着物の文様辞典

  

サイトマップ

  
  日本の伝統文様 光琳文様 〈こうりんもんよう〉
 
 
江戸中期の画家尾形光琳が作り出した文様のことで、光琳の梅・松・水・菊などのすぐれた文様が残されています。大胆で華麗な作風はきものの文様として親しまれ現在でも好んで用いられています。きものの他、屏風絵・蒔絵・陶器などにも残されています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 御所車文 〈ごしょぐるまもん〉
 
 
御所車とは天皇以下高貴な人が乗る牛車の名称で、応仁の乱以後、宮中の儀式にだけ用いたことからこの名がつきました。源氏車文とも呼び、草花や流水と合わせて用いることが多く、現在でも婚礼用振袖・留袖などに用いられています。
 
  
御所車文
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 琴柱文 〈ことじもん〉
 
 
琴の弦を支える2本足の柱を琴柱〈ことじ〉といい、象牙や紫檀〈したん〉などで作られた独特の曲線美を持つ形をしています。大柄に描いた時は大きな琴柱の中に小柄を詰めたり、小紋柄に使う時は、線だけで描いたりして用います。鎌倉の頃に文様化されて以来、現在の訪問着や型染着尺に用いられています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 寿文 〈ことぶきもん〉
 
 
文字文様の1つで、長命・めでたさの意味を表し、祝いごとによく用いられています。文字の書体は自由に変形させ、祝いふとん地やふくさをはじめ、留袖にもよく見られる吉祥文です。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 笹船文 〈ささふねもん〉
 
 
笹の葉で舟を作り水に流して遊ぶ風習は、鎌倉時代の頃からすでに行なわれていましたが、この舟の形を笹舟文といい、江戸時代の頃からゆかたの文様として多く用いられました。その他のきものや帯の柄にも見られます。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 更紗文 〈さらさもん〉
 
 
更紗は室町時代から江戸初期にかけて、インド・ペルシャ・シャム(タイ)・ジャワなどから渡来した木綿布のことで、草・木・鳥・獣・虫・魚などの文様が描かれていました。その異国情緒あふれる多彩な文様が好まれ、江戸後期には和更紗も作られました。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 沢千鳥文 〈さわちどりもん〉
 
 
浅く水がたまり、葦や水草の生い茂った湿地を沢と呼びますが、そこに千鳥が飛び交うさまを描いた文様です。平安時代の「沢千鳥螺鈿〈らでん〉蒔絵小唐櫃〈びつ〉」に由来する文様とされ、後に染織品にも多く意匠されました。留袖・訪問着・袋帯などに用いられています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。

  
  日本の伝統文様 三階松文 〈さんがいまつもん〉
 
 
老松の枝葉をかたどったものを3つ重ねたものを三笠松、左右いずれかに片寄って重ねたものを右三階・左三階と呼びます。能装束には丸文に三階松を収めた文様もあり、松文の中でも広く用いられています。留袖・振袖・帯の他、絵絣や家紋にも見られます。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 山水文 〈さんすいもん〉
 
 
山と水を取り合わせた自然風景を文様化したもので、近江八景など場所のはっきり分かっているものと、場所を定めていないものがあります。江戸時代には、美しい総文様として友禅染の小袖に描かれました。「白地山水文様描絵小袖」は日本画の墨絵による重厚さと威厳がうかがえます。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 棧留縞 〈さんとめじま〉
 
 
室町から江戸時代にかけてインドのサントメ(港の名前)から輸入された木綿製の縞織物のことで、唐棧〈トウザン〉ともいいます。滑らかで光沢のある木綿地に、藍〈あい〉を基調に赤・紺・黄茶・浅黄などの縦細縞を織り出したものが多くあります。江戸時代には国産のものが作られます。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 色紙文 〈しきしもん〉
 
 
色紙は和歌や俳句、絵を描く方形の厚紙ですが、その中に草花や風景などを描き、散らした形を文様にしたものです。色紙と色紙の間に折枝や蔓を配し、堅くなりがちな柄をやわらげている例も多くあります。同類のものに短冊文があります。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。

