着物の文様辞典

  

サイトマップ

  
  日本の伝統文様 秋草文 (あきくさもん)
 
 
秋を彩る野に咲く草花を文様にしたもので、萩(ハギ)、桔梗(キキョウ)、女郎花(オミナエシ)、撫子(ナデシコ)、葛(クズ)、薄〈ススキ/オバナのこと〉・藤袴〈ふじばかま〉の秋の七草や竜胆〈リンドウ〉などがあります。季節を一足早く取りいれることにより、涼感を感じる事ができるので、夏のきものや帯の柄によく使われています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 揚羽蝶文 〈あげはちょうもん〉
 
 
緑黄地に黒い筋や斑文〈はんもん〉のある大形の華麗な蝶を文様化したもので、鳳蝶〈ほうちょう〉とも呼ばれています。平安中期以降になって、蝶文が流行し、平家ゆかりの家々の家紋となり、今日に受け継がれています。牡丹や撫子などと共に小袖に描かれていましたが、現代でも、振袖や留袖に好んで用いられています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 葦手文 〈あしでもんもん〉
 
 
色紙などに歌を書く時、水を描き、文字を葦〈あし〉がなびいたように絵画的に書いたものを葦手といいます。後に歌の意味を絵と文字で組み合わせて表わすようになり、葦手絵・歌絵と呼ぶようになります。色紙の他に、蒔絵や衣服の文様としても、広く持ちいられるようになりました。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 網代文 〈あじろもん〉
 
 
竹や樹皮(葦、檜皮などを)を薄く剥いだものを縦横または斜めに編んだもの。そのとき現れる模様を網代模様といいます天井、垣根、屏風、などに、広く使用されてきまし
たが、現代ではきものの文様としても親しまれ、染織品の地紋などによく用いられています。日常ではレンガやインターロッキングで同様の模様になる張り方を見かけますがこれも網代張りと呼ばれます。
 
  

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 網干文 〈あぼしもん〉
 
 
漁に使う網を棒に吊るし、三角錐状に干した姿を文様化したもので、波や葦、千鳥〈ちどり〉などと共に海辺の風景の中に取り入れたものが多くあります。江戸時代の頃から好まれ、友禅染の絵柄として、また、沖縄の紅型〈びんがた〉の模様にもよく用いられています。
 
  

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 荒磯文 〈あらいそもん〉
 
 
波が打ち寄せる磯の風景を岩や千鳥をあしらって文様化したものなどがあり、名物裂〈めいぶつぎれ〉にも見られることから、中国の明の時代に作られ、日本に伝来したものと思われます。現在では、帯の文様やゆかた地の文様として使われています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 有栖川文 〈ありすがわもん〉
 
 
名物裂の錦に見られた文様で、鹿・馬・飛竜〈ひりゅう〉などを菱形・たすき形・偏平〈へんぺい〉な八角形などの直線で囲んだものがあります。本来は、色彩豊かな織文様ですが、拡張高い美しさが好まれて、留袖や訪問着などにも染の技法で用いられています。また、白生地の地紋としても使われています。
 
  

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 筏文 〈いかだもん〉
 
 
筏は木や竹を並べ、蔓〈つる〉や縄で結んで川を下るのに使ったものですが、その筏に花を載せたり、花吹雪を添えた花筏文や、人物を乗せて風景画的に染めたものもあります。風景画的な文様は、男物の襦袢〈じゅばん〉などによく使われています。
 
  

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 市松文 〈いちまつもん〉
 
 
黒と白・赤と白などの異なった二色の正方形を交互に並べた形の文様で、石畳文〈いしだたみもん〉・霰文〈あられもん〉とも呼ばれています。これは、江戸時代の中頃、歌舞伎役者の佐野川市松が袴〈はかま〉に着用して舞台にでたことから、市松文様と呼ばれるようになりました。
 
  

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 井筒文 〈いづつもん〉
 
 
幾何学文の1つで、井戸の上部の縁を木で四角く組んだ形(井桁〈いげた〉)を文様化したものです。以前は正方形のものを井桁、斜めのものを井筒といいましたが、現在では混用されています。染・織共に用いられ、井の字のつく家系の紋章としても多く見られます。
 
