きもの用語辞典 

 見つからないときは新語掲載希望を
  

         

  

    

 

  

 
・あい
古代より「用いられている植物染料です。主に蓼藍と山藍の2種類が栽培されています。一般には蓼藍を指す。徳島県が主な生産地で阿波藍とも呼ばれます。自然の独特の色合いは、科学染料では味わえない為珍重されています。摩擦には弱い。
  
・あいあか 藍赤
江戸時代に武家の女性が打掛の下に着た赤色の小袖をいい、正式には綸子を使用した。⇒(間着)
  
・あいおいむすび 相生結び
紐の結び方の一種。⇒(あわびむすび)
  
・あいおおしま [藍大島]
藍大島とは、かつて鹿児島地方で生産されていた藍色の大島のことで、大島紬と同じ組織で、本絹糸を藍染めにした、絣糸で織られた絹織物。今では、色落ちが激しい理由から作られなくなった。
  
・あいおぼろ [藍朧]
藍朧返しともいう。浅葱(あさぎ)地に紺と白の模様が入り混じったにぎやかなもの。白地の型付けと地染まりの型付けを併用した染め方である。
 
・あいがた [藍型]
沖縄県の型染の一種です。「紅型」に対して、藍一色で染められる事から、この名称となっています。型紙、柄付け等は紅型と同じ傾向にあります。浸染にて染られる。「えーがた」と読む。
      
・あいがたうちくい [藍型うちくい]
うちくいとは風呂敷のことである。二布(ふたの)、三布(みの)の大風呂敷もあり、婚礼の布団包みに多く使われた。現在では民芸品として一般向きの小型の風呂敷を主に染めている。模様は松竹梅、牡丹唐草、菖蒲(あやめ)など。ふつう風呂敷の中央に大きく染める。紺地に浅葱(あさぎ)の模様で、模様の周囲を白線でくっきりと染め抜くのを特色とする。
  
・あいがめ [藍瓶]
染色用具の1つ。藍染をする時、染料液を入れる大きな瓶。藍壷ともいう。約130~360リットル入る。昔の中形や藍染の小紋はすべて、この中で浸し染めされた。
   
・あいがら [合柄]
合柄とは、柄と柄の間で同じ柄を繰り返し用いる柄または地紋のことをいう。
     

・あいき 間黄

江戸時代に武家の女性が打掛の下に着た黄色小袖をいい、正式には綸子を使用した。⇒(間着)
  

・あいぎ 合着

夏物と冬物の中間の時期に着る衣服をいう。和服では、厚地の着尺地の単、毛織単、単羽織、レースの半ゴート、白系の袷長者などを指し、洋服では、総裏でないのが特徴で合服ともいう。
    
・あいぎ [間着]
間着とは、江戸時代の武家女性が、打掛の下に着た小袖を指し、特別の行事に着る正式の間着は、黄色・白・赤の無地の綸子を使う為、それぞれ間黄(あいぎ)・間白(あいしろ)・間赤(あいあか)と呼ばれた。そして、普段は友禅染・絞り・刺繍などの施された、綸子や縮緬、紗綾などが着用された。また、間着には羽二重はぶたえの白い下着を重ねることが多かった。
   
・あいくち [合い口]
仕立て上がったキモノの縫目を境にした、模様と模様との合わせ目を合い口という。
      
・あいざらさ [藍更紗]
更紗の一種。室町時代の末にインド、シャム[タイ]、ジャワ、ペルシャ[イラン]などから渡来した模様染。藍染めによる藍色を主色とした更紗のこと。
   
・あいした [藍下]
染色技法のひとつ。前もって藍で下染めをしておき、その上を他の染料でもう一度染める。色の深みをつけ、堅牢度を高めるための方法で、主に黒や紺などの染色に応用されている。
 
・あいしたぐろ [藍下黒]
黒紋付を染める前に、青色の化学染料によって下染めを行った黒紋付を藍下黒といいます。
 
・あいじるし [合印・合標]
裁縫用語正確に縫い合わせるために、袖付け、衿つけなどの接合する両方の布の同じ位置に、それぞれつけておく印のこと。
   
・あいずり [藍摺り]
摺り染色法の一つで、布の面に藍を擦り付けて模様を染め付ける。この染め方で模様をつけた衣を、摺り衣という。山藍の羽を摺りつけて模様を出したものを特に青摺り、または青摺り衣という。
   
・あいぞめ [藍染]
藍は植物染料の一種。
日本で最も古い藍は山藍といわれている。その後中国から伝わったのが蓼藍〈タデアイ〉で、日本全国に伝わる。昔は草をそのまま乾燥して用い、水に入れて腐敗(発酵)する時の還元性を利用して生地に染めつけ、酸素による酸化で発色させていた。後には、乾した葉を大気中で水を打って腐敗させ、 〈スクモ〉を造って貯蔵し、さらに玉藍にして貯蔵していた。必要に応じて、そのつど利用する。
   
