日本の伝統文様 蛤文 (はまぐりもん)
 
 
蛤は対の貝しか合わないため、平安時代から貝合せの遊びに使われました。貝合わせに用いる、内側が美しく装飾された貝を、合わせ貝、それを納めるいれものを、貝桶といい、おめでたい文様として、単独で、または組み合わせて、きものや帯に多用されています。
 
  

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 貝尽し文 (かいづくしもん)
 
 
色々な貝を集めてあそぶこともいいますが、文様としては、種類の異なった貝を集めて意匠化したものをいいます。様々な貝の美しい形を、海辺の風景や波とともに、文様化したものもあります。また、小紋や染帯などにもあります。
    
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 鹿文 (しかもん)
 
 
鹿は古くから人間とのかかわりが深く、絵画に描かれてきました。日本でも銅鐸に見られ、正倉院の「鹿草木纐纈屏風」など染織品にも表されています。鹿文の代表、名物裂の有栖川錦は、直線的な表現と色合いの美しさが好まれ、服飾文様に広く使われています。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています
  
  日本の伝統文様 兎文 (うさぎもん)
 
 
兎の文様は中国では古くから用いられ、日本でも玉虫厨子や天寿国繍帳に見られます。桃山時代、角倉了以が愛用したとされる名物裂「角倉金襴」は別名・花兎金襴ともいわれ、その兎文はそのまま袋帯などの柄に写されています。唐草兎文や月兎文もあります。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 唐獅子牡丹文 (からじしぼたんもん)
 
 
唐獅子は実物の獅子とはかけ離れて意匠化された文様で、中国唐代に伝わったのでこの名間があるともいわれています。単独で使うほか、牡丹との組み合わせは豪華な図柄が好まれ、桃山時代頃から絵画や工芸品の題材にされました。今もきものや帯、羽裏などに見られます。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 白鷺文 (しらさぎもん)
 
 
能の演目「鷺」や歌舞伎舞踊の「鷺娘」に見られるように、鷺は鶴に似た姿形の美しい水鳥です。能装束の唐織にも見られますが、現代でも訪問着や袋帯の意匠に用いられています。主に流水や葦と取り合わせて表現されるので、涼感を求める夏によく使われます。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 松喰鳥文 (まつくいどりもん)
 
 
花喰鳥文の一種ともいえる文様で、松の小枝をくわえた鳥を図案化したものです。鳥は鶴が多く描かれ、松喰鶴文ともいいます。美的な空想から生まれたもので、大陸伝来の花喰鳥をより和様化したものといえるでしょう。平安時代から見られ、今も帯などに用います。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 十二支文 (じゅうにしもん)
 
 
暦法の子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥の十二宮それぞれに動物をあてたものです。文字や、小柄に図案化した絵模様で軽妙に表現される事が多く、小紋や染帯、長襦袢などに見られます。おもに年の瀬から正月にかけてのお洒落着に用いられます。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。

 

 
  日本の伝統文様 麒麟文 (きりんもん)
 
 
麒麟は現実のキリンとは異なり想像上の動物で、古来、鳳凰、龍、亀とともに霊獣とされ、吉祥文様として用いられました。体は鹿、頭は狼、尾は牛、足は馬、角は一本が古い形ですが、のちに様々な姿に表されるようになり、天皇の袍(ほう)の文様に用いられています。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。 
  
  日本の伝統文様 龍文 (りゅうもん)
 
 
龍は中国古来の神仙思想に由来する想像上の動物で、鳳凰とともに瑞獣の代表とされてきました。天使の袍(ほう)の文様のほか、服飾品にも数々取り入れられています。正倉院裂にも意匠化され、室町から江戸にかけての金襴、緞子、能装束や、歌舞伎衣装にも多く見られます。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 菊桐鳳凰文 (きくきりほうおうもん)
 
 
菊と桐と鳳凰を配した文様です。鳳凰は瑞鳥として古くから、文様にされました。桐に住み竹の実を食すという中国の故事にちなんで、桐や竹をあしらった桐鳳凰文や桐竹鳳凰文もあります。いずれも格の高い文様で、現代でも礼装用の着物や帯に用いられます。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 桐竹鳳凰文 (きりたけほうおうもん)
 
 
中国古代の皇帝が天を祀ると、竹の実をくわえた鳳凰が梧桐(あおぎり)に舞い降りたという故事にちなむ文様で、五三の桐を付けた木と三枝の竹に麒麟を配し、上部中央には桐文をはさんで丹羽の鳳凰が向き合っています。吉祥文様のひとつで、天皇専用の文様とされていました。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 波文 (なみもん)
 
