お気軽質問

着物便利帳メニュー

着物のT.P.O

長襦袢の畳み方

名古屋帯のたたみ方

着物の名称・採寸

羽織の畳み方

帯〆のしまい方

着物寸法早分かり

コートの畳み方

半幅帯の結び方

着物の畳み方①

袴のたたみ方

帯〆・帯揚げの」結び方

着物の畳み方②

袋帯のたたみ方

普段の手入れとしまい方

羽織紐の結び方(女性)

羽織紐の結び方(男性)

  
  袴のたたみ方①  「石だたみ」
  • 袴は折り目がきれいについていることが大切ですから、ずれないように注意してたたみましょう。袴は穿く機会も少ないので、飛騨が乱れないように、仕付け糸で止めてからしまっておくとよいでしょう。
    「石たたみ」と「出世だたみ」の二種類があります。
①~⑥までは同じ畳み方です
 出世だたみ」はこちらから

画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます

 

 

①後ろのひだを整えながら、平らに 置きます。 ②右手で腰板と前紐を一緒に持ち、左手で物差しを当て、前に返します。 ③前のひだを整え、裾から1/3のところに物差しを当てて折り込みます。
     
  
④腰板から1/3のところも同様にして折りたたみます。 ⑤腰板が上になるように、向きを変えます。 ⑥前紐は長さにより4~5つ折りにし右が上になるように交差させます。
     
 

 

⑦左側の後紐を前紐が交差した上に重ね両方の前紐をすくいあげる。 ⑧右側の後ろ紐も、前紐が交差したところに重ねます。 ⑨さらに両方の前紐と左の後ろ紐を一緒にすくい、右方向に折り返す。
     

 

 

⑩上へ引き上げておいた左の後ろ紐を半分に折り中央で右下に折り返す

 

⑪右の後ろ紐は半分に折り、さらに中央で左下方向に折り返す。

 

⑫折り返した先を、左後ろ紐が通っている輪の中に通して出来上がり。

    

このペーTOPへ