  

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 糸巻文 〈いとまきもん〉
 
 
 糸巻きを文様化したもので、板状で正方形の四辺の中央をくぼませて糸を巻くものや、立方的な枠になったものがあり、それらを意匠化し、文様にしたものです。桜花などをあしらった可憐な文様は、女児用のきものに見られます。
 
  

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
 
  日本の伝統文様 稲文 〈いねもん〉
 
 
稲の形を文様化したもので、染織品に使われることは少なく、紋章として使われることが多いようです。また、京都伏見の稲荷神社の「束稲〈たばね〉」をはじめ、神紋としても歴史があります。他に、稲波文・稲の丸などがあります。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
 

  日本の伝統文様 入替文 〈いれかえもん〉

 
 
文様構成方法のひとつで、形や大きさの同じ文様と地が交互に入れ替わり、どちらが地なのか区別がつかないものをいいます。市松文・鱗文〈うろこもん〉・立涌〈たてわく〉などの幾何学的な文様に多く見られます。白生地の地紋や帯の柄に用い、小紋にも染めます
 
  

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
 
  日本の伝統文様 団扇文 〈うちわもん〉
 
 
団扇の形を文様化したもので、団扇の形に空間を区切り、その面に文様を施す方法をとっていましたが、後に、用具としての団扇を文様化し、夏の涼〈リョウ〉として、ゆかたや夏用の帷子〈かたびら〉に用いられています。団扇は中国伝来のもので、古くは高貴の象徴とされていたようです。
 
  

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 老松文 〈おいまつもん〉
 
 
古木の松ともいわれる、年月を経た松を写したもので、代表的なものに能舞台の正面鏡板があります。雄大な枝ぶりが好まれ、男性用の長襦袢や羽織裏、女性用の留袖や振袖、袋帯などの礼装用に使われています。
 
  

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 扇文 〈おおぎもん〉
 
 
扇は日本で完成され、末広がりの意味から縁起のよいものとされています。キモノの文様構成法に扇面散らしと呼ばれるものがあり、よく用いられています。一般的に、扇面に草花や小紋柄を描いたものが多く見られます。
 
  

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 桜楓文 〈おおふうもん〉
 
 
春の桜、秋の楓〈かえで〉を組み合わせた文様で、日本人の嗜好〈シコウ〉から生まれたものといえるでしょう。古くから絵画の題材とされ、京都智積院〈ちしゃくいん〉の障壁画〈しょうへきが〉「桜楓図」などがよく知られています。染織品には、観世水〈かんぜみず〉などをあしらったものがよく用いられ、季節を問わない文様といえます。
 
  

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 近江八景文 〈おおみはっけいもん〉
 
 
近江八景とは、中国の瀟湘〈しょうしょう〉八景を真似たもので、琵琶湖を背景にした景色の良い名所を表わしたものです。比良〈ひら〉の暮雪〈ぼせつ〉・矢橋〈やばせ〉の帰帆〈きはん〉・石山〈いしやま〉の秋月〈しゅうげつ〉・瀬田〈せた〉の夕照〈ゆうしょう〉・三井〈みい〉の晩鐘〈ばんしょう〉・堅田〈かただ〉の落雁〈らくがん〉・粟津〈あわず〉の晴嵐〈晴嵐〉・唐崎の夜雨の八景をいい、江戸時代これをきものの文様に用い、趣味的な柄として好まれました。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 小車文 〈おぐるまもん〉
 
 
箱輿〈はここし〉をつけた車の文様で、伊勢外宮で用いた錦(新宮裂)に見られる文様です。黒地に黄色、黄地に黒で表わしたものがあり、車は規則正しく上下左右に配列されています。平安時代から小車錦の名で呼ばれ、車と草花を互の目に配置したものがあります。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。

 

 
  日本の伝統文様 鴛鴦文 〈おしどりもん〉
 
 
おしどりは姿も羽根の色も美しく、雌雄が常に一緒で夫婦仲がむつまじいことから、絵画や詩歌〈しいか〉の題材によく用いられてきました。おめでたい柄として、礼装用の留袖や帯地によく見られます。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 貝合文 〈かいあわせもん〉
 
