きもの用語辞典 

 見つからないときは新語掲載希望を
  

         

  

    

 

 
・ながいたぞめ [長板染め]
長板染めとは江戸中期から伝わる手染めの技術で、長板と呼ばれる6m50cm程のもみの一枚板に生地を張り付け、精緻に掘られた型で糊置きをし、正藍で染めていくという、手の込んだ作業から産まれる着物。
 
・ながいたちゅうがた [長板中形]
中形(浴衣)の一種。長板本染中形の略称。木綿の藍染中形で、江戸中形ともいう。浴衣の模様染めの技法で、地色を藍にして模様を白く染め抜いたものと、白地に藍で模様を表したものとがある。藍の一色染が特色。明治の末期に能率のよい折付け中形(注染中形)が出現して、急速に普及したため、新しい中形と本来の伝統ある中形を区別するために、長板本染中形とよぶようになった。長板とは、樅(もみ)材で作られた、長さ約6m36cm、幅34cmの捺染板のことで、この板の両面に中形一反分の木綿生地を張り伸ばして、防染の型付けを行うためにこの名がある。両面に糊置きして浸染するため、裏表ともくっきりと染め上がる。製作に熟練を要する。高級浴衣である。
 
・ながいつむぎ [長井紬]
織物の名称・
米沢藩の上杉鷹山が奨励した殖産振興によって興った米沢地方の織物の一つ、長井紬。結城紬の製法を取り入れ、絣に工夫を凝らした絣紬。努力によって、品質を高めていった長井の人々の手法。古くは米沢に近いこともあって、米琉(米沢紬)の名で売り出されていたが、明治からはその名も「長井紬」として商品化され、独特の糸遣いで独自の風合を産み出している。
   
・ながぎ [長着]
キモノと見なした場合は、広く和服全般をさすが、仕立て業者の間では、長着を長物、羽織やコートなどの丈の短いものを半物と呼び区別している。
    
・ながさきにしき長崎錦
織物の名称
丸帯や袋帯などの格の高い帯に用いられる金銀糸を使ってとても豪華なものです。
  
・ながしぞめ [流し染]
水面に染料を流し、これを棒でかきまわしたり、風を送ったりすると水面の染料が動き、曲線が現れる。この上に布を静かに置いて曲線を写し取る染色技法。墨流し染めなど。
     
・ながじゅばん [長襦袢]
長着と肌襦袢の間に着る衣服。身丈は対丈、袖は広袖、袖丈は長着に合わせてそろえ、半衿をかけて着る。礼装用には白無地。夏物には絽、麻、レース地、等。季節によって袷仕立て、単仕立、無双仕立がある。仕立て方には本襦袢仕立、別衿仕立、関西仕立、胴裏抜仕立、摘み衿仕立、中奥仕立、二部式仕立などがある。本襦袢仕立が基本的なもので、一反を用いて無双袖無垢とし、衿は通しの撥衿。関西仕立は衿を広衿に仕立てたもので、裾周りが広く着やすい。
   
・なかとじ[中綴]
和裁用語。和服の袷・綿入などの表地と裏地の離れるのを防ぐため、脇縫い・背縫い・衽付の縫い目を内側で綴じ合わせること。
  
・なかのがすり 中野絣
織物の名称・群馬県邑楽郡、館林市
板締め染色の手織白絣。男物の夏の着尺地。
幕末に木綿紺絣が織られ、明治の末には白絣が織られるようになった。
    
・ながばおり [長羽織]
丈の長い羽織。中羽織に対する、本羽織の意に用いることもある。
   
・ながはまちりめん 長浜縮緬
琵琶(びわ)湖の東、滋賀県長浜市を中心に生産される縮緬の総称。浜縮緬ともいう。とくに後染め用白生地として最も需要の多い*一越縮緬が名高く、生糸(きいと)による高級品をつくっている。
    
