きもの用語辞典 

 見つからないときは新語掲載希望を
  

         

  

    

 

 

 
・さいし [釵
宮中女官の髪飾りの一種。①中国の隋・唐よりもたらされた二本足の簪(かんざし)。木、金、銀、銅などで作られ、2本を1組とする。古代の宝髻(ほうけい)や中古の蔽髪(へいはつ)にさして用いた。②近世、女房晴れ装束を着用する際、御垂髪(おすべらかし)の前髪に飾る鍍金(めっき)の平額(ひらびたい。中古の蔽髪)をさす。
  
・さいで [裂帛・裂楮
昔、布帛の切れ端のことを呼んだ。

   

・さいわいおり幸織
織物の名称・
絹織物の一つ。組織は、博多織と同じだが、同じ杼口に緯糸一本を打ち込む代わりに、数本連続して並行に打ちこんだもの。 西陣で織られた博多織に似た光沢ある帯地。
   
・さかきじ [逆生地]
元来、追い裁ちにして一定方向を向くべき生地が、天地反対になること。又は反対になっている生地。
    
・さかいだんつう [境段通]
大阪府堺市で産出される綿製の手織文様敷物のこと。天保2(1831)年頃、堺の町人で糸物商「藤本荘左衛門」が鍋島緞通と中国製の敷物を模倣して織りだしたのが、堺緞通の始まりだといわれている。明治時代に織機(竪機)が改善されて大幅緞通が織りだされるようになり、明治30年頃には、製品の多くは外国への輸出用となった。第二次大戦後、手織緞通は機械織になり、現在は羽毛緯に羊毛を用いて織られている。
 
・さがにしき [佐賀錦]
織物の名称・佐賀県佐賀市
平織または綾織の、華やかな織物。金銀の箔紙や漆を塗った和紙をこまかく裁断したものを経糸に用い、緯糸には多彩な絹糸や金銀紙を用いる。
起源には諸説があり明らかではない。ある説によると、江戸時代に、京都から小城藩鍋島家に嫁いだ女性が、京都の紙遊び細工から網代組を織りだし、それが御殿女中の手芸として発達したのだとされる。また別の説では、鹿島鍋島藩の九代藩主夫人・柏岡が病床にあったとき、天井の網代組からヒントを得て、こよりで網代模様を織ったのが始まりとされる。
佐賀錦は、初めは和紙と和紙、あるいは和紙と木綿糸という組み合わせだったが、やがて改良されて現在の形式となった。「組錦」「御組錦」「鹿島錦」と呼ばれた時期もあった。
藩内で守られてきた技法は、明治維新の廃藩置県のために一時途絶えたが、佐賀出身の大隈重信夫人の尽力により復興され、現在に至っている。
  ※鍋島家 肥前藩の藩主。のちに、肥前近郊の小藩である小城藩、蓮池藩、
   鹿島藩も治めた。つまり肥前、小城、蓮池、鹿島のどの藩も鍋島家を藩主に
   もつ兄弟のような藩である。佐賀錦が鍋島家の所領のいずれかの藩で成立
   したことは確実であるが、それぞれの藩に佐賀錦の起源を物語る逸話があ
    るので、確定が難しい。
   肥前藩は江戸開幕時からの藩。小城藩は一六一四年に鍋島勝茂(のちの肥前藩主)の子、
   元茂が分封されたことに始まる。蓮池藩は一六三六年に鍋島直純が分封されたことに始まる。
   
・さきぞめ [先染め]
織物を織る前に原料糸を、精錬・染色してから織ること。あるいは、その織物のこと。
      
・さがらぬい [相良繍]
刺繍技法の1つ。布表面に結び玉を作り繍う方法。男物の縫紋や小鳥の目などに用いる。この技法を変化させたものも多い。相良刺繍ともいう。
  
・さきおり [裂織り]
古い織物を細く裂き、緯糸に使って製織した織物。厚手で丈夫なため、仕事着などに用いられた。貴重な国府の再利用の一手段であったが、味わいのある風合いや無作為に現れる色調のおもしろさが好まれ、今では趣味の織物として帯などに用いられる。
  