・あいだま [藍玉]
中国原産の蓼科の植物(蓼藍)の葉、茎を刈り取って乾燥しておき、水をかけて発酵させて熟成した蒅(すくも)を堅く固め、乾燥したものを藍玉といいます。藍玉は、約10%の青藍(インジゴ)を含んでいます。昔は運搬の便のために、5センチ角位に切って乾かしてあったので、玉藍とも呼ばれていた。
 
・あいづまはば [合棲幅]
合棲幅とは、着物の衿先の付止まりで衽幅のこと。普通、衽の裾幅より1.5センチ狭くする。現在の標準は、13.5センチである。
    
・あいばな [藍花]
藍液は生きているため、藍瓶の中で発酵するが、このためにできる泡のことを藍花という。
   
・あいづもめん 会津木綿
福島県会津若松市ほかで産出される木綿の名称。素朴な藍染の縞木綿。丈夫で吸湿性がよい。この地域では古くから自家用の木綿が織られていたが、商品としての会津木綿の始まりは、寛永20(1643)年頃に、会津藩主・保科正之が武士の妻女の内職に奨励したことにもとめられる。明治中期頃に紡績糸が出まわってから商品として本格的に市場に進出した。また、この地域は藍の栽培に適していたために、明治末期から大正にかけて生産の最盛期を迎えた。
   
・あいみじん [藍微塵]
縞柄の名称。微塵とは非常に細い縞をいう。経は藍染糸2本、地糸を2本を一柄として織り込んだもの。染縞としても、江戸小紋に微塵縞がある。
   
・あいゆかた [藍浴衣]
夏用の木綿の藍染浴衣をいう。中型ともいわれ、同じ藍染なのだが、藍染の木綿浴衣に対する特別な呼び名である。
   
・あおいもん [葵文]
文様名 →紋様のページへ
   
・あおかえでもん [青楓文]
文様名 →紋様のページへ
   
・あおじま [青縞]
経、緯ともに濃い藍染の糸を用いて織り上げた木綿の平織物。縞目もわからないほど細かい縞というところから、紺無地、織紺などの名称がある。
 
・あおずりのころも [青摺衣]
青摺衣とは、宮中の神事の際に舞人が着用する祭服で、斎服や小忌とも呼ばれる。袖の中央に紙縒(こより)がさげられ、右肩には二条の黒と赤の紐をつけられるのを特徴とする。青摺衣の呼び名は、山藍では紋様を青摺りにしたところから由来する。
   
・あおばな [青花]
友禅染の下絵などに用いる染料。青花紙、藍紙ともいう。露草の青い花の汁から得ることから、この名がある。青花は、露草の花汁を絞って和紙にしみ込ませ、乾燥させるという工程を繰り返して作る。これを水に溶かして、手書き友禅などの下絵を描くのに用いる。この色汁は水洗いで落ちるので、描き直しができるため、重宝されている。露草の花の色の変わりやすさは古くから知られ、「世の中の人の心はつゆくさの移ろいやすき色にぞありける」と歌にも詠まれている。現在は、化学青花も使われている。
   
・あおばん [青判]
生地に難がありA反(正反)にならない生地のことであり、反末の精錬後の検査印が青色で押してあるところからこのように呼ばれる。B反と同じ。
 
・あかいしおり [赤石織]
織物の名称
群馬県伊勢崎地方で生産した絹と綿の交織と綿織物の総称。縞柄が多い。明治中期に絶滅。
   
・あかし [明石]
明石縮のこと。
   
・あかしおり明石織
織物の名称
経(たて)・緯(よこ)ともに絹糸を使った縮(ちぢみ)織の盛夏用着尺地。明石織、明石縮(ちぢみ)(絹縮)ともいう。織物組織は、経糸に生糸、緯糸に練った強撚(きょうねん)糸を使う片しぼの絹縮。中国から撚糸技法が伝来し、近世初頭から各地で縮織が生まれたが、この技法は寛文(かんぶん)年間(1661~73)に播磨(はりま)国明石(兵庫県明石市)で織り始めたと伝えられ、地名が織物名となった。京都の西陣でも織られたが、その後明石の浪人堀次郎将俊(まさとし)が、技法を越後(えちご)に伝え、麻糸を素材とする麻縮(小千谷縮(おぢやちぢみ)、越後縮)を生み出した。1887年(明治20)ごろ新潟県十日町を中心に西陣の明石織を導入し、緯糸の強撚糸と仕上げ整理法を研究して絹縮生産に成功、十日町明石の名で知られた。十日町明石は(かすり)から縫取りや、両しぼのものまで改良を加え、1940年(昭和15)ごろまで織られ、その後市場から姿を消したが最近わずかながら復活している。
   
・あかしちぢみ [明石縮]
織物の名称
明石縮とは、明治20年頃から昭和15年頃迄の間、新潟県十日町付近で織られた絹縮の一種。西陣の明石織に改良を加えた夏季用の婦人着尺地で、縦糸に生糸、横糸に練った強撚糸を使った薄地の平織り。
  
