お気軽質問

着物便利帳メニュー

着物のT.P.O

長襦袢の畳み方

名古屋帯のたたみ方

着物の名称・採寸

羽織の畳み方

帯〆のしまい方

着物寸法早分かり

コートの畳み方

半幅帯の結び方

着物の畳み方①

袴のたたみ方

帯〆・帯揚げの」結び方

着物の畳み方②

袋帯のたたみ方

普段の手入れとしまい方

羽織紐の結び方(女性)

羽織紐の結び方(男性)

  
  名古屋帯のたたみ方
  • 名古屋仕立ての帯は、お太鼓と胴帯の幅が違いますので、たたんだとき、厚みが平均になるように折りましょう。また、開き仕立ての場合は、袋帯と同様にたたみます。いずれの場合も、前柄とお太鼓に折り目やしわを付けないことが大切です。
 

画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます

1. 
お太鼓の表側を下に、たれを右にして置きます。胴帯とお太鼓の境を三角に開いて折り、胴帯をお太鼓の裏に重ねます。
2. 
胴帯をたれの端で三角に折り返し、お太鼓の上で胴帯が並ぶようにします。
3. 
左に伸ばした胴帯を、お太鼓と胴帯の境の位置で折り返します。
4. 
さらに小さく折る場合は、左の三角の部分とたれ側を折り返します。
  
 

このペーTOPへ