  
  日本の伝統文様 四君子文 〈しくんしもん〉
 
 
梅・菊・蘭・竹を四君といい高貴なところで四君に似ているということで、中国の宋の時代に好まれた文様です。その後日本でもおめでたい文様としてキモノや帯に多く用いられ、扇面や雲などと合わせたものも見られます。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 蛇籠文 〈じゃかごもん〉
 
 
割り竹で細長く編んだ竹籠の仲に石を詰めて、河川の護岸などに使う竹籠のことを蛇籠といいます。これに流水や草花、水鳥などをあしらって文様とし、江戸時代には染物や工芸品に広く用いられました。その古典的な趣きが好まれて、現在でも数多く用いられています。
 
  

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 障壁画 〈しょうへきが〉
 
 
平安時代以降、日本絵画の形式として作られた画面風の装飾品で、桃山から江戸初期にかけて豪華で美しい作品が作られました。現在ではそれをキモノの模様にも取り入れています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 州浜文 〈すはまもん〉
 
 
洲浜は、蓬ライ山〈ほうらいさん〉の洲浜の形にならって、海中に洲の突き出た浜辺の様子をかたどったもので、上から見下ろした形を図案化したものです。波や小鳥を添えて用いることが多く、洲浜取りとして文様を区切る場合にも用いられています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 墨流し 〈すみながし〉
 
 
墨汁を水面に浮かして波紋状の文様を作り、これを布に移して染める染織技法の1つです。布以外に和紙などにも使われ、柄は正流・横流し・縦流し・渦などがあり、組み合わせも自由です。これは越前墨流しの名で広く知られ、現在では墨以外の染料も使われています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 青海波 〈せいがいは〉
 
 
波文様の1つで、同心円を互い違いに重ねた文様です。起源は古く、中国では地図上で海を表すものに用い、日本では陶器・蒔絵・能装束・小袖などに見られます。現在では、吉祥文様として礼装用の地紋や染織品の柄として幅広く用いられています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。

  
  日本の伝統文様 扇面文 〈せんめんもん〉
 
 
扇文・末広文とも呼ばれ、末が広がることから縁起のよい吉兆の文様とされています。扇面の中に草花など種々の文様を入れて描かれることが多く、扇に貼る地紙〈ジガミ〉のみで用いられる場合は、染織品に様々な形で用いられます。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 双鶴文 〈そうかくもん〉
 
 
平安時代以来、最も好まれた文様で、二羽の鶴を向かい合わせに置いた文様です。左右もしくは上下対称に構成し、円形・菱形の中にまとめています。有職文様として能装束などによく用いられます。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 誰が袖文 〈たがそでもん〉
 
 
江戸時代の小袖に多く見られた文様で、色彩豊かな美しい小袖を衣桁にかけた様子を屏風に描いた「誰が袖屏風があり、それをキモノの文様に意匠化したものをいいます。
また、袖形の匂い袋のことを誰が袖と呼び、これも文様化されています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 宝尽し 〈たからづくし〉
 
 
吉祥文の1つで、宝物を集めた文様です。如意宝珠〈にょいほうじゅ〉(願いのかなう宝のたま)・宝鑰〈ほうやく〉・打出の小槌・金嚢〈きんのう〉(金銭を入れる袋)・隠蓑〈かくれみの〉・隠笠・丁字〈ちょうじ〉・宝剣・宝輪・法螺〈ほら〉などを散らします。福徳を招く文様として、祝儀のきものや帯によく用いられます。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 橘文 〈たちばなもん〉
 
 
柑橘類〈かんきつるい〉の一種で、京都御所紫宸殿の右近の橘は有名です。格調の高い文様として平安時代の頃から長く親しまれている文様です。現在の留袖・振袖・訪問着・付け下げなど幅広く用いられています。家紋としても数多く使われています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 伊達文 〈だてもん〉
 