・あかそがすり赤苧絣
織物の名称・滋賀県
麻織物の一つ。赤みを帯びた平織の白地絣のことで、もと、赤苧を原料としたことからの名称。滋賀県を主産地とした麻織物の一種。夏用着尺。後世には、紡績亜麻・大麻平苧をそれぞれ経緯に使い、絣には紡績亜麻を使った。綿と麻の交織もあった。
   
・あかね [茜]
植物染料の一つ。アカネ科の多年生つる草で、わが国の赤色染料として最も古い。染料として用いられるのは草の根で、色は黄赤色。主に絹をそめるのに用いられてきた。
   
・あかねぞめ [茜染め]
茜染めとは、茜の根で染めること、または染めたもの。古くは現在の静岡の遠州茜、岩手の「南部茜染・南部紫紺染」の名があった。あらかじめ糸や布に椿、さわふたぎなどの灰から採った灰汁に幾度も下づけをし、干し上げておき、茜の肥根を臼でつき砕き、ぬるま湯を加えてしぼり出した液をかけるかその液に浸して染める。無地染めのほか絞り染め、板締めに使う。日本で最も古い赤染めで、やや黄色みを含む鮮やかな赤で日光にも堅牢であり、衣料のほか旗指物などに用いられた。日本茜で染めたものは西洋茜(トルコ赤)ほど鮮やかではない。染料の扱い方が難しいため、中世以降しだいに他の赤色染料にその座を譲った。近世、茜木綿と称するものは本当の茜染めではなく、五倍子(ごばいし)の下づけの上に蘇芳(すおう)染めをしたもので、茜染めとは色相が異なり、紫みを帯び、くすんだ色を呈する。
   
・あきかみこ [安芸紙子]

織物の名称・広島県
安芸紙子は古い『毛吹草』にすでに登場し、『和漢三才図会』にも巻七十九安芸国土産の項に載せている。また『国家万葉記』の安芸国名物の中には「紙袍」「廣島にて作之」と見えている。この「紙袍」というのはいわば紙の衣装という意義で紙衣の代わりに用いた言葉であろう。この地には厚紙の一種として安芸産の「広島海田」がある。これは因幡海田紙(海田紙)と同法によって漉かれた厚紙である。周防産の岩国海田、備後、長門にも産したものであるから、多分それらの厚紙を広島城下で加工して「安芸廣島紙子」と称して販売したものではあるまいか。明治初年に上梓された「皇國産物略」(明治六年刊)と「日本物産字引」(同八年刊)のいづれも「安藝紙子」と見えているところから見ると、明治維新後までも引続いてこの国では紙子が製産されていたものと思われる。

 
・あきくさもん [秋草文]
文様名 →紋様のページへ
    
・あきたうねおり [秋田畝織]
織物の名称・
秋田畝織とは、秋田で織られるごく細かい桝目のような畝のある絹織物いいます。秋田八丈の柄の絹織物で、織が畝のように見えることから由来する。江戸後期に織られたのが初めと伝えられている。秋田八丈は平織が極めて多いが、昔の秋田八丈には畝織が多かった。羽織裏や紋服地に使用されていることから、今の畝織りよりも生地が薄かったようです。
 大正時代に途絶えたましたが、1953(昭和28)年に秋田市の滑川晨吉氏が復元。1980(昭和55)年に、秋田畝織は秋田八丈とともに、秋田県の無形文化財となり、滑川氏が指定技術保持者となりましたが、2003(平成15)年に滑川機業場は操業を停止しました。
    
・あきたはちじょう [秋田八丈]
織物の名称・秋田県秋田市
秋田地方で生産される「黄八丈」です。黄八丈に似ている織物は各地にありますが、伊豆の八丈島と秋田のものが直物染料によって糸染めします。伊豆の八丈は染料に刈安(かりやす)を使用していますが、秋田八丈は浜茄子(はまなす)の煎汁を染料に使います。現在は手機ではなく力織機によって織られています。
    
・あく [灰汁]
染料の媒染剤の一つ。木炭や藁灰などに水を注ぎ、これをろ過して作る。特に紅染めには必要。染色の効果を上げる媒染剤として、また、絹糸の精錬などに用いられる。
   
・あくあらい [灰汁洗い]
灰汁で汚れを洗い落とすこと。昔は選択にも用いられていた。
  
・アクリル
石油を原料とした化学繊維。絹のような光沢があり、ウールのような柔らかさを持ち鮮やかな発色性がある。堅牢度は良いが、ポリエステルに比べると、強度はやや落ちる。シワになりやすい。旭化成ではピューロン、三菱レーヨンではボンネルの名称で製造されている。
  
・あげ [揚げ]
長めに仕立てた子供のきものを、実際の寸法に合わせて背丈や裄丈を調整するための、摘み縫いの部分をいう。
     
・あげくび [盤領]
あげくびとは、埴輪(はにわ)や男の装束類にみえる衿形をいう。領は衿と同義語であり、盤は円形を意味するところから円形の衿をいう。
   
・あげはちょうもん [揚羽蝶文]
文様名 →紋様のページへ
   
・あげぼうし [揚げ帽子]
女性のかぶりものの一つで、御殿女中や上流階級の女性が、外出などの際に塵除けとして用いられていた。現在の花嫁衣裳の、角隠しの祖型である。
   
