村濃(むらご・むらのう) 
     

【村濃】とは
「斑に染めた文様」のことで、村子とも書き、藍皮の文様を象ったもの
『羽継原合戦記』にも「秩父殿は小文(紋)の皮」とあり、畠山氏はもと
より秩父一族が紋として用いていたことが知られる。

畠山村濃

二階堂村濃

   
    

インデックスに戻る