 
様々に変化する波の形を文様化したものを波文と総称します。荒れて大きく逆立つ波の文様には、立波文や波涛文、荒波文などと様々な名があるほか、低い波の女波に対して高い波を男波、あるいは片男波といい、また小波、大波、遠波など、限りない波の表情が数多くの豊かな言葉で表現されています。それぞれ単独で地紋としたり、千鳥や魚、兎(謡曲「竹生島」を暗喩します)と組み合わせたり、風景文様として使ったりします。表現方法によって重厚にも繊細な感じにもなるので、礼装の留袖からゆかたまで、着物や帯に幅広く用いられます。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。 
  
  日本の伝統文様 渦巻文 (うずまきもん)
 
 
幾重にも巻いた曲線文様。古くから世界各地で使われ、現代感覚の染織にも多く見られます。小紋にも渦巻き模様があり、江戸時代の歌舞伎役者・市村亀蔵が着た亀蔵小紋は、そのひとつです。くっきりとした味がしゃれ着や浴衣に好まれます。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 滝文 (たきもん)
 
 
高い所から流れ落ちる滝を線で表したもので、豪快で華麗な文様です。振袖の肩から裾にかけて流し、樹木や草花などを添えたり、御所解文様の風景に加えたものもあります。図案化したものは、単純な直線や曲線で、滝を見事に文様化しています。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。 
  
  日本の伝統文様 雲文 (うんもん)
 
 
 雲がたなびいている様を線や色で表したものです。千変万化する雲の形に吉凶の意味を託す事は古くから行われており、文様としても様々な形で表されてきました。瑞祥を表す雲を図案化したものには、瑞雲、霊芝雲などの名が付けられ、吉祥文様として使われています。雲の輪郭を生かし、中に様々な文様を詰めたものは、雲取りと呼ばれます。雲は有職文様にも取り入れられたように優美な趣があり、各種工芸品や染織品に多用されてきました。現代も様々なきものや帯に使われ、白生地の地紋としても好まれています。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。 
  
  日本の伝統文様 霊芝雲文 (れいしぐももん)
 
 
霊芝は万年茸の中国での呼称です。この形を雲にかたどり、吉祥文様として古くから使いました。正倉院に残る工芸品に見られ、平安時代の平家納経や料紙類にも描かれています。名物裂の富田金襴は、霊芝雲文を布地全体に織り出したものです。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 雲取り (くもどり)
 
 
雲の輪郭の中に、様々な文様を詰めて表したものをいいます。雲文自体をこうよぶこともあります。場を区切る方法としてよく使われ、様々な着物や帯に見られます。また、雲取りに対して、輪郭の外に文様をあしらったものは、逆雲取りといいます。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 エ霞文 (えがすみもん)
 
 
実際には形のない霞を日本的な感覚で描いた霞文は、ぼかしや模様の区切り(霞取り)など、着物の模様を構成する上で、なくてはならないものです。とりわけ、霞を「エ」の字のように図案化したエ霞は、よく使われ、中に吉祥文様を詰めたりします。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 雪持文 (ゆきもちもん)
 
 
雪持柳、雪持笹、雪持松、雪持ち椿というように、植物に雪が降り積もった様を文様化したものです。しなやかな枝葉が雪の重みに耐える姿をデザイン化したもので、やがて行きをはね返して立ち直る弾力を有する植物の生命力と、春を待つ心が伝わる文様です。能装束や小袖、歌舞伎衣装にも見られるほか、現代の着物や帯にもよく使われています。雪持南天のように季節感がはっきりしたものは、季節に合わせて早めに用いますが、文様によっては雪のない季節にも使われる事があります。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 雪花文 (せっかもん)
 
 
降る雪を花にたとえて雪花といいます。雪花文は雪の様々な結晶を花のように意匠化して趣を添えた、風情のある文様。結晶そのものを文様にしたもののほか、雪を円形の輪郭に表現した、雪輪文も含みます。また、絞りにも雪花絞りと呼ばれるものがあります。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 稲妻文 (いなずまもん)
 
 
雷鳴をともなって閃く稲妻は、いなびかりとか稲魂といわれます。直線が何本も曲折した幾何文様が、いなびかりを思わせるところから、名付けられました。帯やきものに、それだけで用いられ、モダンな趣があります。また、織物の地模様にも見られます。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 氷割れ文 (ひわれもん)
 