・あけぼのぞめ [曙染]
ぼかし染めの一種で、意匠の上の部分を濃くし、裾に向けて次第にうすくぼかしたものをいう。また、友禅染の裾の部分を12cmから15cmくらい白地のまま残して、模様染めした物を言うこともある。
   
・あこめ [袙]
袙とは、装束に用いる衣服の一種。装束の表着(うわぎ)単ひとえの間にこめて着る衣の略装。
    
・あさ [麻]
麻とは、亜麻(あま)、苧麻(ちょま)、ラミー、大麻、黄麻(こうま)、マニラ麻などの総称で、植物繊維である。衣料用としては亜麻、苧麻、ラミーが用いられ、繊維製品の品質表示ではこの3種類を麻という。主成分はセルロースで、かたく、伸びにくい。強い繊維で、しゃり味をもち、更衣料に用いられる。
      
・あさいと [麻糸]

大麻、苧麻(からむし)などの皮の部分を発酵させ、柔らかくして繊維状にしたものを紡績機、または手紡機を用いて糸にする。麻を糸にすることを績(う)むという。

   
・あさうらぞうり [麻裏草履]
草履の一種。藁表の草履の裏に、麻糸で編んだ紐を縫いつけたもの。
   
・あさおりもの [麻織物]
原料である麻繊維の種類によって、亜麻(あま)・苧麻(ちょま)・黄麻(こうま)・芭蕉(ばしょう)布など、さまざまな麻の織物があります。
麻の織物は上布(じょうふ)とも呼ばれ、代表的なものに「越後上布」「宮古上布」「能登上布」などがあります。風通しがよく吸湿性があり、盛夏用の着尺地・帯地に用いられています。
    
・あさがおもん [朝顔文]
文様名 →紋様のページへ
   
・あさぎもめん [浅葱・浅黄木綿]
綿織物の一種。浅葱色の無地の木綿。浅葱色は比較的薄い藍染の色で、やや緑を帯びたライトブルー。主に男物の裏地に用いた。
   
・あさぎうら [浅葱裏]
浅黄木綿の裏地。また、その裏をつけた男の衣類のこと。
   
・あさくさじま [浅草縞]
江戸時代、八王子で織られていたもの。 絹綿交織の紬織だったといわれている経 (たて) 糸にくず生糸、緯 (よこ) 糸に綿糸を用いた紬縞 (つむぎじま) 。女物。
 ※青梅は江戸時代、青梅縞という反物で有名だった。
 これはタテ糸に絹を使い、ヨコ糸に木綿を打ち込んだ、交織の織物だ。
 一見すると庶民にも許された木綿布だったが、絹のしなやかさを持ち合わせた独特の風合いで、
 全国に知れ渡っていたという。
 糸は紺屋が藍染し、農婦たちが手機で織っていた。
   
・あさのは [麻の葉]
文様名 →紋様のページへ
六個の菱(ひし)形を一つにまとめて放射状とした単位模様を順次続けた割付文様の一つ。各菱形に対角線を加えることから、葉脈のある植物の葉を想起し、とくに形態上の類似から麻の葉に見立てたもの。すでに平安時代には仏像に截金(きりかね)で装飾した文様に多くの例がある。江戸時代の染織文様として人気を得、絞り染めや小紋染めなど多様である。 
    
・あしかがめいせん 足利銘仙
栃木県足利市で産出される先染織物の一種。綿銘仙、絹綿交織の文化銘仙で有名です。足利地方では平安時代にすでに足利絹が生産され、室町時代には旗地として用いられていました。
明治から大正にかけては伊勢崎、秩父、八王子と並ぶ銘仙産地として繁栄、とくに文化銘仙は人気がありました。現在足利では、銘仙に代わりトリコットの生産がさかんです。
   
・あしぎぬ [絁]
経〈タテ〉・横〈ヨコ〉の糸が、太細入り混ざった不揃いの平組織の絹。粗悪な絹という意味もある。
   
・あじさいもん [紫陽花文]
文様名 →紋様のページへ
   
・あしつけ [足付け]
一般に、黒の地色に用いるぼかし染めのことをいう。
   
・あしでもん [葦手文]
文様名 →紋様のページへ
   
あしぷみき [足踏機]
織機の一種で足の運動だけで綜桃(そうこう)、筬(おさひ)、抒を操作するもの。それ以前の.バッタン機に比べて、手の操作が楽になった。手機(てばた)から力織機への過渡的な織機といってよい。一八〇二年、イギリスのレイデクリフが発明、わが国では明治二年(一八六九) に中津川藤吾が考案し、第一回内国勧業博覧会で受賞したのが最初といわれている。
    