・さきぞめ [先染]
染織用語。布地に織る前、糸の状態で染めてから織ったもの。または、その織物のことをいう。後染織物の反対である。御召をはじめ、紬、上布、絣など、いわゆる織りのきものは「先染織物」である。先染めのものは丈夫で実用性に富んでいるところから、街着や普段着に広く用いられているが、礼装には用いない。しかし、近年は先染めの訪問着風の御召や紬織物があり、社交着に使うようになっている。
   
・さきねり [先練]
織物にする前の生糸の状態で、不純物であるセリシンなどを取り除く。精錬の作業をすることをいう。先練りの織物には紬やお召しなどがある。
   
・さきべら [先標]
後標が縦べらだけを先にして縫いながら幅べらを当たっていく方法であるのに対し、縦べら、幅べら両方全てを縫う前にへら付けしていく方法をいう。後標は関東式、先標は関西式と呼ばれることもある。どちらにも長所、短所があってどちらがよいともいえない。学校の家政科では先標方式をとっていることが多い。
    
・さきゆうぜんかこう [先友禅加工]
糸目糊置をして、地色を染める前に友禅加工する工程を指す。
 
・さくさんし [柞蚕糸]
柞蚕糸には、野蚕糸がもつ粗野な魅力と独特の色艶のほかに、ヤママユガ科のみに見られる多孔性繭糸(生糸は緻密性繭糸)としての特性があります。多孔性であるため、繊維の中に空気を取り込むことができ、保温・保湿性に優れていて夏は涼しく、冬あたたかい調温機能があるといわれています。
   
・さくさんつむぎ [柞蚕紬]
織物の名称。紬の一種。経緯ともに柞蚕糸を用いた織物。信州(長野県)や越後(新潟県)の見付地方で産したが、現在はほとんど生産されていない。
   
・さくしゅうがすり [作州絣]
岡山県津山市一帯で生産される絣の織物。紺木綿の絵絣で、絣の白糸がはっきりとしているのが特徴。鳥取県中部の倉吉の絵絣が始まりで、倉吉から津山へ嫁いだ女性が第二次世界大戦後に織ったものが作州絣と呼ばれるようにった明治以前は、自家用の木綿織物が織られる程度だった。明治中期になると、倉吉絣の技法をもとに絵絣の生産が始められたが、昭和になると衰退した。昭和26年に、織元である杉原博氏が地織絣の伝統を復興した。作州絣の名は、市場に出すためにそのときにつけられたものである。
   
・さくらもん [桜文]
文様名 →紋様のページへ
   
・ざぐりいと [座繰り糸]
繭から生糸をとる場合、機械を用いず手で糸を引き出し、座繰り機(糸を巻きつける道具)に巻き取る方法で作る糸のこと。機械製糸に比べて、野趣のある独特の織味となる。略して座繰りともいう。
   
・さげおび [下帯・提帯]
帯の一種。江戸時代の公家や武家の女性が夏用に用いた帯で、主に帷子(かたびら)の上に締めた。
    
・ささづま [笹褄]
着物の褄の角の細く尖っているもの。笹の葉のように尖っていることからこの名がある。
   
・ささひだ [笹襞]
袴のひだの形をいい、笹の葉の形をしているのでこの名あり。男袴では前、女袴では前後両方にとる。いずれも紐付け位置から相引きの上までのひだである。
   
