渦巻(うずまき)
 
 渦巻は古い文様の中にも見られます。ただし、古代装飾古墳に二重輪などが見られますが、何を表しているかはわかっていません。とはいえ、流雲、流水、渦を見て、古代人は流動の中に呪術的なものをかんじたのでしょう。 巴もその一つ。後世、神社紋に採用されていることからも、そのことがいえます。平将門を祀る東京の神田明神は、「なめくじ巴」といってうずまきの原型を残している。
 使用家は越智氏流の河野、藤原氏良門流の朝比奈氏のほか、歌舞伎役者の五世市村羽左衛門の替紋として使用されました。

参考資料 講談社「家紋と家系辞典」他

     

    

右巻き渦巻き

    
    

インデックスに戻る