・あしもん [葦文] 
文様名 →紋様のページへ
  
・あしらい
友禅染のなされた模様の部分に、ワンポイント的な刺繍や金加工を加えることをいう。
   
・あじろもん [網代文]
文様名 →紋様のページへ
   
・あずまえりながじゅばん [東衿長襦袢]
長襦袢の仕立て方からの名。通し衿仕立ての長襦袢のことをいう。主に関東地方で用いられていた仕立てかたのため、関東仕立て、東京仕立てとも呼ばれている。
   
・あずまコート [東コート・吾妻コート]
女物の防寒コートの旧名。江戸時代に雨ゴートとして用いられていたものが改良され、明治の中ごろに東京で大流行したのでこの名がある。衿の形は道行きやヘチマ衿がほとんどで、現在では、単に和装コートと呼ばれている。
    
・あぜおり [畦織]
畦織りとは、平織りから派生した変化組織の一つで、畝織りともいう。布の表面に畝が見られる。
  

・アセテート

化学繊維の名。酢酸セルロース系の化学繊維で半合成繊維に属する。レーヨンなどの普通人絹系に比べて、弾力性や耐水性に富み、絹に似た手触りがあり、染め上がりが美しいことから、さまざまに用いられている。
 
・あせとり [汗取り・汗除け]
汗取りとは、夏季、肌に直接着て汗を吸い取るのに用いるもの。装束に用いるものと、江戸時代末期にできた民間で襦袢の下に着用するものとがある。
   
・あたまづれ [頭擦れ]
縮緬等でシボの上の部分にスレが出ていることでシボズレとも言う。スレた部分は毛羽立っているために光の反射が異なるので白っぽく見えることが多い。煮染(たきぞめ)の染色や水元時に、生地がこすれたときに生じやすい。ビロードに落花生油を浸ませて軽くこすると目立たなくなる。
   

・あたり

模様をどこに置くか等の目安をつけること。位置づけ。
   
・あついた・あついたおり [厚板織り]
厚板織りとは、平織りの地組織に、絵緯(えぬき)によって文様をあらわした織物の一種。絵緯には、練染め糸、金銀糸などを使い、織り面に浮かせるが、その浮きが長いと弱くなるので、別からみ糸によって部分的におさえ、堅牢にした地厚の織物。婦人用の帯地、袋物地などに用いられ、また能装束のなかで、男役、あるいは荒神鬼畜の着付けに用いる。
   
・あつしおり [厚司織り]
織物の名称
もとは、アイヌ民族が衣服に用いた織物をさす。オヒョウ、シナノキなどの樹皮から採った繊維を原始的な居坐機(いざりばた)で織った厚地の織物です。漂白せずに、自然色のままで用い、アイヌ独特の模様をアップリケや刺繍によって施したもの。
     
・アップリケ
手芸用語。布地に異なった小裂を縫い付けたり、貼り付けたりして模様を表現する手芸のこの。着物では趣味のおしゃれ着、帯、羽織などに用いられる。
   
・あづまコート [吾妻(東)コート]
→あずまコート 
     
あつらえぞめ 誂え染
生地・柄・色・加工方法等を好みに応じて染めることをいう。別誂え(染)や誂えと呼ぶ場合もある。主に、色見本や柄見本から、好みの色・柄を選択し、寸法等を指定して染色すること。
   
・あつわた [厚綿]
厚綿とは、歌舞伎衣装の仕立て方の一つで、舞台上の人物を大きく見せるために、衿などにかたく綿を詰めて棒状にし、着用者の役柄を誇張して見せるように構成されたもの。
    
・あてぬの 当て布
アイロンがけの際使用する布。布地が焦げないようにする為、布地の上に置いてアイロンを当てる。あてぎれともいう。
    
・あとぞめ [後染め]
織り上がった白生地に後から染加工すること。
     
・あとねり [後練り]
後練りとは、生糸を織ったあとに練ってセリシンを除いて練織物にするエ程をいう。羽二重、縮緬は後錬りである。これに対して、生糸を練ってから織る場合を、先練りという。
   
・あとねりしゅす [後練り繻子]
後練り繻子とは、生絹を織ってからのちに精練した繻子織物。生繻子ともいう。ふつう先に錬った絹糸を織ったものを本繻子というのに対していう呼称である。
     
・あとべら [後標]
先標が縫う前に全ての標をし終えておくのに対し、後標は縦べら(丈べら)だけを先にして、縫いながら次々に次の幅べらを当たって行くへら付けの方法。先標は関西式、後標は関東式と言われる事もある。
    
・あとゆうぜんかこう [後友禅加工]
友禅染工程のうち、地染をした後に、挿友禅などをしていく加工工程をいう。
   
・あべかわかみこ [安倍川紙子]
織物の名称・
三大紙衣産地として名高い駿州安倍川紙衣は別名「賤機紙子」とも呼ばれ、静岡県北方にある賤機山麓付近で紙子の縮緬細工などが製作された。
   