 
氷がひび割れたときに見られる不規則な線を文様化したもので、中国では特に好まれて家具や什器に多く用いられています。きものの柄としては、非常に細かいものでは江戸小紋にも見られ、また、氷割れの上に梅花をあしらったりします。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 雷文 (らいもん)
 
 
中国古来の代表的な文様のひとつです。単独ではなく、数個を連続して文様化します。近代まで、その文様を崩さず、最も広く使われました。日本では、稲妻の曲折した直線文様(稲妻文)も雷文と呼びます。能装束の地紋にあり、荒々しい役柄に多く使われます。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 月象文 (げっしょうもん)
 
 
変化する月の姿は、古来より花鳥風月として好まれ、詩歌に詠まれたり、工芸品に文様化されてきたりしました。満月、半月、三日月、おぼろ月など様々な月の形が、秋の草花や器物、兎などと取り合わせて表されます。狂言装束などにも名品があります。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 御所解文様 (ごしょどきもんよう)
 
 
御所風のもようということですが、解の字の意味は不明です。明治以降の名称とも言われています。家屋や橋などの風景の中に、御所車、几帳、檜扇など、公家に関係のある、王朝風の雅な文様を配した、優雅で上品なものです。京友禅染や加賀友禅染に多く見られます。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 江戸解文様 (えどどきもんよう)
 
 
江戸時代、武家の女性の打掛、振袖、帷子(かたびら)などに、風景や草木を中心に、流水、田舎家に網干など海辺の風物を加えた、自由な文様が染められました。江戸城大奥の女中が宿さがりの際、拝領した小袖を解いて仕立て直して用いたので、この言葉が生まれたともいわれます。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 茶屋辻 (ちゃやつじ)
 
 
茶屋染ともいいますが、名前の由来は不明です。江戸時代、上級武士家の女性が夏の正装に用いた、麻地の総模様のきものの絵柄を指します。元来、藍染を主とし、部分的に薄黄色を廃したもので、水辺風景に橋や家屋、樹木、草花を染め上げた精微名模様です。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 楼閣山水文 (ろうかくさんすいもん)
 
 
楼閣は高い建物のことで高殿ともいいます。遠く霞む山、近くの丘、流れる川や海、樹木などを添えて、風景も用として使います。また実在する楼閣を、写したものもあります。絵画の題材とされてきましたが、晴着のきものや帯、男物の羽裏などにつかわれます。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 武蔵野文 (むさしのもん)
 
 
萩や薄、女郎花などの秋草が一面に生い茂る野原に月を配した文様です。この風景は関東の武蔵野を象徴するとして『伊勢物語』や和歌などで親しまれて文様化されたものです。屏風絵のほか、狂言装束の肩衣にも見られ、洒脱な模様として用いられます。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 蓬莱山文 (ほうらいさんもん)
 
 
中国の伝説にある蓬莱山の風景を文様化したものです。蓬莱山は東海中の理想郷で、仙人の住む不老不死の霊山とされ、俗人は近づけないとされています。染織品では、祝儀の飾り物・島台を模した吉祥文様として、屹立した小島に鶴亀、松竹梅を配して描かれます。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 地紙文 (じがみもん)
 
 
地紙は、扇に貼る紙のことです。扇子といえば骨がありますが、神だけの美しい形は、古くから文様として能装束や小袖に使われました。現代も、地紙の中に草花や文様を入れたものが、優雅な染織品に、よく使われています。めでたい文様として広く用いられます。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 中啓文 (ちゅうけいもん)
 
 
骨反り扇、末広ともいい、親骨の先を外側に反らしてあるために、たたんでも骨の先は少し開いた感じになっている扇です。儀式用で、身分の高い僧または能楽に使われます。文様では中に草花などを描き込んで優美な意匠として友禅染のきものや帯に使われます。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 団扇文 (だんせんもん)
 
 
団扇は中国から伝わり、奈良時代には権力者の儀礼用に使われました。軍配形や天狗がもつ羽の団扇がありますが、染織品の文様では、上部にくびれが入った楕円形の中にさまざまな文様を詰めたものが多用されます。一般に風をあおぐ「うちわ」とは異なります。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 冊子文 (そうしもん)
 