・ささもん [笹文]
文様名 →紋様のページへ
   
・ささふねもん [笹船文]
文様名 →紋様のページへ
   
・ざざんざおり 颯々織
織物の名称・静岡県浜松市
玉糸と紬糸が織りなすウールのような地風の絹織物。
平織と綾織があり、柄は、大柄な縞と格子が主体。厚手の手織紬で、紬織を現代感覚で織りだしたもの
古くから遠州木綿の産地だった浜松の織物産業も、大正末期の経済不況により衰えた。
ざざんざ織は昭和初期に、節のある絹の玉糸と真綿から手引、手織したユニークな織物が考案されたことに始まる。考案者は平松実氏で、平松家は代々、遠州木綿の織屋であった。
ざざんざの名は室町幕府の六代将軍・足利義教が狂言「茶壺」の、「浜松のおとはざざんざ」と謡った「颯々の松」から名づけられたといわれている。この故事からざざんざ織は、また、茶道の関係者に人気がある。ざざんざ織は、昭和の新伝承織物といえる。
    
・さじかっぷ [佐志葛布]
織物の名称・佐賀県唐津市
古来葛は衣食住万般にわたる有用植物として重宝がられたものである。木綿が普及したあとも,山間離島に葛布の紡織が残っているのも決して不思議なことではない。佐志は,佐賀県唐津市の農村地帯である。数年前までほ数人の姐が葛布を織っていたが,現在では技術の伝承者は一人だけである。
葛の茎から採った繊維で織った名古屋帯です。葛布といえば、主な産地として静岡県掛川市が有名なのですが、当地の葛布はそのほとんどが経(たて)糸に絹を用いています。つまり原材料の約半分は絹ということになります。それとは対照的に、コチラ唐津で細々と、丁寧に織られたこの葛布はそのすべてが葛の繊維からできています。しかも織り、糸の染めまでコダワリを見せるこの作品、写真でうまく表現できていないのは残念ですが、あのゴツゴツした葛の茎からは想像を絶するしなやかさと光沢です。お目にかかることがあれば是非お手に取ってその温もりをお確かめ下さい。
   
・さしこ [刺子]
綿布を重ね合わせて、一面に一針抜きに細かく縫ったもの。衣類を出来るだけ長持ちさせる為に入念な繕刺が必要でありその技法を刺子という。使用の激しい衣類の補強としてあらかじめ新品のうちに刺し縫を施しておく方法。柔剣道着や消防服にみられる。民芸品として帯や着物に応用されている。また、刺子のような外観の刺子織というおりものもあり、風呂敷や座布団などに用いられている。
   
・さしこぎん [刺しこぎん]

刺しこぎんは青森県弘前市付近を中心に中、南、北の各津軽郡の農村で古くから行われた土地独特の風習に育った民芸品で、そのすぐれた刺繍技術は世界的にも認められている。半年は雪に埋もれて暮す主婦や娘たちは、耐久力と防寒のため野良着の胸と肩の部分を麻地に木綿糸をもって精巧な幾何学模様を刺し続けていた。それは質素ではあるが、不思議にも独特の風趣とパターンの華やかさを表しており、しかも生地は万遍なく補強するので強靭な労働着となった。その刺繍法【(小衣刺=こぎんざし)・織り糸をすくってできたもよう】を新しい材料により今日の用に生かそうとしてなったのが津軽こぎんといわれるいわゆる小物類だが、茶羽織、帯地、ハンドバッグなどがある。

  
・さしこばんてん [刺子半纏]
刺子を施した丈夫な半纏のことで、主に火消しや鳶職が用いた。
   
・さしぬい [刺し繍]
刺繍技法の1つ。模様の輪郭線上に針足を揃え、内側へ刺し込み、色の濃淡、糸の太さなどで変化をつけ、絵画的な花や鳥などを表わすのによく用いられる。
   

・さしぬき [指貫]

中古に用いた男性用の袴のこと。裾を紐で指し貫き、すぼめて着用したところからこの名がある。紐を膝の下ですぼめる場合は上くくり、かかとの上ですぼめる場合は下くくりといい、くくり緒の袴、奴袴(ぬばかま)などとも呼ぶ。主に綾絹や平絹で仕立てられた。
     
・さじもめん [佐治木綿]

