お気軽質問

着物便利帳メニュー

着物のT.P.O

長襦袢の畳み方

名古屋帯のたたみ方

着物の名称・採寸

羽織の畳み方

帯〆のしまい方

着物寸法早分かり

コートの畳み方

半幅帯の結び方

着物の畳み方①

袴のたたみ方

帯〆・帯揚げの」結び方

着物の畳み方②

袋帯のたたみ方

普段の手入れとしまい方

羽織紐の結び方(女性)

羽織紐の結び方(男性)

  
  本だたみ
  • 最も基本となるたたみ方です。染め、織りを問わず、ほとんどのきものはこの方法で畳んで保管します。男物も同じです。
 

画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます

1. 
裾を右にして着物を平らに広げ、脇の縫い目で折ります。下前の袵(おくみ)を袵線で手前に折り返します。
2. 
上前の衿と袵を下前に合わせて重ねます。このとき、背縫いの衿から少し下(右の図C)と衿肩の角(A.B)から、襟を内側に倒しております。
3. 
背縫いで折って、左の脇縫いを右の脇縫いに合わせ、左右の身頃と袖を重ねます。
4. 
左袖を身頃の上に折り返します。このとき男物は袖巾が広いので、袖付けの縫い目より少し袖側を折ります。
5. 
身頃の丈を2つ折にします。衿部分がかさばらないように、衿先の辺りで折り返すとよいでしょう。
6. 
きものを向こう側に返し、右袖を身頃に重ねます。
7. 
収納場所に合わせて、さらに小さくたたむ場合は、袖丈の位置で折ります。紋があれば、紋に薄紙を当てておきます。
  
 

このペーTOPへ