・あぼしもん [網干文]
文様名 →紋様のページへ
   
・あまいと [亜麻糸]
アマ科に属する植物の繊維を紡績して作った糸のことをいう。
   
・あまぎしぼり [甘木絞]
甘木絞とは、福岡県甘木地方の絞り染め。簡単な鹿の子絞りを連続させて松や城などをあらわした藍染めの和服地や夜具地。
   
・あまくささらさ [天草更紗]
更紗は、15世紀の初期にも明(中国)よりわずかに輸入されていたが、本格的に輸入されるようになったのは、南蛮船が渡来した室町時代末期からである。江戸時代も中期になると、渡来更紗を模して、「鍋島更紗」、「長崎更紗」、「堺更紗」、「京更紗」などの和更紗がつくられるようになった。
熊本県本渡市周辺で産出された「天草更紗」もその中のひとつで、オランダ人、および京都の職人から染色技法を習得した金子為作と森伊衛門により、文政年間(1818~1829)の頃に始められた。その後、明治初期まで染められたが、明治二十年代に途絶えた。昭和初期に中村初義氏により復興され、現在その伝統は、初義氏のふたりの子息にうけ継がれている。
  
・あまこーと [雨コート]
雨の日の外出時に、長着の上に着用するコートをいう。(=和装レインコート)
   
・あまさぎぜんまおおり [天鷺ぜんまい織り]
織物の名称・薇白鳥織の復元→ぜんまい白鳥織を参照
   
・あみいとつむぎ 網糸紬
織物の名称・滋賀県
縮仕上げのきめこまかな風合いと独特の絣模様をもち、清涼感のある上等な麻織物。琵琶湖の水で麻を晒して染色し、平織する。
高宮地方(現在の彦根市近辺)は古くから大麻栽培のさかんな地域で、室町時代には高宮布として献上品、土産物に用いられていた。
江戸時代になると、彦根藩が近江麻布の品質の向上にのりだし、天明年間(1781~1789)に近江麻布改役所を設けた。幕末には板締め絣が織りだされて、この地方は麻織物の一大産地としての名を高めた。伝統的に手紡ぎ糸が使われていたが、明治10年頃、亜麻紡績糸に変わり、明治末にはラミー糸に変わって、現在に至っている。
   
・あみおりつむぎ網織紬
織物の名称・滋賀県
江戸中期、この地域は養蚕が盛んだったため、琵琶湖では絹の漁網が使用され、使い古したもの を糸にして織り込む織物が生まれた。地域特産の生糸や日本各地の糸を縦糸に、漁網から作った糸を横糸にして織り上げていく。網を切った時のひげ状の切り口が反物の表面に出る、独特の風合いがある織物である。漁網が化繊に変わってからは、絹糸製の漁網を特注している。漁網のひげを表面に出す作業に熟練の技を要する。
   
・あみぎぬ [編衣]
編衣とは、阿弥衣とも書き、山村衣服としては「あんぎん」ともいう。藤の繊維を経緯の糸にして、駒糸で米俵を編むように編み上げたもの。鎌倉時代に踊念仏の際に用いられ、南無阿弥陀仏をとなえることによって人間は極楽に行けるところから、編衣を阿弥衣にあてた。豪雪地帯の新潟県魚沼郡松之山や秋成などの山村では、明治のころまで仕事着の上に袖なしの「あんぎん」をはおって労働した。
   
・あみめもん [網目文]
網目文とは、漁などに用いる網の、編み目を図式的にあらわした割付文様の一種。江戸時代を通じてしばしば多樣に用いられた。また陶磁器には染付けの文様がよく知られている。
   
・あめがすり [雨絣]
絣柄の名。経糸だけで模様を織り出す小絣の柄。小さな絣が経に切れ切れに走っているため、雨が降っているように見えるところから、この名がある。雨縞ともよばている。
   
・あや [綾]
糸の入り交じった状態をさす。このことから転じて織物三原組織の一つである斜文組織、あるいは綾織りをさすことになっているが、もとは歴史的名辞として使われることが多い。
織面に経糸・緯糸により綾目が斜めに連なって現れる織物。経糸・緯糸、それぞれ三本以上の組織(三本の場合は「三枚綾」)がつくられるので平織に比べて緻密に厚くでき、風合いが柔らかく光沢に富む。ただ「綾」と言えば無地、「文綾」と言えば有文の綾地を指すこともある。
 
・あやおりもの [綾織物]
経糸と緯糸が浮いて、交差する部分が織り面に斜めに向って配列された織物で、「平織り」「繻子織り」とともに織物三原組織のひとつです。「斜文織り」とも呼ばれています。
経糸と緯糸が浮いて、交差する部分が織り面に斜めに向って配列された織物で、「平織り」「繻子織り」とともに織物三原組織のひとつです。「斜文織り」とも呼ばれています。
平織りよりも強さは劣りますが伸縮性があります。糸の交錯方法により、いろいろな斜文があり「正則斜文」「変化斜文」に大別されます。さらに「破れ斜文」「山形斜文」などがあります。
      