丹波布のこと。明治の末頃まで地元では佐治木綿とか佐治紬・佐治縞、縞貫といわれてきたもので、 近くの畑からとれる綿を紡いで糸としハンノキやヤマモモの木の皮や栗の実の皮等の草木で染めそれを織ったものをいう。木綿の織物の緯糸に絹のつまみ糸を交織し、色目は藍、茶、緑の濃淡に白を含めた四色の見事な組み合わせによって織られた美しい縞織物です。明治末期には途絶えていたものを戦後になって「丹波布」と称して復元されるようになった

   
・さしぶせ [挿し伏せ]
ゴム糸目と、糊伏を合わせた加工方法の総称。
    
・さしふせゆうぜん [挿伏友禅]
「書染友禅」の一種。所要の模様を順次彩色していくことである。まず、青花で下絵を描き、そのまわりを糯糊(こめのり)で囲んで他の部分と混じらないようにし、その上に糊をかぶせて(伏糊=ふせのり)から織物全体に染料溶液を「引き染め」して地色染めし、最後に水洗いして糊を落す。
   
・さしわけちゅうがた [差し分け中形]
注染中形の一技法。中形(浴衣)は、普通、藍の一色染だが、模様を複数の色をつけて表現したいときに、部分的に色を差して別染することをいう。多色染の中形の染色方法。
  
・さだめこもん [定小紋]
江戸時代に各大名が、それぞれの藩専用の小紋柄を裃に染めて、登城するときに着用したためにこの名がある。裃小紋ともいう。
  
・さっかー [サッカー]
縬織(しじらおり)といって経糸の幾本づつかを長くしておいて、製織の際これをたるませ布面に凹凸を起こさせて特殊な柄合いを出すとともに、冷涼な感じを起こさせるもので、主として盛夏の婦人服地に用いられる。柄は格子や縞が多い。和服では夏季の浴衣地などに応用される。
   
・さつまがすり [薩摩絣]
織物の名称・宮崎県都城市/鹿児島県鹿児島市
薩摩(現在の鹿児島県西部)で織られた絣の木綿織物で、「琉球絣」を元にして織られています。藍染めの経緯絣で、紺地や白地の精緻な絣柄が特徴の最高級品で「紺薩摩」とも呼ばれます。
藩政時代、琉球は薩摩藩の統治下にあり、琉球の織物は薩摩を経由されて売り出されていたため薩摩の名で呼ばれていました。元禄年間(1736~1740)に鹿児島でも織られるようになり、戦後は宮崎県都城市を中心に織られています。
絣柄の、藍染木綿織物。高級木綿絣織物として知られる。紺地のものを紺薩摩、白地に紺絣を白薩摩という。
天文年間(一五三二~一五五五)に薩摩紺織という、無地や縞柄、簡単な絣柄などの藍染木綿が織られていた。
鹿児島産の薩摩絣が織られるようになったのは元文年間(一七三六~一七四一)のことである。それまで薩摩藩は、藩に属する琉球(沖縄)産の琉球絣を薩摩絣として販売していた。
第二次大戦後の薩摩絣は、大島紬調の絣柄である。
    
・さつまじょうふ [薩摩上布]
織物の名称・
宮古上布のことである。宮古上布と産地名でよばれるようになったのは第二次大戦後になってからである。それまでは藩政時代、琉球は薩摩の支配下にあり、琉球の織物は薩摩を経由したので、その名称がそのまま戦前まで続いていたのであった。
     
・さてん [サテン]
繻子織のこと。繻子の項参照。
   
・さなだ [真田]
幅の狭い織物、狭織(さなだ)のことで、綺(かむばた)ともいう。平打ちまたは袋打ちした扁平の組み紐。これを帯にしたものを「真田帯」、細幅織物を「真田織」という。
   
・さなだひも [真田紐]
紐の一種。組み台を使って、平打ちか袋打ちした、扁平な巾のせまい組み紐のこと。または、機械を使って織った巾のせまい織紐のことをいう。真田、真田編みともいう。桐製の道具箱によく用いる。
   