・なかみみ 中耳
広幅織機を使用して小幅織物を織る際、普通二つ以上並べて織るが、これは織り上げの後に切断して二反とする。この時切断した部分がほつれないように「耳」をつけておく。方法としては、切断予定箇所の端の緯糸を一部紗織にするか、または経糸2本を緯糸1本ごとに撚る方法がある。広幅織機による製織は小幅織機に比べて能率が高いため、量産を必要とするもの、また減価を切り下げるためにこの中耳を利用する2反掛け、3反掛けの方法が行われることが多い。普通耳の織物と比べて、中耳は耳の外側に切断した部分の糸が若干残って見えるので、注意すれば判別は難しくない。
   
・なごやおび [名古屋帯]
外出用の女帯の一種で一般的に幅広く用いられています。模様の付け方によって、お太鼓柄、六通柄、四通柄、全通柄、に分けることができます。お太鼓になる部分を並幅(八寸~八寸四分ほど)とし、手掛け(垂れ)胴回りの部分を半巾に仕立てたもの。大正時代に名古屋にて考案されたのでこの名あり。名護屋帯とは別物。
   
・なごやおび [名護屋帯]
組紐の帯で丸打ちと平打ちがある。丸州名護屋(佐賀県)に朝鮮の韓組(からぐみ)の技術が伝えられてこの帯が出来た。長さ1丈2尺、総の長さは八寸。色は男女とも赤が多い。形態が縄に似ているので縄帯ともいう。江戸初期の風俗画に多く見かける。 名古屋帯とは別物。
   
・なしじおり [梨地織]
格子に似た織り方で、布面に梨の果実の表皮に似た外観を表わしたもの。表面に砂粒を一面にまき散らしたような、ちょうど「縮緬」の細かい「しぼ」風の外観を表した織物。「砂子地」ともいう。サラリとした感触があるので、夏の着尺地や半襟地、また帯地などによく使用される。
    
・なすもん [茄子文]
文様名 →紋様のページへ
   
・なせん [捺染]
なっせんとも発音する。単色または多色を用いて、布地に模様効果を発揮する染色法のうち、一般には浸染によらないもの。使用機器により手捺染(手描き染や型紙捺染など)と機械捺染(ローラー捺染、自動スクリーン捺染など)に分類される。和装関係では機械捺染(ローラー捺染)の意としてよく使用される。
   
・なせんいた [捺染板]

「小紋染」「友禅染」などの手加工捺染に使用する器具。「型板」とも「張板」ともいう。普通狂いが少なく水を吸収しやすく、しかも早く乾燥する樅(もみ)等で作った長さ3間2尺(6メートル)幅1尺3寸~1尺5寸(40~45cm、広幅生地を染色する場合はこの倍)、厚さ7~8分(2.1~2.4cm)くらいの板で両端に狂いを防ぐために横に幅1.5~2寸(4.5~6cm)位の端木をはめ込み、この一方は布を裏面に折り返すために次第に薄く削り、刃形(剣先)とする。これを鳥と称する丁子型の台の上に乗せて、まず表面を捺染し、ついで裏返して別面を捺染する。この板が何面あるかで染色能力を表示することができる。

   
・なせんがすり [捺染絣]
各種の道具または機械を用い糸束に捺染する方法をいう。
 
・なつおおしま [夏大島]
糸の撚りを強くして、薄地に仕上げた夏用の大島紬のこと。時代の多様化によって作られたものといえる。肌触りのよさが特色である。
    
・なつおび [夏帯]
主に夏に使用する帯で、生地は絽、紗、博多単衣などがある。
   
・なつおめし [夏御召]
明石、すきや、上布、ポーラなど盛夏に着る「御召」の総称。紗織のもが多い。
   
・なつしおざわ [夏塩沢]
絹織物の一種。新潟県南魚沼市(旧塩沢町・六日町)地方で織られている。駒撚糸という強撚糸を使用し、薄地でシャリ感がある盛夏用の着尺である。
   
・なつばおり [夏羽織]
羽織の一種。夏に着る単の羽織のこと。五月の単の時期から、盛夏にかけて着る羽織で、絽、紗、透綾(すきや)などの透けて通気性のある生地を用いる。単羽織ともいう。
   
・なつばかま [夏袴]