・あやかいき [綾甲斐縞]
綾甲斐縞とは、絹織物の一つ。綾組織の甲斐絹。表面が平滑で光沢があり、裏地、夜具地、座布団地、風呂敷地、洋傘地などに用いられる。
   
・あやぎぬ [綾絹]
綾組織(斜文織ともいう)で織られている絹織物のことである。主の裏地として用いられている。
  
・あやこくら [綾小倉]
綾小倉とは、綾組織の小倉織。霜降り、紺無地などの綿織物で、学童服、学生服などに用い、実用的、耐久的な織物である。
    
・あやじあや [綾地綾]
地も文も三枚綾で織られた綾織物。しなやかで光沢がある。五衣などに用いられる。
   
・あやちりめん [綾縮緬]
綾縮緬とは、縮緬はふつう平織りであるが、これを綾組織にしたもの。手触りが柔らかで光沢に富む。主として和装用。
   
・あやなみおり [綾浪織り]
綾浪織りとは、絹織物の一つで、変わり織り紋縮緬。昭和初期に京都府の丹後地方で製せられ、色無地に染めて羽織やコート地に用いられた。
   
・あやにしき [綾錦]
綾も錦もともに美しい絹織物のことを指す総称である。多彩な帯や着物、紅葉の鮮やかさに対する形容詞として使われている。
  
・あやのてつむぎ [綾の手紬]
織物の名称・宮崎県東諸県郡綾町
真綿の手紡ぎ糸を植物染料で染め、手織で織った絹紬織物。琉球ふうの雰囲気がある。
昭和二十六年に秋山常磐氏により創出された新しい織物。
自宅近辺の原生林から植物染料の豊富な材料が得られることと、染色に適した水にも恵まれることに気づいた秋山氏が自然を活かして創作したのが、綾の手紬である。秋山氏の熱意が綾の手紬をはぐくんでいる。
   
・あやめかたびら [嘗蒲帷子]
嘗蒲帷子とは、帷子の一種で、江戸時代初期から、たんごの節句の時季に着用する単衣<ruby><rb /></ruby>をいった。菖蒲湯惟子とも菖蒲浴衣ともいう。
  
・あやめぽうし [菖蒲帽子]
菖蒲帽子とは、野郎帽子の一つ。元禄年間ころ、歌舞伎の女形の芳沢あやめが用いはじめた紫帽子。名称は女形の名からのもの。
  
・あやもめん [綾木綿]
綾木綿とは、綾織りの綿布の総称。狭義には、太縁、ドリルなどの綾綿布をさすことが多い。いずれも生地のままで用いたり、染色など加工をほどこし、衣料のほかに各種の用途に広く使われる。
  
・あやろ  [綾絽]
綾絽とは、絽の一種。斜文織りになっていて、普通の絽の平織りに比べて外観の変化に富み、装飾的である。
   
・あゆい [脚結]
脚結とは、5、6世紀ごろの古墳時代の男子人物埴輪像にみられる、衣袴(きぬばかま)の袴の膝関節の下をひもで結束すること。このひもを脚結の紐という。これは袴の筒がだぶだぶしているので、歩行に便利なように脚に結びとめたことによる。
   
・あらいしゅ [洗い朱]
朱をやや薄くした色合いからこの名がある。着物の地色として人気があり、広く愛用されている。
  
・あらいぞめ [洗い染]
染め色の名。うすい紅色のことで、荒い染は、紅の色を洗ってあせた色の意味がある。
 
・あらいそもん [荒磯文]
文様名 →紋様のページへ
     
・あらいそどんす [荒磯緞子]
荒磯緞子とは、名物裂の一つ。古渡り上等の名物裂で、古来とくに有名。竜門を越えた鯉は竜と化すという中国の故事にちなみ、萌葱地に金茶で波間に躍る鯉を織り出した吉祥文。それを和様に荒磯と称した。経緯の糸が強力に撚られて組織され、布面に凹凸をつくっている。古渡りから近世に至るまで優劣さまざまなものが現存する。
    
・あらいはり [洗い張り]
きものの手入れの1つ。汚れたキモノや布地をほどいて洗い、板に張ったり伸子を張ったりしてしわを伸ばし仕上げる。
     
・あらししぼり [嵐絞り]
嵐絞りとは、巻絞りの一つ。棒絞り、棒巻き絞りともいい、直径20cm、長さ5、6mぐらいの丸棒に布を斜めに巻きつけ、その上を綿糸で細かく螺旋状に巻き、布を樟の一端に押し詰め、次々と棒いっぱいにこの工程を続けてそのまま藍染めにする技法。愛知県鳴海地方の代表的技法。浴衣染めに多用した。
    
・あらたえ [荒妙]
荒妙とは、藤、緒こうぞ、稗かじなどの木の皮の繊維を採取して糸にして、織った織物類を一般に妙という。そのうちで、やや粗く太い糸で織ったものを荒妙とよんだ。奈良時代前後に用いられた衣料の一種。
   
・あらだち [荒裁ち]
地直しのすんだ反物を寸法に合わせて裁ち切り寸法で裁ち分ける事。へら付け前の和裁の一工程。
      

・アラベスク

装飾模様の一種。元来はアラビア風装飾の意味であったが、現在はアラビア文様や、これより変化した模様まで含む総称である。典型的な回教美術の優雅な曲線の唐草模様なのだが、一般には植物をモチーフに、線がもつれ合った唐草模様のことをいう。
   