・さのちぢみ [佐野縮]
織物の名称・栃木県佐野市周辺
綿縮みとは綿縮(めんちぢみ)とは、経糸(たていと)に普通撚り(より)の綿糸、緯糸(よこいと)に強撚(きょうねん)の綿糸を用いて織り上げた後、のり抜き、精練(せいれん)して布面にしぼを出した、綿のちぢみ織りのことをいいます。綿縮には、岩国縮(山口県)や銚子縮(千葉県)、佐野縮(栃木県)、高島縮(滋賀県)、大垣縮(岐阜県)、徳丸縮(石川県)、相馬縮(福島県)などの種類があり、盛夏用の着尺地などに用いられます。
    
・さびいと [錆糸]
糸巻などの錆が付着した糸でこれを知らずに緯糸として織り込んだ場合、汚点が絣状に横方向に現われることがある。錆糸入りとして不用品である。
  
・さべりおり [山辺里織
織物の名称。新潟県村上市山辺里(岩船地方)絹織物の一種。さわやかで、しゃっきりとした風合いの織物で、おもに男性用の絹袴地として用いられる。「山辺里平(さべりひら)」という。平織、綾織、絽織があり、紺地に茶、またはねずみ色の縦縞が多い。文化年間(1804~1818)から織られている。「村上平」ともいう。糸づかいは、本練と半練の二種類がある。また洋服の袖裏地などに用いられたので、のちに「サベリ」として裏地の通称となった。
   
・さまーうーるきじゃく [サマーウール着尺]
「ウール御召」の盛夏用のもので、薄地あるいは「ポーラー織」などで清涼感を持たせたものである。八王子および西陣で最も多く生産される。
  
さめこもん [鮫小紋]
小紋染の文様の1つ。鮫皮(さめがわ)のように、生地面に細かい白抜き状の点を染め出したものの代表。一見無地風にみえるが、裃(かみしも)に多く使われた。洋服地でシャークスキン(鮫肌)というのは鮫小紋の表面(織り方)にしたもの。
     
さやおりもの [紗綾織物]
絹織物の1つ。地が平組織で文様が経の四枚綾のもの。白生地の地紋にも見られる。糸づかいは綸子とほぼ同様だが、紗綾の方が薄い。
   
・さやがた [紗綾形]
さあやの略。卍形を種々に結合させた連続模様をいう。古典模様。雷文、稲妻形ともいう。「綸子」に良く似た「紗綾」という織物(紗綾形綸子)の図案によく利用されるためこの名が出た。
    
・さよみ [貲(布)]
奈良時代の布の1種で、麻を原料とした平織物。植物繊維製品としては最も上質とされている。糸は細く、太さも整い、薄くて軽い。肌触りも良い。さよみぬのともいう。
    
・さらさ [更紗]
南蛮から渡来した模様染めの綿布で、草花模様や幾何学模様を、総柄で捺染したものの総称。現在わが国では「友禅」「小紋」「中形」などの特殊の模様染めを除き、主として綿布に数色の暗色の多い配色で草花模様、幾何学模様を総柄で捺染したものを総称している。語源はポルトガル語のSaraca、インドの地名Surat などから出たといわれるように、桃山時代西欧人によって伝えられたものである。染法は種々あり、型紙で「摺込染」による「摺込更紗」、刷毛や筆で「描き染」にする「描き染更紗」、蝋を用いる「ロウケツ更紗」などである。絹布に染めたものを特に「絹更紗」と称する。現在では染法よりむしろその模様図案の感じをいう。和装では帯側、羽織裏などに、また風呂敷や布団側に多く見られる。
文様名 →紋様のページへ
   
・さらし [晒]
綿、麻の糸や織物を純白にする工程、およびその製品をいう。 化学薬品(晒粉)を用いて行うものと、天日晒といって自然の日光、空気、水によるものとがあるが、後者は現在ほとんど見られない。普通晒のほか、蛍光染料を用いた「蛍光晒」なども盛んである。浴衣地などはすべて晒した後染色する。
      