 
花鳥・山水・文字などの文様を派手に文様化したもので、江戸時代に家紋として考案されたものとは別にされています。摺箔・刺繍・絞染・友禅染などで作った豪華で人目をひくものをポイントにした文様です。伊達紋の打掛などがあります。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 立涌文 〈たてわくもん〉
 
 
たちわきともいい、有職文様の一つで、波型のラインが2本向き合って並んだ文様です。ふくらんだ部分に、菊・桐・雲などの文様を詰めたものもあり、雲立涌、花立涌、波立涌などと呼び、奈良時代から現在まで用いられています。染織品によく使われています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 短冊文 〈たんざくもん〉
 
 
和歌や俳句、絵などを書く細長い色紙(料紙)を文様かしたもので、一般的にはその中に草花で小紋柄、文字などが描かれています。また、樹や竹に短冊をさげた文様も見られます。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 辻が花 〈つじがはな〉
 
 
室町末期から桃山時代にかけて作られた、絞りを基調とした文様染のことをいいます。草花を図案化し、白・茶・紫・藍を主体に絞り染めと墨ざしによる繊細な描き絵で表わし、摺箔や刺繍を加えた美しい染めです。製作年間が短くかき消すようになくなったことから、幻の染といわれています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 槌車文 〈つちぐるまもん〉
 
 
水車の輪の回りに柄杓〈ひしやく〉をつけた揚水車〈あげすいしゃ〉を原形にした文様で、槌の形に似ていることから槌車と呼ばれるようになりました。車輪には、六本輻〈ヤ〉と八本輻〈ヤ〉のものがあり、観世水や青海波風の水門と共に構成される場合がよくあります。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 鼓文 〈つづみもん〉
 
 
鼓は朝鮮から伝わった打楽器の1つですが、能楽の流行につれて盛んになりました。その優雅な形を文様化し、紐や革を巧みにデザイン化したり、色彩豊かな組紐や花などをあしらって用いられます。キモノや帯、羽織裏などに使われ、家紋にも見られます。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 露芝文 〈つゆしばもん〉
 
 
芝草に露が降りた状態を文様化したものです。三日月形に描いた芝草に小さな水玉を添えた文様は、夏のキモノや帯に涼をもたらすということで多く用いられています。また地紋にも多く見られ、他の文様と共に四季を問わず用いられています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 鶴菱文 〈つるびしもん〉
 
 
二羽の鶴を組み合わせて菱形の中に配した文様で織物によく用いられます。(双鶴文参考)
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 遠山文 〈とおやまもん〉
 
 
遠くに見える山並みを文様化したもので、古くから絵画や工芸品にも表されてきました。染織品ではけわしい山ではなく、なだらかな半円形のものが多く用いられています。絞りや小紋型では、山の輪郭線に近い部分は細かい点で埋め、袖にいくにしたがって粗くぼかして表現しています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 木賊文 〈とくさもん〉
 
 
木賊は羊歯〈シダ〉類の常緑多年草で、細い円筒形の節のある植物です。棒状を並べた単純な形が好まれ、能装束や友禅染にも用いられています。木賊だけを円形に構成した木賊丸文の他に、鎌や兎などと共に配されたものなどが見られます。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 熨斗文 〈のしもん〉
 
 
遠くに見える山並みを文様化したもので、古くから絵画や工芸品にも表されてきました。染織品ではけわしい山ではなく、なだらかな半円形のものが多く用いられています。絞りや小紋型では、山の輪郭線に近い部分は細かい点で埋め、袖にいくにしたがって粗くぼかして表現しています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 花籠文 〈はなかごもん〉
 
 
様々な花を籠に盛った形を文様化したもので、中国の古事から瑞祥〈ずいしょう〉とされています。江戸時代から使われている日本的で優雅な文様です。四季を通じて用いられる文様で、秋の草花を盛ったものは、夏のきものに用いられています。
 
  
この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。