・あられがすり [霰絣]
絣柄の名。経、緯糸ともに絣糸で織った絣模様の小さな四角形が、霰に似ているところからこの名がある。
   
・あられもん [霰文]
霰文とは、色の異なる方形を交互に並べた文様。江戸時代には市松文様として人気を得た。また大、小の円粒形を随意にいちめんに散らした文様のこと。
     
・ありあけてんさんつむぎ [有明天蚕紬]
織物の名称・長野県松本市穂高町有明
天蚕は、山繭とも呼ばれるヤママユガ科の昆虫の繭。この天蚕の繭と家蚕の繭からとった真綿を合わせて手で紡いだ糸を緯糸に、絹糸を経糸に用いて織る。絹なりがして、上品な薄緑色の光沢がある。軽くて丈夫であたたかい。天蚕の飼育は、天明年間(1781~一1789)に有明地方のクヌギ林で始まった。
文政年間(1818~1830)には商品として軌道にのり、明治初期から中期にかけては有明村の農家の50パーセントが天蚕飼育農家となり年間八百万粒の繭を生産するほどになった。しかし明治時代の後期から、害虫の発生や焼岳の噴火灰などが原因で衰退した。
天蚕自身が病気に弱いことや、戦後、天蚕の主食であるクヌギ林が減少したことなどから増産は難しいが、関係者の努力により、現在でも少量ながら天蚕繭が生産されている。
なお、100%天蚕の紬はない。天蚕紬の繭の混合率は、天蚕一粒に家蚕十粒の割合である。古代あしぎぬは天蚕の糸で織ったものと考えられる。
    
・ありすがわにしき [有栖川錦]
有栖川錦とは、名物裂の一つ。有楢川錦には数十種の裂が伝わるが、いずれも太い木綿糸を厚手の錦地に組み、文様は強い斜め格子のなかに種々の動物を直線的にあらわしたものである。色彩も赤、茶、白、黄、藍、緑などを大胆、巧妙に配し名物裂中異色である。強靭な織り風や直線的な文様表現は中央アジアから小アジアまでのものを思わせる。
     
・ありすがわもん [有栖川文]
文様名 →紋様のページへ
   
・ありまつなるみしぼり [有松鳴海紋]
有松紋とは、有松地方(現在の愛知県名古屋市緑区有松町)で産出される木綿絞り。1610(慶長15)年、名古屋城築城の際、工事に来ていた豊後の人たちの着ていた絞り染めを、有松の竹田庄九郎が木綿を用いてまねてつくったのが始まりという。現在、100をこえる種類があり、浴衣などで代表される。
 
・あわしじら [阿波正藍しじら]
織物の名称・徳島県/徳島市 
徳島県(阿波)で生産される、特産の藍で縞に染めた木綿の織物です。縦方向に縮のようなしわがある夏用の織物で「阿波縮」「綿縮」ともいいます。
この地に住んでいた海部ハナ(天保2~大正8年)が、織り上げた反物を雨で濡らしてしまい、そのまま乾かしたところ生地に凹凸が生じました。この偶然の発見を元にしてさまざまな工夫を重ね、縮のある織物を完成させたといわれています。現在は力織機を中心に大量生産されています。
阿波しじら織は、18世紀の末に阿波地方で盛んに織られていた「たたえ織」という木綿縞に、明治時代の初めに、改良が加えられて織られるようになったものです。改良のきっかけについては色々な説がありますが、いずれの説も、濡れた布地を、そのまま日光で乾かしたところ、布の面に自然な面白い縮が出来たのを発見したのがきっかけだと言われています。
      
・あわせ [袷]
裏をつけて仕立てたキモノの総称。袷羽織・袷長襦袢なども含む。男物袷の裏は通し裏。女物は胴裏・裾回しを用いて仕立てる。
    
・あわせばかま [袷袴]
袴の一種。裏を付けた袷仕立ての袴。昔は多かったが、現在では日本舞踏の衣装等特殊なものは別として殆ど見ない。
   
・あわちぢみ [阿波縮]
→あわしじら
   
・あわびむすび [阿波縮]
紐の飾り結びの一つ。水引きの基本形で、一般慶事やその他一般儀式用に結ばれる。淡路結び、相生結び、葵結びともいう。
 
・アンサンブル [ensenbli]
和服の場合は1対である事を意味するフランス語。和製英語風にA・S.と略する場合も有るが、本来は誤り。普通は長着と羽織。又は長着とコートの対をいう。
   
・あんどんばかま [行灯袴]
袴の一種で、マチのない袴のこと。マチのある馬乗り袴に対する言葉。筒型の形が行灯に似ているところから、この名前がある。
   

このページTOPへ

この用語集は日本繊維新聞社「新語服に強くなる本」アシェット婦人画報社「きもの用語事典」等から引用しています。