 
草子とも書き、和紙を綴じた本を文様に表したものです。草花や風景などを取り合わせてあらわすことが多く、表紙だけや頁を開いた形があります。平安時代の『栄花物語』には、冊子散らし文様の女房装束が記されています。伝統的な古典文様の一つです。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 文箱文 (ふばこもん)
 
 
手紙を入れておく蒔絵の小箱を文様化したものです。蓋が付いた箱に四季の草花などの絵模様を描き、組紐を添えて友禅染や刺繍で表現されます。平安朝の雅やかな和歌のやり取りをほうふつとさせる優美な趣が好まれ、留袖や訪問着に好まれています。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 薬玉文 (くすだまもん)
 
 
薬玉は、五月五日の端午の節句に、魔除けのために飾った中国の風習をまねたもの。種々の薬や香料を錦の袋に入れ、菖蒲、蓬(よもぎ)などの造花を結んで、五色の糸を長く垂らした薬玉を文様化しています。主に若い女性や女児の祝い着の柄として用いられる、華やかなものです
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 車文 (くるまもん)
 
 
御所車の車輪を文様化したものですが、御所車全体の文様や、水車の文様なども含まれます。輻(や)の数も六本のもの、八本のものなどがあり、きちんとした円形のほか、半分隠れた片輪車もあります。草花を添えたり風景の中に配したりして用いることもあります
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 橋文 (はしもん)
 
 
半円形に反った太鼓橋(写真)をはじめ、石橋、八橋などがあります。水辺風景の中に表されることが多く、近世初期には柳橋水車図が屏風に描かれ、小袖にも影響しました。きものでも、風景の中に使うほか、橋を中心に配することもあります
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 楽器文 (がっきもん)
 
 
(しょう)[写真の左下]や阮咸(げんかん)[同右下]、大太鼓(火焰太鼓(かえんだいこ))、箜篌(くご)[同左上]、琵琶、篳篥(ひちりき)、笛など雅楽を演奏するときに用いる楽器を文様化したものです。古典の楽器は美しいもので、染織品に使うときは極彩色にします。典雅な形には品格があり、晴着に向く文様となります。小紋風に小柄に表現して楽器尽くしとしたり、草花を添えて表現することもあります。また、王朝の雅に通じる文様なので、秋草に横笛と琴を組み合わせて謡曲の『小督(こごう)』、紅葉や幔幕に大太鼓を取り合わせて『源氏物語』の「紅葉賀(もみじのが)」の一場面を暗示したりすることもあります。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 鳥兜文 (とりかぶともん)
 
 
鳳凰の頭の形をした兜のようなかぶりもののことで、雅楽の演奏似合わせて舞う舞楽のときに舞人や楽人がかぶります。文様では桜や紅葉などの枝や秋草を添えたり、関連が深い雅楽器を取り合わせたりして、品格のある文様として主に晴着に使用されています。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 手毬文 (てまりもん)
 
 
手毬はぜんまいの綿やおが屑を芯に、綿糸を巻きつけたもので、江戸後期には五彩の絹糸で巻いた装飾的なものが作られ、御殿毬と呼ばれて流行しました。色彩の華やかさと愛らしさが好まれ、特に子どものきものや染帯に、多く使われてきました。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 蹴鞠文 (けまりもん)
 
 
平安貴族の遊びである蹴鞠の鞠を文様化したもの。鞠は鹿革製で中央がくびれた形をしており、蹴鞠を行う庭の四隅には柳、楓、桜、松を植える決まりになっていることから、よくこれらの植物文様と組み合わせて表現されます。能装束にも見られ、晴着などに使われます。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 鍵文 (かぎもん)
 
 
先が鉤形に曲がった鉄棒に木の柄が付いたもので、土蔵の落とし錠などをあけるのに使われます。土蔵の中の宝物を守るということから、縁起がよいものとして文様化され、宝尽しの中に含まれています。家紋にもあります。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 鈴文 (すずもん)
 
 
古来、神事や祭祀に用いてきた鈴は、後に楽器として使われるようになりました。形の美しさから模様に取り入れられ、鼓や烏帽子と組み合わされることもあります。現在も子どもの衣装や小紋などに使われています。神楽鈴、丸に三つ鈴など紋章にも見られます。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 鎧縅文 (よろいおどしもん)
 
 
鎧の札(さね)を組紐や細い革で綴ったものを縅(おどし)といい、その配色が美しいので帯の文様などに使われます。意匠化されるのは主に鎧の袖部分で、帯幅いっぱいに並べて縅糸のぼかしや色の取り合わせに主眼を置きます。品格のある文様として袋帯によく見られます。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 束ね熨斗文 (たばねのしもん)
 