 
貝合わせは、平安の頃に起こった遊戯〈ゆうぎ〉の一つで、絵かるたのようなものです。貝に美しい絵を描き左右に分けて絵柄を合わせていく遊びですが、その貝を散らして、文様化したものを貝合文といいます。1つ1つ個性のある貝の絵柄を染めた美しい文様です。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 貝桶文 〈かいおけもん〉
 
 
貝合わせの遊びに使った貝をしまっておく入れ物を貝桶といい、六角形のものが多く用いられています。蒔絵を施した華麗なものもあり、現在では雛道具の中に見られます。紺や花をあしらって若向きの礼装用のきものや帯などに用いられています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 貝賦文 〈かいぶもん〉
 
 
 風景文様の1つで、大波に千鳥、松などを組み合わせたり、洲浜、海松貝〈みるがい〉、礎馴松〈そなれまつ〉など、海辺の風景を描いたものがあります。平安時代から用いられている代表的な古典文様のひとつで、現在も留袖や付け下げ、染着尺、帯などに広く使われています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 籠目文 〈かごめもん〉
 
 
竹で編んだ籠の網目をそのまま文様化したもので、幾何学文様のひとつです。単独で使われることもありますが、多くは花などを添えて用いられています。友禅染の一部分や摺箔に使われる場合もあり、小紋染、帯の地紋などにも見られます。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 笠松文 〈かさまつもん〉
 
 
松を題材とした文様は数多くありますが、これは松葉を笠のように見たて、枝を紐のように組み合わせた文様で、単独で扱うよりも、2つ、3つ重ねて、重厚な雰囲気を出すように使われます。振袖や留袖、訪問着、袋帯などによく使われています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 籠目文 〈かごめもん〉
 
 
車輪が水の流れにかくれて、半分見えなくなった状態を文様化したものです。これは、平安の頃の王朝貴族が用いた牛車の車輪を乾燥から防ぐために、水に浸していたものを図案化したといわれています。車輪だけ描くことも多いのですが、草花を添えた雅やかなものも留袖などに見られます。
 
  

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 霞文 〈かすみもん〉
 
 
霞は本来形のないものですが、日本的な感覚で、遠近感や時間の移り変わりを表現するのに用いられました。模様構成上、ぼかしや模様の区切り(霞取り)などがあり、なくてはならない文様です。また、霞文様定型化した「工」霞は、中に吉祥文様を詰めたりしてよく使われ、工の字を4つ結んだものを春霞といいます。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。

  
  日本の伝統文様 花鳥文 〈かちょうもん〉
 
 
花と鳥とを組み合わせた文様のことで、正倉院に残されている文様が多く、花や鳥の名前がはっきりわからない場合に花鳥文といいます。花鳥唐草文や花鳥天平文などが有名で、染織品に広く用いられています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 鹿子 〈かのこ〉
 
 
鹿の背中の白い斑文〈はんもん〉を文様化したもので、古くから用いられています。染織品では、織・刺繍・絞りなどで表現しますが、中でも絞り染は有名で、生地全体を鹿子絞りにしたものはたいへん高価です。きもの・羽織・長襦袢の他、半衿や帯あげ等、広く使われています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 唐草文 〈からくさもん〉
 
 
蔓草〈つるくさ〉の蔓や葉がからみ合って曲線を描いていく文様で、果実をあしらったものもあります。世界的に古くから見られる文様で、古代エジプト・メソポタミアに幾何学的な印象の強いものが残されています。日本には、中国を経て伝えられ、葡萄唐草〈ぶどうからくさ〉・牡丹〈ぼたん〉唐草・菊唐草などがあります。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 唐子文 〈からこもん〉
 
 
唐子は中国の装いや髪型をした童子のことで、近世、唐子人形として文様化されました。異国調の珍しさ、可愛らしさが好まれ、きもの・帯・羽織裏や陶磁器などに多く用いられています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 唐獅子文 〈からじしもん〉
 
 
しし(獅子)・いのしし(猪)・かのしし(鹿)を区別するのに、中国から伝わったことから唐獅子と呼ぶようになりました。日本では知られていない動物なので、実物とかけ離れて意匠化された文様が見られます。正倉院に残る綾や錦にも多く見られ、「四騎獅子狩文錦〈しきししかりもんのにしき〉」などがあります。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 唐花文 〈からはなもん〉
 