夏の礼服用袴としては「絽織」「紗織」「壁織」などが用いられているが、最近では絽織がほとんどである。

   
・なつめやし [棗椰子]
ヤシ科の常緑高木で、インド西部・メソポタミア地方の原産。
    
・なでしこもん [撫子文]
文様名 →紋様のページへ
   
・ななこおり [斜子織り]

経緯とも二本以上の糸をそろえて織るため、織り目が方形で魚卵のように打ち違いに粒だって見えるための名称。厚地で主に帯に用いる。畳織り、バスケット織りともいう。「七々子」「魚々子」とも書く。

    
・ななすんもよう [七寸模様]
裾模様の一種。模様の位置によるよび名。裾から七寸(約21cm)ぐらいの位置に置かれた模様。
    
・ななつぎれゆうぜん [七布友禅]
「柄友禅」(本友禅)の一呼称で、織物を袖・衽・衿・身頃四つ切れの七つに裁断し、仮仕立てして友禅染を行うもので反物のまま行われる「反物友禅」に対する言葉。訪問着、留袖、絵羽友禅などはすべてこれである。
  
・なまつむぎ [生紬]
生紬とは、生糸の精練を途中段階で終わらせて、セリシンという成分を残した糸で織られた紬織物
ざっくりした風合いで夏に涼しく、冬に暖かい。
   
・なみはば [並幅]
和服や寝具の反物の普通幅を意味し、小幅ともいう。通常36センチぐらいが普通である。
   
・なみもん [波文]
文様名 →紋様のページへ
   
・ならぎれ 奈良裂
金襴の名物裂。地色が繻子地のように見えるもの。模様は太鼓の和違いの間に剣先があって、剣太鼓ともいう。また萌黄色地に紋金糸で亀甲と花とを大紋に配したものもある。
 
・ならざらし 奈良晒
織物の名称・奈良県奈良市
麻の白生地(生平)を天日で晒し、自然漂白をする。
昔、晒布のことを曝布といった。曝布の歴史は古く、奈良時代にはすでにあったという。
奈良地方で奈良曝が生産されるようになったのは江戸時代初期の慶長年間(一五九六~一六一五)のことである。寛永年間(一六二四~一六四四)の頃から、幕府の御用晒として、また礼服として需要が伸びた。
奈良晒の原料は苧麻だが、青苧は会津、越後から、生平は近江、伊賀から買って、奈良で晒して奈良晒として諸国に送った。現在では、糸は苧麻の手紡ぎ糸からラミー糸に変わり、生産量も少なくなっている。
     
・なりひらごうし 業平格子

格子縞の一種で、三筋格子が斜めに交差し、その中にもうひとつ十字の菱形をいれたもの。業平菱ともいう。

   
・なるみしぼり 鳴海絞
絞染木綿の一種。愛知県有松および鳴海付近で生産される絞り織物。有松絞と同種のものである。主として夏季浴衣地に使用される。
   
・なんぐり [難ぐり]
染難、織難が発生していないか検品すること。加工の各段階で反物を巻きながら、難点を見つけるだけでなく、それらの原因になる要素はないかもチェックする。早期発見により、的確な処理で、未然に防ぐことができる。
   
・なんてんもん [南天文]
文様名 →紋様のページへ
      
・なんどいろ [納戸色]
色の名前。納戸とは、衣服の調度品を納めるための部屋で、その部屋の役人がよく着ていた着衣の色という説がある。婦人がこの色を用いるのは、多く花柳界の人達などが好んだという。青藍色。
   
・なんぶ [南部]
盛岡付近の旧名称で、ここで生産された南部縮緬、南部紬の略称。明治の中頃まで盛んに生産された。
  
・なんぶいと [南部糸]
岩手、青森の旧称南部地方で産出した生糸で、主に琴糸や三味線糸に多用されたもの。
  
・なんぶさきおり [南部裂織]
織物の名称。江戸中期に、いたんだ布の再生を南部藩が奨励したことから、経糸に丈夫な麻糸、緯糸に丹念に細かく裂いて紐状にしたボロ布を用いて織ったのが始まりです。今日は経糸に木綿糸を使いカラフルなものが多い。
 

 このページTOPへ

この用語集は日本繊維新聞社「新語服に強くなる本」アシェット婦人画報社「きもの用語事典」等から引用しています。