 
熨斗は、鮑の肉を薄く剥いで引き伸ばし、紙の間に挟んで祝儀の進物や引き出物に添えたのが始まりです。それを細長い帯状に文様化したのが熨斗文で、多くは数本を束ねた束ね熨斗として表されます。吉祥文様として礼装のきものをはじめ、様々に使われます。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 暴れ熨斗文 (あばれのしもん)
 
 
熨斗文の一種です。均斉の取れた普通の熨斗文と異なり、束ね熨斗がはね上がったり、からみ合ったりした文様で、威勢のよさが江戸っ子たちの評判を呼んだといわれます。大きく模様にしたものや、細かな型染にしたものもあり、小紋やゆかたに使われます。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 笠文 (かさもん)
 
 
かぶる笠を文様化したもの。編笠、塗笠、網代笠、市女笠、陣笠、饅頭笠、花笠などいろいろな種類があります。風雅な文様として好まれ、きものや帯の柄に美しくデザインされています。家紋としても神宮笠や三階笠、丸に笠などがあります。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 独鈷文 (どっこもん)
 
 
独鈷は密教で用いられる鉄や銅で作られた法具の一種です。連続して織り模様としたものが、博多織の帯地で、一本の連続模様を一本独鈷、三本のものを三本独鈷というようによびならわしています。また博多帯の別名、博多献上になぞらえ献上文とも呼ばれます。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 宝船文 (たからぶねもん)
 
 
正月二日に、よい初夢を見るため、枕の下に宝船の絵を敷く習慣は、室町時代に宮中や公家から始まりました。初めは米俵や宝物を積んだ帆掛け舟で、後に七福神も描かれるようになりました。縁起のよい文様として、現代も晴着や帯などに使われます。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 南蛮船文 (なんばんせんもん)
 
 
室町末期から江戸時代にかけて渡来したポルトガルやイスパニアなどの外国船のことで、めずらしさからこの時期の屏風絵によく描かれました。名物裂や更紗などの染織品に見られるほか、多くの未知の文物をもたらしたものとして珍重され、晴着によく使われます。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 組紐文 (くみひももん)
 
 
糸を何本も集めた束を二組以上使って交差させて編み上げた紐を、組紐といいます。色や組み方を変えて繊細優美なものが作られ、工芸品の飾りや帯〆に用いられます。きものの文様には、檜扇や鏡などとともに用いることが多く、華麗な組紐の文様となります。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 光悦垣文 (こうえつがきもん)
 
 
竹を斜め格子風に組んだ京都・光悦寺の垣根を文様化したものです。小袖垣、網代垣、檜垣、四目垣など様々に表現される垣文の中でも特に好まれ、風景文様や草花文様とともに使われます。垣尽くしで表すこともありますが、風雅な趣を漂わせる名脇役ともいえます。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 柴垣文 (しばがきもん)
 
 
柴は山野に自生する小さな雑木。これを束ねて結んだ柴垣は、野趣に富むもので、形も大小も様々です。日本庭園に風情を添えるものとして、よく使います。きものでも御所解などの風景文に多く見られます。また柴垣尽くしといった小紋柄もあります。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。  </td /> 
   
  日本の伝統文様 結び文 (むすびぶみ)
 
 
書状を細くたたみ、一つ結びにしたものを結び状といい、古くは恋文などに使われました。それをそのまま文様化したものです。ひとつだけで構成されたものと二つ以上のものがあり、単純な形ながら風雅の趣があって好まれました。中に小柄を入れたりします
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 鬘帯文 (かずらおびもん)
 
 
能装束の一つで、面をつける前に髪を押さえるように鉢巻状に頭に巻き、後ろで結ぶ細い紐状の布のことです。鬘帯には刺繍や金箔の繊細な文様が施されており、それを図案化したものが鬘帯文です。鬘帯びの中に古典文様を優美に詰めた友禅染や袋帯があります
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。
  
  日本の伝統文様 幔幕文 (まんまくもん)
 
 
野外に張りめぐらされる幕のことで、江戸時代の小袖などにも見られます。幕の中には草花などの古典文様が描かれ、晴着向きの華麗な模様を構成します。取り合わせの風景や楽器などの器物によって観桜や観楓、あるいは文学作品の一場面を暗示することもあります。
 
 

インデックスに戻る

 

この記事はアシェット婦人画報社2003/10から引用しています。