 
中国から伝えられた花形文様で、空想・現実の花を集めた様々なものがあります。インドやペルシャなど西方的要素を強く含んだ文様で、中央に正面花を置き、周囲に二重・三重に花を配置したものを1つのモチーフに表わしたものなど多数あります。袋帯など、礼装用によく使われます。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 雁木文 〈かんぎもん〉
 
 
雁木とは、雁〈かり〉が列をなして空を飛ぶ時のようにぎざぎざした形のものや、階段などをいいます。文様では、角文の1つで、正方形をずらして2つ重ね、8個の角のある形にしたものをいいます。単独で用いられることはほとんどなく、他の文様を囲むのに多く使われています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 観世水文 〈かんぜみずもん〉
 
 
水文様の代表的なもので、能楽の家元観世太夫が定式文様として使用したところから、名づけられた文様です。波の様子を横長にし、上下、左右に連続させた流暢〈リュウチョウ〉な図柄で、白生地の地紋や帯地としても使われています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 幾何学文様 〈きかがくもんよう〉
 
 
直線・曲線・点・画などの幾何学的な図形を文様の素材として用いた文様で、抽象的な印象を与えます。有職文様の中に亀甲〈きつこう〉・立涌〈たてわく〉・青海波〈せいがいは〉等、連続模様を構成するものがあります。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 菊水文 〈きくすいもん〉
 
 
菊の花に流水を配した文様で、中国の説話によれば、水辺の菊は神秘的な力を持つものとされ、不老長寿のめでたいしるしとして好まれました。流れ菊や菊の遣〈や〉り水と呼ばれるものもあり、多数用いられています。橘正成の家紋としても有名です。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。

 

 
  日本の伝統文様 几帳文 〈きちょうもん〉
 
 
平安時代の家具の1つで、室内に立てて内側を遮〈さえぎ〉るために用いたものです。衝立式〈ついたてしき〉になった2本の柱に渡した横木に帳〈とばり〉をかけ、帳には花鳥文・秋草文などの美しい文様が描かれています。振袖・留袖・訪問着・袋帯などに用いられています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 吉祥文 〈きっしょうもん〉
 
 
吉祥とは「よいきざし、めでたいしるし」の意味で、それを表現した文様を総称して吉祥文様といいます。本来は中国の信仰に基づいたものですが、日本に伝えられて以来、和様化し、有職文様として使われています。鶴・亀・鳳凰・竜など多数あります。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 器物文 〈きぶつもん〉
 
 
筆・硯〈すずり〉・文房具・御簾〈みす〉・衝立〈ついたて〉・障子・屏風・几帳・笛・琴など、あらゆる道具類を文様化したもので、単独で用いるものもあれば、花などを取り合わせたものなど多種多様にあります。桃山時代から染織品に用いられ、江戸時代に入ってからさらに多様化しました。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 鏡裏文 〈きょうりもん〉
 
 
裏鏡〈うらかがみ〉・古鏡〈こきょう〉とも呼び、古い鏡の裏側にある模様を、鏡そのものの形を生かして文様化したものをいいます。正倉院の中には、裏を金・銀・螺鈿〈らでん〉で飾った華麗なものが残されています。鏡と共に紐を添えて図案化したものも多く、礼装用のきものや帯の文様に用いられています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 源氏絵文 〈げんじえもん〉
 
 
『源氏物語』の場面を描いた絵を文様化したものをいい、絵画性の強い文様で、唐織などに全面的に表現しているもののほか、扇面〈せんめん〉や雪輪〈ゆきわ〉、貝合わせなどの輪郭のなかに描いたものがあります。主に友禅や帯地の文様に用いられています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 源氏雲文 〈げんじくももん〉
 
 
雲文の1つで、絵画や文様の中を洲浜形に仕切って、雲がたなびいた感じを表わしたものです。「源氏物語絵巻」に使われたことから源氏雲と呼ばれるようになりました。雲に隠れた部分で時間や空間の推移を想像させ、さらに装飾的効果も与えています。留袖や訪問着に用いられています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 源氏車文 〈げんじくるまん〉
 
