お気軽質問

着物便利帳メニュー

着物のT.P.O

長襦袢の畳み方

名古屋帯のたたみ方

着物の名称・採寸

羽織の畳み方

帯〆のしまい方

着物寸法早分かり

コートの畳み方

半幅帯の結び方

着物の畳み方①

袴のたたみ方

帯〆・帯揚げの」結び方

着物の畳み方②

袋帯のたたみ方

普段の手入れとしまい方

羽織紐の結び方(女性)

羽織紐の結び方(男性)

  
コートのたたみ方
コートの衿の種類
コートの部分名称
 
  コートのたたみ方
  • 最も一般的な道行衿のコートを例にとって説明しますが、ほかの衿形の場合はこれを基本に工夫してください。
 

画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます

1. 
まずスナップをはずしてから、裾を右にして平らに広げ、身頃を両脇縫いで折ります。飾り紐がついていれば、薄紙で包みます。
2. 
右脇縫いを背縫いに合わせるように、身頃を折ります。
3. 
右袖口が2.の折山に線に合うように袖を折り返します。
4. 
左側も同様に折り、左袖を右袖の上に重ねます。
5. 
袖丈に合わせて、丈を折ります。
 

このペーTOPへ

  
  コートの衿の種類
1. きもの衿 
きもの衿きものと同じような衿がついたもの
2. 被布衿 
被布衿衿肩に丸くしたてた小衿がついたもの
3. 道行衿 
道行衿衿あきを四角にして、衿をがくぶちのような形につけたもの
4. 千代田衿 
千代田衿衿付け線がなだらかな曲線になった衿。いろいろな変化があります。
5. 道中衿 
道中衿きもののような打ち合わせになった衿のもの。
6. 都衿 
都衿衿あきを四角にするが、角を曲線にして仕立てたもの。
  
 

このペーTOPへ

     
  コートの部分名称

コートの部分名称

 

【返し】
裾で身頃を引き返して、内側に織り込んだ部分のこと。

 

【上前竪衿】
上前身頃に付く、着たときに上になる部分。

 
 

【小衿】
首の周りを囲む細長い部分のこと。

 

【下前竪衿】
下前身頃の内側に付く、着たときに下になる部分。

 
 

【掛け紐】
掛けるためにつける紐。

 

【身八つ口】
身頃の脇の開き、またはその寸法。

 
 

【内紐】
コートの内側で、乱れないように結ぶ紐。

 

【振り】
袖付から袖下までの、開いた部分のこと。

 
 

【竪衿下がり】
肩山から竪衿の付くまでの間のこと。

 

【羽裏】
コートの裏地に用いる布地のことも羽裏と呼びます。

 
 

【竪衿幅】
左右の身頃の内側で、体の中心で重なる竪衿の幅のこと。

   
   

このペーTOPへ