大正時代に麻織物の需要が少なくなると、越後縮の手づくり風合いを絹織物に応用しようとさまざまな技術の導入を行った。具体的には結城紬の技法の導入、京都西陣のお召し技術の導入、地機から高機への切り換えなどである。そうした努力のすえ、大正中期にできあがったのが、本塩沢の前身の塩沢お召しである

絣糸を染める方法もくびりから板締めになり、現在もすべて手機で織られている。
戦前は製品のほとんどが男物で、色は藍、茶、黒、白の濃淡でできあがっていたが、現在は女物のほうが多く、赤系統の色も用いられている。
   
・ほんせい [本製]
「玉糸」「絹紡糸」「人絹糸」を用いた織物に対し、生糸だけを用いた織物をいう場合と、紡績麻糸を用いた織物に対し手紡糸だけを使用した織物をさす場合とがある。例として前者は「本製縮緬」、後者は「本製絣上布」などがある。
   
・ほんぞめ [本染]
染ゆかた地で普通の「注染」(注ぎ込み染)に対し、小紋・友禅を染めるのと同じ色糊を使って手捺染する方法をいう。また「機会捺染」による捺染中形に対し、注染も含めて手捺染によるゆかたを「本染」と称する場合もある。
   
・ほんだたみ [本畳み]
長着の畳み方の一つ。略式の袖畳みに対して用いる語。
   
・ほんだち [本裁]
大人物の和服の裁ち方。基本的な裁ち方で大裁ちともいう。子供物の中裁、小裁に対しての大裁。
    
・ほんだちよつみ [本裁四つ身]
子供物和服の名。本裁ちに裁たれた四つ身のこと。
    
・ほんてん [本天]
経緯ともに絹糸を用いたビロードのこと。ビロードは天鵞絨と漢字で当てるところから、本来のビロードという意味の略称である。コートやショールに用いる。
 
・ほんねり [本練]
絹精練の工程の一つ。荒練された生地を精練する工程。荒練で除去されていない不純物を完全に除去し、柔軟性・白度などが得られる。本練の後、水洗して仕上げ練を行う。
   
・ほんのうじぎれ [本能寺裂]
本能寺に伝わる緞子の名物裂。濃い花色地に、薄藍で青海波、唐草、宝尽くしの模様を織り出したもの。
   
・ほんば [本場]

「勇気紬」や「大島紬」あるいは「黄八丈」など類似品のある織物について、その本来のものをいう。例えば「村山大島」に対して「本場大島」、「多摩結城」に対して「本場結城」、「米沢黄八丈」に対して「本場黄八丈」などである。

  
・ほんばおおしまつむぎ [本場大島紬]
織物の名称・鹿児島県/名瀬市、鹿児島市、大島郡竜郷町、笠利町、喜界町、宮崎県/都城市他
鹿児島県奄美大島が産地の絹織物です。第二次世界大戦中に奄美から鹿児島に疎開した人たちによって、戦後鹿児島でも生産されるようになりました。
奄美大島に自生するテーチキ(車輪梅)を煮出した液で糸を染めてから、鉄分の多い泥の中に浸して揉み込む工程を何度も繰り返していくうちに、丈夫で柔軟性のある糸になっていきます。専用の締機(しめばた)で絣糸をつくり、高機で手織りされます。
かつては真綿の紬糸を使用いましたが、現在は経糸・緯糸とも生糸でできているため、ツヤがありツルツルとした手触りをしています。泥染めの細かい絣柄が特徴で、泥だけで染める「泥大島」、泥染めと藍染めの「泥藍大島」のほか、泥染めではない「色大島」や「白大島」などもあります。伝統的工芸品に指定され、奄美大島産のものは地球印、鹿児島産のものは日の丸の旗印の証紙が張ってあります。
奄美における大島紬の始まりは、7世紀頃に遡ります。産地が形成されたのは18世紀初期のことで、その後、技法は鹿児島にも伝わりました。絣模様は締め機(しめはた)という独特の機を用いて作られます。糸を染める「泥染め」の技法は特に有名です。紬のルーツは、遠くインドでうまれたイカットという絣織り(かすりおり)だと言われており、イカットが、スマトラ、ジャワからスンダ列島一帯に広がりを見せた頃に、奄美大島にも伝わったと言われています。
 
・ほんばきはちじょう [本場黄八丈]
織物の名称・東京都/八丈島八丈町
その昔、本居宣長が「八丈という島の名はかの八丈絹より出ずるらむかし」と書き残しました。島の名の由来とも言われる黄八丈については室町時代から絹を貢いでいた記録があり、江戸時代の中期以後から現代にも通用する粋な縦縞、格子縞が織られるようになりました。
鮮やかな黄色は八丈島の特産である刈安で染められます。刈安を煮た煎じ汁に糸を入れ、一晩置いて乾燥させるという作業を何度も繰り返した後、灰汁に浸けて鮮明な黄色に染めて、高機で織り上げます。ほかにも、まみだで染めた樺色(茶色)の「鳶八丈」、椎(しいのき)で染めた黒色の「黒八丈」などがあります。柄は格子柄のほかに縦縞、染め分けや無地のものもあります。
  
・ほんびよく [本比翼]
和服の仕立方の一種。表着の裏地の縫代に比翼の縫代を一緒に縫い込んで仕立てる。一枚着にすることができない不便さがある。現在では付比翼がほとんどである。「比翼」を参照のこと
     
・ほんみみ [本耳]
本耳は和装裏絹の本流で、小巾である高級呉服の裏絹としては、両端に耳のあるものが最適とされた。「糸好絹」(いとよしぎぬ)の一種で、屑糸を使った「屑耳」に対する言葉。最近では広幅、軽目羽二重等が裏地として利用されるようになったが、本耳は最初から和装専用裏地として作り出されているので、地風もそのように設計されており、表生地との伸縮性、肌合いや裾捌き等着心地が最適になるよう改善を重ねた裏地として高く評価されてる。主な用途は胴裏、比翼。
   
・ぼんちゆうぜん [ぼんち友禅]
男児の幼児用「一つ身」から「三つ身」向きの友禅柄をいう。産着(うぶぎ)や着物、ちゃんちゃんこに使用するため羽二重や富士絹、モスリン、人壁地などに染めることが多い。鯉・鶴・鷹・兜や武者人形などの模様や幾何学的な図案が中心である。関西地方の男児を呼ぶ方言「ぼんち」からきている。女児幼児用を「女ぼんち」と呼ぶこともある。
   
・ほんもん [本紋]
地紋のある綸子地の中でも、紗綾形地紋に菊と蘭を散らした柄のことをいう。
   
・ほんゆうぜん [本友禅]
手書き友禅の一つ。糸目友禅のことをいう。
 

このページTOPへ

この用語集は日本繊維新聞社「新語服に強くなる本」アシェット婦人画報社「きもの用語事典」等から引用しています。