 
室町から江戸にかけて新しく生まれた文様で、御所車ともいいます。平安時代に貴族の用いた牛車を文様化したもので、様々な建物、風景などを添えて描かれています。それらの多くは「源氏物語」を連想させることからこの名がつきました。古典柄の代表として留袖・振袖・帯などに用いられています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 源氏香 〈げんじこう〉
 
 
香合わせという遊びで、香の名を当てる時に使う符号を文様化したもので、縦5本の線のつなぎ方を変化させて52の組み合わせを作ります。それぞれに源氏物語の巻名を付けたことで源氏香と呼ばれるようになったわけですが、桐壷と浮橋の巻はありません。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 高台寺蒔絵 〈こうだいじまきえ〉
 
 
蒔絵とは、漆や金銀粉などを使って器物に絵模様を表わす漆工〈しっこう〉美術のことですが、高台寺蒔絵は、京都の高台寺に残された蒔絵で、1つの様式を持ち、桃山時代の漆芸〈しつげい〉を代表するものです。菊、桐などの秋草を中心に描いた美しい器物をきものの文様にも用いています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 格天井文 〈ごうてんじょうもん〉
 
 
格天井は、格子状に組んだ木の上に板を張った天井のことで、その中に絵柄を詰めた文様のことを格天井文といいます。これは、神社仏閣の天井絵を衣服の文様として取り入れたもので、立派で美しく、重厚な雰囲気のあるものが多く見られます。礼装用のきもの・帯に用いられます。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 光琳水文 〈こうりんみずもん〉
 
 
尾形光琳作の水文様で、曲線を描く水流が幾重にも重なり、ところどころ渦を巻きながら下へ送られていく形式をとっています。代表的な作品に熱海美術館蔵の「紅白梅図屏風」があります。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 亀甲 〈きっこう〉
 
 
平安時代以来、公家の邸宅の調度・服装・輿車〈コシグルマ〉などの装飾に用いられた独自の様式をもつ文様の総称です。古典文様として現在まで受け継がれていて吉祥文様の一つ。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。

  
  日本の伝統文様 七宝 〈しっぽう〉
 
 

七宝の円形は円満を表し、吉祥文様の一つ。

 同じ大きさの円の円周を4分の1ずつ重ねて繋いだ文様。七宝の円に花を入れた文様。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 桐に唐草 〈きりにからくさ〉
 
 
唐草は世界的に古くから見られる文様で、古代エジプト・メソポタミアに幾何学的な印象の強いものが残されています。これは桐に唐草ですが、中国を経て伝えられた、牡丹〈ボタン〉唐草・菊唐草などもあります。また葡萄唐草〈ブドウカラクサ〉は正倉院文様として使われています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 松竹梅 〈しょうちくばい〉
 
 
松は冬の寒さに耐え、竹は緑を保ち、梅は花を咲かせるところから、中国では「歳寒三友」として三つが揃って吉祥の象徴とされていました。それが日本に伝わり、祝儀の模様としては欠かせないものとなり、晴れ着の帯や留袖、振袖など吉祥文様として多く用いられています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。

  
  日本の伝統文様 沙耶型 〈さやがた〉
 
 
卍を斜めに崩して連続文様にしたもの。桃山、江戸時代は地文がほとんど紗綾形で、綸子に紗綾形として非常に多く使われていました。昔は女性の慶事礼装用の白襟には紗綾形が使われるものと決まっていたそうです。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 網目 〈あみめ〉
 
 
 
漁業用の網の目の文様で、リズム感のある曲線が美しく江戸時代に愛用されたが、早くは縄文時代の土器にも見受けられる。海老や蛸や魚をあしらって大漁紋として浴衣や手拭などにも染められてた。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 毘沙門亀甲 〈びしゃもんきっこう〉
 
 
亀の甲羅のカタチに似ていることから、この名前が付けられた。もともとのルーツは、西アジアに起こり、中国や朝鮮から日本に伝わったとされている。亀甲を三つ組み合わせたものを基本にした文様。毘沙門天の甲冑の文様に使用。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。