・さらしもめん [晒木綿]
漂白した木綿のこと。小幅の手織綿布で古くから知多晒が有名。肌着、幼児寝巻などに使われ、衛生材料としても使用。
    
・さらせんもよう [サラセン模様]
模様の名称。サラセン帝国(7~8世紀アラビアのイスラム教国)の建築装飾などに多く使われている模様。代表的なものに唐草模様、幾何学模様がある。
   
・さりん [紗綸]
薄地の綸子のこと。俗に「しゃりん」ともいう。
  
・さわちどりもん [沢千鳥文]
文様名 →紋様のページへ
    
・さんがいまつもん [三階松文]
文様名 →紋様のページへ
     
・さんけち [三纈]
染色の名称。奈良時代の代表的な三種類の模様染のことをう。きょう纈(きょうけち)(現在の板絞り染)、纐纈(こうけち)(絞り染)、﨟纈(ろうけち)(蠟染)の三つの技法の総称である。現在、正倉院の染織品の中に見ることができる。
   
・さんげんしょく [三原色]
色混合で作り出せない、基本色となる色(赤、黄、青)、この三色を混合することによって、すべての色を作り出すことができる。
   
・さんげんそしき [三原組織]
「平織」「綾織」「繻子織」の三種の織り方は織物の組織の基本であり、他のすべてはこの組織からの変化あるいは組み合わせである。
  
・さんじゃく [三尺・三尺帯]
男帯の一つ。古くは三尺の手ぬぐいを用いたことからその名がある。また、子供用の兵児帯のことも三尺という。また、三尺手ぬぐい、三尺帯の略称。
   
・さんすいもん [山水文]
文様名 →紋様のページへ
    
さんせいせんりょう [酸性染料]
動物性繊維である絹や羊毛を染めるのに多く用いる染料。染料の構造上、酸性の性質を含むところから、こう呼ばれている。
     
・さんとめじま [棧留縞]

縞綿織物の一種。薄い木綿地に細かい縞を織り出したもので、徳川初期にインドのサントメ(Santome)からわが国に渡来したのでこの名がある。「唐棧縞(とうざんじま)」ともいう。
文様名 →
紋様のページへ

    
・さんのひだ [三の襞]
袴のひだの名称の一つで男袴の前部の中心のひだの事。女袴、男袴ともひだの外側から一のひだ、二のひだ、三のひだとよぶ。
   
・さんぶひも [三分紐]
三分紐とは幅が三分(約9mm)の平組みの細いタイプの紐(帯締め)で、帯留めでおしゃれをするときに使うもの。結び目や紐の端は、結んでから後ろに回してお太鼓などの帯結びの中に処理し、見えないようにする。帯留の紐は、戦前には細い二分紐もあり、現在では幅1cm以上の通常の帯締めを用いる場合もあるが、この三分紐が一般的である。帯留との配色、調和を考えることが大切。
   
・さんぼくしなぬの 山北科布
織物の名称・新潟県岩船郡山北町
科の木の樹皮繊維で織った布。染料による染色はせず、科の木本来の色のまま織りあげるので、黄褐色をしている。木綿、麻よりも古い織物。かたくゴワゴワしているが、しなやかで強くさらりとした感じがある。科布の歴史は古く、一千年以上も昔から日本各地で自家用として織られていた。しかし明治維新後、近代化が進むにつれて姿を消し、現在では二、三か所の山里でひっそりと織り続けられている。樹皮の糸である科糸は動力機械で織ることができないので、居座機で手織で織る。
   
・さんぼんろ [三本絽]
絽織および越数の項参照。
 

このページTOPへ

この用語集は日本繊維新聞社「新語服に強くなる本」アシェット婦人画報社「きもの用語事典」等から引用しています。