きものリフレッシュ

  

  1. 染め替え

  2. 加飾加工(柄足しなど)

  3. 丸洗い・洗い張り

  6. 悉皆料金

 

サイトマップ

 

お気軽質問


  kimono  加飾加工 (柄足し、砂子、刺繍など)

 
汚れやシミを加飾でカバーする
しみや生地のかけつぎ跡など、しみ抜きや地直しではどうしても隠れない場合、柄を足したりして隠します。また、裄や身幅を出す際に柄が合わない場合も描き足して違和感がないようにします。
 
・柄足し(友禅)                                                          
  • 染料や顔料をつかってしみの上に柄を描いてしみを隠したり、身幅や肩裄を出す際に元の柄が切れたり合わない場合に、新たに柄を描き足したりします。樹脂胡粉加工なら着物を解かなくても加工可能です。(5,000円位から)
 
・箔加工

  • 【加工前】
    柄の中に細かなシミがあります。(拡大画像で確認できます)
    【加工後】
    染み抜きで落ちない場合は、柄の持ち味や雰囲気を損なわないように、金砂子を施します。目立つ場所のシミや、訪問着の無地場(柄足しができない場所など)には、適しています。

加工前

加工後

 

・刺繍
  • 焼け焦げや虫食いなど小さい穴あきがある場合は、刺繍を施して隠すことができます。また、かけつぎをした上に刺繍でて目立たなくすることもできます。

きものリフレッシュTOPへ